Laravelのインストールの方法【バージョン指定の仕方も】

PROGRAM

今回は、Laravelのインストールの方法について、バージョン指定の仕方も含め、簡単に解説していきます。

ComposerでLaravelインストーラを使う方法

Laravelインストーラを使ってLaravelをインストールできます。

コマンドプロンプト等で、以下のようにコマンドを打ちましょう。

composer global require laravel/installer
laravel new プロジェクト名

なお、ComposerというPHPのライブラリ管理ツールがインストールされていることが前提になります。

Composerのcreate-projectコマンドを使う方法

Laravelインストーラを使わない方法もあります。

それは以下のようにComposerのcreate-projectコマンドを使う方法です。

composer create-project laravel/laravel プロジェクト名

この方法でもComposerというPHPのライブラリ管理ツールがインストールされていることが前提となります。

バージョン指定をしてLaravelをインストールする方法

バージョンを指定してLaravelをインストールすることも可能です。

Composerのcreate-projectコマンドを使う方法で、バージョンを指定できます。

composer create-project "laravel/laravel=8.*" プロジェクト名

上記のコマンドの例では、バージョンが8代(メジャー)のLaravelをインストールするとともにプロジェクトを作成します。