LaravelのbelongsToメソッドの使い方【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、LaravelのbelongsToメソッドの使い方について、簡単に解説していきます。

belongsToメソッドとは

belongsToメソッドはLaravelのモデルにあるメソッドの一つです。

主従関係のあるテーブル間で、従テーブルから主テーブルの情報を取得する際に使われます。

例えば、執筆者と記事のテーブルを想定する場合、記事から執筆者の情報を取得する目的で使うことになります。

モデルファイルの準備

執筆者をAuthorモデル、記事をPostモデルと想定します。

class Post extends Model
{
    public function author()
    {
        return $this->belongsTo('App\Models\Author');
    }
}

上記のように、Postモデル側に引数をAuthorモデルにしたbelongsToメソッドを使用するメソッドを実装します。

このようにすることで、Postモデルを使う際に、Authorモデルにアクセスし、必要な執筆者の情報を取得できます。

コントローラファイルで使う

まずPostモデルから記事を特定します。

$post_author = Post::find($post_id)->author->name;

その後、上記のようにPostモデルのauthor->カラム名と続けます。

これによって、記事データとともに執筆者の情報も取得することができます。