Laravelをアンインストールする方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelをアンインストールする方法について、簡単に解説していきます。

完全にアンインストールする

完全にアンインストールする場合は簡単です。

Laravelプロジェクトのフォルダを削除するだけです。

さらに対象のデータベースも削除することで完全に消えます。

Laravel本体をアンインストールする

プロジェクトはそのままでLaravel本体のみをアンインストールできます。

まずは、Laravelプロジェクト内のvendorというフォルダのみを削除します。

composer install

次に、上記のcomposerのコマンドで、Laravel本体が再インストールされます。

特定のパッケージをアンインストールする

特定のパッケージのアンインストールも可能です。

"jeroennoten/laravel-adminlte": "^3.8",

composer.jsonファイルを開き、上記のような削除したいパッケージの行を確認します。

composer remove "jeroennoten/laravel-adminlte": "^3.8"

削除したいパッケージをコピーし、上記のcomposerコマンドでパッケージをアンインストールすることができます。