Laravel UIでログイン認証機能を実装する方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravel UIでログイン認証機能を実装する方法について、簡単に解説していきます。

①Laravel UIをインストール

Laravelのプロジェクト作成とDB設定は既に済んでいる前提とします。

プロジェクトディレクトリに移動した上で、以下のコマンドを打ちます。

composer require laravel/ui

これはLaravel UIをプロジェクトにインストールするcomposerのコマンドです。

②認証スカフォールドをインストール

php artisanコマンドで認証スカフォールドを作成します。

php artisan ui vue --auth

今回のケースでは、フロントエンドフレームワークとしてVueを使用しています。

–authのオプションを付けないと、認証スカフォールドは作成されないため、注意が必要です。

③依存パッケージのインストールとビルド

以下のnpmコマンドで依存パッケージをインストールし、ビルドします。

npm install && npm run dev

上記のコマンドのうち、前者がインストール、後者がビルドとなります。

基本的には以上でログイン認証機能を実装できますが、Vueでスカフォールドを作成した場合、下記のコマンドが必要となることもあります。

npm update vue-loader