Laravelのシンボリックリンク【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelのシンボリックリンクについて、簡単に解説していきます。

シンボリックリンクが必要な理由

Laravelで保存した公開ファイルはstorage/app/publicに保存されます。

しかし、デフォルトではそのまま公開することはできないようになっています。

そこで、シンボリックリンクを張ることで、それらをURLで表示できるようにします。

シンボリックリンクを張る

シンボリックリンクを張るには以下のphp artisanコマンドを使います。

php artisan storage:link

これで完了ですが、念のため、以下のコマンドでシンボリックリンクを確認します。

cd public
ls -la

上記のコマンドで、以下のようにシンボリックリンクが張れていれば問題ありません。

storage -> /プロジェクトまでのパス/storage/app/public

シンボリックリンクを利用して表示

シンボリックリンクが張れたらURLからアクセス可能になります。

http://localhost/storage/images/hoge.jpg

具体的には、ローカル環境であれば、上記のようなURLでアクセスができます。

<img src="{{ asset('storage/images/hoge.jpg') }}">

上記のコードでは、asset関数でstorage/public/images/hoge.jpgを表示する例です。