Laravelでのログ出力の方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelでのログ出力の方法について、簡単に解説していきます。

.envの修正

まず、.envでログチャネルを変更します。

LOG_CHANNEL=single

上記の例では、singleチャネルに変更しています。

singleチャネルではlaravel.logファイルにログを書き込む、一般的によく使われるチャネルです。

configの修正

続いて、config/logging.phpを開きます。

return [
    'single' => [
        'driver' => 'single',
        'path' => storage_path('logs/laravel.log'),
        'level' => env('LOG_LEVEL', 'debug'),
    ],
]

例ではsingleチャネルに変更したため、singleチャネルのところを見ます。

上記のように、pathの値がログの出力先となるため、適宜変更してください。

ログ出力の方法

準備ができたら、いよいよログを出力してみましょう。

ログを出力する際にはLogファサードの各メソッドを使います。

$message = 'test message';
Log::alert($message);
Log::critical($message);
Log::debug($message);
Log::emergency($message);
Log::error($message);
Log::info($message);
Log::notice($message);
Log::warning($message);

上記のようにログレベルごとにメソッドが用意されているため、場合に応じて使い分けます。