レバテックキャリアとワークポートの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

レバテックキャリアとワークポートの違いを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • レバテックキャリアの特徴を知りたい
  • ワークポートの特徴を知りたい
  • レバテックキャリアとワークポートの違いを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、レバテックキャリアとワークポートのそれぞれの特徴を解説し、レバテックキャリアとワークポートの違いをまとめています。

レバテックキャリアの特徴

レバテックキャリアの特徴

結論から言うと、レバテックキャリアとワークポートには違いがあります。
この記事では、まずは、レバテックキャリアの特徴から解説をしていきたいと思います。

別の記事でもレバテックキャリアのサービス内容や評判を解説しています↓

ITを専門とする転職エージェント

レバテックキャリアはITを専門とする転職エージェントのため、エンジニアやクリエイターの転職のみに利用可能です。
したがって、エンジニアやクリエイターへの転職に絞られている場合は、利用を強くおすすめできる転職エージェントになります。
IT業界限定というわけではないため、例えば、異業種の社内SEのポジションも狙うことができ、腰を据えて開発ができる環境を求めている方等にも最適です。

5,000件以上の経験者向け中心の求人案件

レバテックキャリアには5,000件以上の求人案件がありますが、基本的には経験者向けのものとなります。
こういった専門の転職エージェントでは、どうしても専門性の高い求人案件が中心となるため、未経験者には難しいことが多いです。
逆に経験者の方は、これほど経験者向けの求人案件が揃っているエージェントも少ないため、キャリアアップとしての利用をおすすめできます。

長年の実績のおかげで年収が上がりやすい

レバテックキャリアには15年という長年の実績があり、ノウハウやデータが多く蓄積されています。
実績がたくさんあることで、多くの企業から信頼されているため、高い年収の求人案件が集まってきます。
また、蓄積されたノウハウやデータを活用することで、よりマッチング性の高い求人案件を紹介できるため、その点でも年収アップが実現しやすいエージェントと言えます。

ワークポートの特徴

ワークポートの特徴

ここまででレバテックキャリアの特徴を見てきました。
次に、ワークポートの特徴を解説していきたいと思います。

別の記事でもワークポートのサービス内容や評判を解説しています↓

ITを得意とする転職エージェント

ワークポートは以前はIT業界やゲーム業界を専門とする転職エージェントでしたが、最近では他の業界の求人案件も取り扱っています。
そういった経緯から、今でもワークポートはIT業界やゲーム業界を得意とする転職エージェントとして知られており、エンジニアの利用者は多いです。
特にIT業界やゲーム業界に絞られて転職活動をされている場合には、ワークポートがこれらの業界を最も得意とするエージェントのため、利用しない手はないでしょう。

求人件数は常時15,000件以上でトップクラス

ワークポートの求人案件数は常時15,000件を超えており、転職エージェントの中でもトップクラスに多いです。
専門転職エージェントとも言える部分もありますが、総合転職エージェントのため、基本的には様々な業界の求人案件を保有しているからです。
これらの求人案件の中には経験者だけでなく、未経験者向けの求人案件も多く含まれているため、未経験者でもエンジニアへ転職するチャンスがあります。

専任のコンシェルジュが転職活動を手厚くサポート

ワークポートではエージェントの担当者のことをコンシェルジュと呼んでおり、質の高いサービスを提供しています。
多くの方が苦手とする応募書類の作成や面接等のアドバイスを無料で行っており、選考通過率を上げることができます。
また、eコンシェルというオリジナルツールもあり、これを利用することで自分の転職状態を確認することもでき、進捗も一目でわかるため、便利です。

レバテックキャリアとワークポートの違い

レバテックキャリアとワークポートの違い

以上でレバテックキャリアの特徴とワークポートの特徴を確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、レバテックキャリアとワークポートの違いをまとめたいと思います。

IT業界やゲーム業界の大手企業への転職ならワークポート

レバテックキャリアもワークポートもエンジニアやクリエイターの転職には強みがあります。
しかし、ワークポートはIT業界とゲーム業界が特に強いため、これらの業界で転職を考えている方にはワークポートがおすすめできます。
大手企業とのコネクションもあるうえに、中途の方が入りやすい場合も多いので、これらの企業で働きたいという夢を持たれている方はぜひ利用してみると良いと思います。

年収アップ目的ならレバテックキャリア

既にエンジニアやクリエイターとして仕事をしており、さらに年収を上げたい方にはレバテックキャリアが良いでしょう。
なぜなら、レバテックキャリアはエンジニアやクリエイターに限定した専門転職エージェントであり、レベルの高い求人案件が集まるからです。
利用者の平均年収アップ額は50万円となっており、中には転職後に年収が320万円もアップされた方もいるので、実際に多くの方が年収アップを実現されています。

未経験者ならワークポート

未経験者なら総合転職エージェントのワークポートを利用された方が良いでしょう。
レバテックキャリアはIT専門転職エージェントのため、基本的には未経験者向けの求人案件は少ないからです。
ワークポートでは、みんスクという無料のプログラミングスクールも開かれており、未経験者向けにエンジニアへの転職のサポートをしています。