ランサーズがエンジニアの副業に適している理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ランサーズがエンジニアの副業に適している理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ランサーズがエンジニアの副業に適している理由を知りたい
  • ランサーズのプログラミング案件の内容を知りたい
  • ランサーズで初心者が確実に稼ぐための方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ランサーズがエンジニアの副業に適している理由とランサーズのプログラミング案件の内容を解説し、ランサーズで初心者が確実に稼ぐための方法をまとめています。

ランサーズがエンジニアの副業に適している理由

ランサーズがエンジニアの副業に適している理由

ランサーズは、エンジニアが本業の方が副業をするのに、とても適しているサイトと言えます。
まずは、その理由から解説をしていきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

中規模以上の案件が多い

ランサーズは、同業他社のクラウドワークスと比べると、中規模以上の案件の割合が多いです。
そのため、報酬が小銭ではないので、収益源として確立させやすくモチベーションの維持もしやすいです。
ただ、小さい規模の案件はそれはそれで回転率が高いというメリットがありますので、クラウドワークスとともに利用されることもおすすめです。

法人のクライアントが多い

ランサーズは、とにかく法人のクライアントが多いクラウドソーシングサイトです。
毎月新規利用開始される法人はおよそ5,000社以上あるとのことですので、いかに多いかが伝わってくると思います。
法人のクライアントは継続的に発注してくれる確率が個人よりも高いので、収益が安定しやすい点がランサーズの魅力の一つです。

プログラミングの案件が多い

ランサーズに限らず、これはどこのクラウドソーシングサイトにも言えることですが、プログラミングの案件が多くを占めています。
特にWeb系のプログラミング案件が多いですが、これは単純にクラウドソーシングサイトで仕事を任せやすい性質を持ったジャンルの仕事だからです。
もちろんデータ入力やWebライティングの仕事も相当数ありますが、プログラミングの案件はそれらよりも単価が高いので、おすすめの仕事となります。

ランサーズのプログラミング案件の内容

ランサーズのプログラミング案件の内容

ここまででランサーズがエンジニアの副業に適している理由を見てきました。
次に、ランサーズによくあるプログラミング案件の内容を解説していきたいと思います。

WordPress関連の案件

現在のWeb業界の案件の多くはWordPressが絡んだ案件となります。
WordPressはブログやホームページでよく使用されるCMS(コンテンツ管理システム)の一つであり、PHPで作られています。
そのため、PHPに強いエンジニアであれば、WordPressの案件を大量に受注することができるため、たくさん稼ぐことができます。

スクラッチでのシステム開発案件

大規模なプロジェクトでは改修案件が多いですが、ランサーズでは小~中規模のものが中心となるので、新規開発案件も多いです。
新規開発案件では、比較的自由に作り込みができる環境であることが多く、自分の得意なライブラリやフレームワークを使うことができます。
また、スクラッチでの新規システム開発案件ともなれば、報酬が小銭であることは少なくともありえないので、大きく稼ぐことができる案件であることは間違いないでしょう。

ECサイトやフレームワークでの開発案件

中規模な案件でも、ECサイトやフレームワークを使って高速開発したサービスやシステムの改修は少なからずあります。
これらの案件では、ある程度そのフレームワークに精通していない限り、触れもしないので、できる人を選んでしまう案件となります。
とはいっても、常駐案件は別として、報酬がとても高くなるというわけでもないので、得意でないならばあまり無理をしてまで取るべき案件ではないでしょう。

ランサーズで初心者が確実に稼ぐための方法

ランサーズで初心者が確実に稼ぐための方法

以上でランサーズがエンジニアの副業に適している理由とランサーズのプログラミング案件の内容を確認してきました。
最後に、ランサーズを長年利用してきた筆者が、ランサーズで初心者が確実に稼ぐための方法をまとめたいと思います。

相場より若干低めの価格で提案する

クラウドソーシングサイトでは、一つの案件に、大勢の応募者が殺到することが一般的です。
仕事を発注するクライアントが、どのような基準で多数の応募者から発注先を選定するかは定かではありません。
しかし、価格が決定的な要素であることは言うまでもありませんので、初心者のうちは相場よりも低めに設定して提案すべきだと思います。

プロトタイプを事前に作り提案する

初心者のうちは、ランサーズ上で何も信頼や評価がない状態から始めるので、なかなか選んでもらうことができません。
そんな中で単価を下げることによって目立たせるわけなのですが、それでも幾分、注目してもらうに足らない場合があります。
このように仕事が取りにくいと感じた場合には、先にプロトタイプ(成果物に近しいもの)を送ってしまうことも有効な手段の一つとなります。
先に送られると人間は心理的に断りにくさを感じるうえに、この人なら任せられるとも思ってくれるので、初期の段階ではおすすめの方法になります。

意図がはっきりしない案件は避ける

たくさんの案件を眺めていると、何を作りたいのかわからないような案件というものも見かけるようになると思います。
この手の意図がはっきりしない案件は、受注するとなかなか検収が終わらないなどのトラブルに発展しやすいので注意が必要です。
仮にこのような案件を受ける際には、必ず受注する前に、要件をきちんと定義して、今回行う作業の内容をあらかじめ決めてしまうと良いと思います。