Laravelの環境変数【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelの環境変数について、簡単に解説していきます。

①.envで定義

Laravelで環境変数を使う場合、.envファイルに記述します。

HOGE_NAME=hoge

上記のように記述すると、HOGE_NAMEの環境変数を定義することができます。

env('HOGE_NAME');

上記のコードのようにenvメソッドを使えば、今回のケースではhogeという値が取得できます。

②configでも定義

configでも環境変数を定義します。

これはキャッシュの問題でconfig外でenvメソッドを使っても呼び出しに失敗することがあるためです。

<?php

return [
	'name' => env('HOGE_NAME', 'undefined'),
];

上記の例では、configディレクトリにhoge.phpを作り、そこでnameの値を.envファイルのHOGE_NAMEとしています。(第二引数はHOGE_NAMEが未定義の場合の代替値です。)

③configメソッドで呼び出す

configで定義した環境変数はconfigメソッドで呼び出し可能です。

“configディレクトリ内の対象の拡張子を省いたphpファイルの名前.環境変数名”をconfigメソッドの引数に書きます。

config('hoge.name');

上記のコードの例では、configディレクトリにあるhoge.phpで定義されているnameという環境変数を呼び出しています。