Laravelのメンテナンスモード【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelのメンテナンスモードについて、簡単に解説していきます。

メンテナンスモードの切り替え

Laravelにはメンテナンスモードが用意されています。

php artisan down

上記のコマンドでメンテナンスモードに切り替えられます。

php artisan up

一方で、上記のコマンドを使うことでメンテナンスモードを解除できます。

メンテナンスページを自作する

Laravelのメンテナンスページは自作することができます。

ページはresources/views/errorsディレクトリに作成します。

php artisan down --render="errors::503"

例えば、503.blade.phpのファイル名の場合、メンテナンスモード切り替え時に–renderオプションで上記のように指定します。

メンテナンスモード中のアクセス

Laravelのメンテナンスモードでは関係者はアクセスできるようになっています。

php artisan down --secret="ecb666d778725ec97307044d642bf4d160aabb76f56c0069c71ea25b1e926825"

上記のように、–secretオプションで文字列を指定することで、その文字列を付けたアクセスのみ許容されます。

今回のケースでは、localhostで動かしている場合、http://localhost/ecb666d778725ec97307044d642bf4d160aabb76f56c0069c71ea25b1e926825でアクセス可能です。