Laravelで現在のURLを取得する方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelで現在のURLを取得する方法について、簡単に解説していきます。

GETパラメータ付き

Laravelで現在のURLを取得するにはurl関数を使います。

url()->full();

fullメソッドを使うことで、GETパラメータ付きのURLを取得できます。

例えば、ローカル環境で運用していれば、http://localhost/hoge/hoge?a=bのようなURLが取得できます。

GETパラメータなし

LaravelではGETパラメータなしのURLの取得にもurl関数を使用します。

url()->current();

fullメソッドではなくcurrentメソッドを使うことでGETパラメータのないURLを取得できます。

ローカル環境で運用している場合には、http://localhost/hoge/hogeのようなURLが取得されます。

トップページ

トップページの現在のURLを取得したい場合もあると思います。

url('/');

Laravelの場合、url関数の引数に/を指定するとトップページのURLが取得できます。

例えば、ローカル環境で運用しているケースでは、http://localhost/というURLが取得されます。