LaravelでQRコードを生成する方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、LaravelでQRコードを生成する方法について、簡単に解説していきます。

simple-qrcodeをインストール

LaravelではQRコードを生成することが可能です。

そのためには、simple-qrcodeのパッケージをインストールします。

composer require simplesoftwareio/simple-qrcode

上記のコードのように、composerのコマンドでインストールしましょう。

config設定(おそらく不要)

続いて、config/app.phpを開きます。

'providers' => [
	SimpleSoftwareIO\QrCode\QrCodeServiceProvider::class,
],

'aliases' => [
	'QrCode' => SimpleSoftwareIO\QrCode\Facades\QrCode::class,
]

上記のように、QrCode用の設定を追記します。

ただし、最新版では自動で行われるため、この作業は不要です。

QRコードの生成

Bladeで表示することを想定します。

{!! QrCode::generate('内容を入力') !!}

上記のようにQrCodeのgenerateメソッドの引数に出力内容(URL等)を入れるだけです。

{!! QrCode::size(400)->generate('内容を入力') !!}

また、サイズを指定する場合には、上記のようにsizeメソッドもあわせて使用します。