Laravelでのセッションの取り扱い方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelでのセッションの取り扱い方法について、簡単に解説していきます。

保存

Laravelでもセッションにデータを保存する方法が用意されています。

session()->put('key', 'value');

session()のヘルパ関数のputメソッドの第一引数にキー、第二引数に値をセットすることで保存可能です。

session()->put(['key1' => 'value1', 'key2' => ‘value2']);

また、複数のキーと値のセットを保存する場合には、上記のように、連想配列を引数に指定することで可能となります。

取得

Laravelでセッションのデータを取得する際もsession()のヘルパ関数を使います。

$session_data = session()->get('key');

一つのキーのデータを取得する場合には、sessionのヘルパ関数のgetメソッドの第一引数にキーを指定します。

$session_data = session()->all();

全てのキーのデータを取得する際には、sessionのヘルパ関数のallメソッドを使い、引数には何も指定しません。

削除

Laravelではセッションのデータを削除もsession()のヘルパ関数でできます。

session()->forget('key');

sessionのヘルパ関数のforgetメソッドの第一引数に削除するキーを指定します。

session()->flush();

全てのセッションのデータを削除するケースでは、sessionのヘルパ関数のflushメソッドを引数なしで使います。