Laravelの起動と停止の方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelの起動と停止の方法について、簡単に解説していきます。

Laravelの起動方法

Laravelはphp artisanコマンドで起動できます。

この場合、PHPのビルトインウェブサーバを使います。

php artisan serve --port=80

上記のコマンドでは、ポート番号を80に設定して起動しています。

Laravelの停止方法

Laravelの停止もコマンドで可能です。

下記のようにCtrlキーとCキーを押すことで停止できます。

Ctrl + C

使用しているサーバがMacのケースでは、Ctrlキーがcommandキーになります。

Apache等で起動停止も可能

PHPのビルトインウェブサーバを使わないこともあると思います。

LaravelではもちろんApache等を使って起動停止することもできます。

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot /Laravelプロジェクトのディレクトリ/public
    ServerName ホスト名
</VirtualHost>

例として、Apacheで使うには、上記のような設定をhttpd.conf等に記述します。