Laravelでリダイレクトさせる方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelでリダイレクトさせる方法について、簡単に解説していきます。

リダイレクトの基本

Laravelではリダイレクトが簡単にできます。

return redirect('hoge/home');

上記のように、redirectメソッドの引数にパスを指定するだけです。

return redirect()->route('hoge.home');

また、routeメソッドの引数にルート名を指定することで、ルート名でもリダイレクト可能です。

直前のページにリダイレクト

直前のページにリダイレクトさせることもできます。

return back();

Laravelでは、上記のようにbackメソッドを使うだけです。

こうすることでリダイレクト先を指定する必要がありません。

データも付けてリダイレクト

データも付けてリダイレクトさせたい場合には下記のようにwithメソッドを使います。

return redirect('home')->with('param', 'ほげ');

withメソッドは第一引数にキー、第二引数に値を指定しますが、複数のデータがある場合には以下のように配列のみの指定ができます。

return redirect('home')->with(['param1'=>'ほげ1', 'param2'=>'ほげ2', 'param3'=>'ほげ3']);

いずれのケースでも、Bladeでリダイレクト時に一緒に付けたデータを表示する場合には、以下のようにsession関数を使うことになります。

{{ session('param') }}