Laravelのバージョン確認の方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelのバージョン確認の方法について、バージョン指定の仕方も含め、簡単に解説していきます。

コマンド上でLaravelのバージョン確認

phpコマンドでLaravelのバージョン確認ができます。

php artisan --version

–versionオプションでバージョンが確認できるようになっています。

php artisan -V

-Vオプションでも確認ができますが、いずれの場合もLaravelプロジェクトに移動しておく必要があります。

アプリケーション上でLaravelのバージョン確認

アプリケーション上でもLaravelのバージョン確認が可能です。

app()->version();

ヘルパー関数のapp()を使うことで、Laravelのバージョンを取得できます。

App::VERSION();

上記の書き方でも、Laravelのバージョンを取得することができるため、いずれのケースでもechoか何かで出力して確認します。

ファイル内で定義されている値でLaravelのバージョン確認

ファイル内で定義されている値でもLaravelのバージョン確認をすることができます。

そのファイルはvendor/laravel/framework/src/Illuminate/Foundation/Application.phpです。

const VERSION = '9.2.0';

このファイルの上部あたりにあるVERSIONという定数の値にLaravelのバージョンが設定されています。