Laravelでカラム追加する方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Laravelでカラム追加する方法について、簡単に解説していきます。

①migrationファイルの作成

Laravelでカラム追加する場合、まずはmigrationファイルを作成します。

以下のphp artisanコマンドを使って、テーブル編集用のファイルを用意します。

php artisan make:migration add_address_to_users_table --table=users

上記のコマンドでは、usersテーブルを編集するためのmigrationファイルを作成しています。

②migrationファイルの編集

次にmigrationファイルを編集します。

up関数とdown関数にカラムの追加と削除の処理を書きます。

<?php

use Illuminate\Database\Migrations\Migration;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Support\Facades\Schema;

return new class extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        Schema::table('users', function (Blueprint $table) {
            $table->string('address'); // 追加するカラム
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::table('users', function (Blueprint $table) {
            $table->dropColumn('address'); // 追加するカラム
        });
    }
};

上記の例では、usersテーブルにaddressというstringのカラムを追加するための処理を書いています。

③migrationファイルの実行

最後にmigrationファイルを実行します。

php artisanコマンドを使って、migrateを行います。

php artisan migrate

以上で、今回のケースでは、usersへのaddressのカラムの追加が完了しているはずです。