LaravelのBladeでのコメントアウトの方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、LaravelのBladeでのコメントアウトの方法について、簡単に解説していきます。

HTMLに残さない方法

Laravelでは{{– –}}というコメントアウトの方法があります。

Bladeでこのコメントアウトを行うと、HTMLにコメントが残りません。

{{-- コメント --}}

上記の一文をBladeに書いたとしても、「コメント」という文字列は表示されずに出力されます。

//や/* */では消えない

LaravelのBladeでは@のPHPの文等を//や/* */では消せません。

その意図でコメントアウトしたい場合には、{{– –}}を使うことになります。

ただし、Blade内でで自分で書いているケースでは通常のPHPのコメントアウトが機能します。

HTMLに残すコメントアウト

LaravelではHTMLに残すコメントアウトももちろん可能です。

<!– –>という従来のコメントアウトの方法で、内容がHTMLに出力されます。

<!-- コメント -->
<style>
/* コメント */
</style>
<script>
// コメント
/* コメント */
</script>

また、従来のstyleタグ内での/* */や、scriptタグ内での//と/* */も、HTMLに残るコメントアウトとなります。