ランサーズの評判はどう?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ランサーズの評判を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ランサーズの特徴を知りたい
  • ランサーズの評判を知りたい
  • ランサーズに向いている方の特徴を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ランサーズの特徴と評判を解説し、ランサーズに向いている方の特徴をまとめています。

ランサーズの特徴

ランサーズの特徴

結論から言うと、ランサーズは法人クライアントの多さやスキルアップに定評があります。
具体的な評判の紹介をしていく前に、まずは、ランサーズの特徴から解説していきたいと思います。

トップのクラウドソーシングサイト

ランサーズは、満足度やリピート率、運営実績のいずれもNo.1のクラウドソーシングサイトとなっています。
クラウドソーシングサイトは他にも、クラウドワークスやココナラ等がありますが、その中でもランサーズは仕事数がトップの多さとなっています。
ただ、筆者の印象では、ランサーズだけでなく、クラウドワークスも合わせて、二大クラウドソーシングサイトとなっていると思いますので、どちらも利用されると良いでしょう。

クライアントは法人が多め

ランサーズは、毎月5,000社以上が新規利用開始していることからも、個人よりも法人のクライアントが多い印象です。
実際に筆者が利用していた際も、中規模以上の案件が多く、小さすぎる案件が一つもなかったため、報酬はいずれも高めでした。
また、法人クライアントの場合は、事業を行っているため、継続して発注してくれる確率も高いので、良好な取引関係も築きやすいと思います。

直接相談も来やすい

ランサーズはプロフィール登録しておくと、見ず知らずの法人クライアントから直接相談が来ることがあります。
同業他社のクラウドワークスでもそういうことがありましたが、ランサーズでは具体性の伴ったまともな案件の話が来ることが多かったように思えます。
このあたりもやはり法人クライアントが多いことによるものであると思われますので、クラウドソーシングサイトで生計を立てる場合にはランサーズへの登録は必須となるでしょう。

ランサーズの評判

ランサーズの評判

ここまででランサーズの特徴を見てきました。
次に、ランサーズの実際の利用者の評判を解説していきたいと思います。
ここでは情報の偏りを避けるために、複数の情報源を利用していきます。

中規模以上の案件が多い

まずは筆者自身のランサーズの体験談を紹介したいと思います。
筆者は、ランサーズを、主に中規模の案件を取るために利用していました。
小さめの案件はクラウドワークスの方が多い印象があったため、ランサーズではそこまで数をこなしていませんでした。
その代わり、ランサーズでは、クライアントの多くが法人であったため、単価が良く、稼ぎはランサーズの方が良かったです。
当時はエンジニアとして駆け出しの頃に利用していたため、経験豊富な方であれば、さらに多くのお金を稼ぐことも可能であると思います。

初心者でも案件が取れる

新米Webエンジニアがランサーズで初案件を獲得した話

上記ページは、新米Webエンジニアがランサーズで案件を初めて獲得された際の感想記事です。
ランサーズに限らず、クラウドソーシングサイトでは、一つの案件に対してたくさんのランサーが応募します。
そのため、自分が選ばれる確率は基本的には低いので、色々と戦略を立てて応募し仕事を取りに行く必要があります。
この方は、時間をかけることや依頼主が求めているものをしっかり考えることによってはじめて仕事が取れるということを主張されています。
依頼主は主に、できるだけ単価を安くしたいということや信頼できる方に仕事を任せたいということを考えていますので、そのあたりを追求することで初めての方でも案件を取ることは十分に可能となるでしょう。

最初のうちはスキルアップ優先

ランサーズで初めてプログラミングの仕事したから感想とか語る

上記ページは、ランサーズで初めてプログラミングの仕事をされた方の感想記事です。
この方は、契約額が10,000円という比較的規模の小さめの案件を受注されたようですが、一つの案件を通してご自身のスキルに自信が持てるようになったと感想を述べられています。
この方の場合は、今回が初めてであったがために、多くの時間を費やしてしまい、時給単価に直すとかなり低いところまで落ちてしまったそうですが、それは仕方がなかったと振り返られています。
このように、初心者のうちはスキルアップと実績作りを第一優先にした方がよく、その後で徐々に単価を上げていくことができるようになるので、順を追ってステップアップされていくと良いと思います。
この方は、注意点として要望をきちんとまとめるべきということを挙げられていますが、これはごもっともな意見であり、要望が途中で二転三転されると収益性が悪くなるので、ぜひ受注の段階で定めてしまうことをおすすめします。

ランサーズに向いている方の特徴

ランサーズに向いている方の特徴

以上でランサーズの特徴と評判を確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、ランサーズに向いている方の特徴をまとめたいと思います。

スキルアップされたい方

スキルアップされたい方は、小規模から中規模程度の案件を受注されると良いでしょう。
ランサーズは主に中規模の案件がメインとなりますが、小規模のものもありますので、半分未経験半分経験済みのようなタイプの仕事を取ると効果的にスキルアップを目指せると思います。
筆者の場合も、ランサーズを多用していたときはエンジニアとして駆け出しの頃でしたが、学びながら比較的高めの報酬をもらうことができていたので、個人的にはスキルアップには一石二鳥で最適と思います。

法人から案件を取りたい方

やはり個人のクライアントでは出せるお金がどうしても低くなる傾向が強いですし、ビジネスマナーのない方の割合も大きくなってしまうため、いまいちな取引となってしまうことがあります。
その点、法人のクライアントであれば、経費からきちんとお金を出してもらえますし、担当部署からの発注であることがほとんどのため、取引が安定するうえに、仕事もかなり進めやすくなります。
ランサーズは法人の利用者がかなり多いクラウドソーシングサイトのため、クラウドワークスやココナラ等よりも法人のクライアントと取引関係を築いていきやすいので、おすすめのサイトとなります。

本業がWeb系エンジニアの方

クラウドソーシングサイトの案件はほとんどがWeb系のコーディングの案件のため、Web系エンジニアの方にはとてもおすすめです。
これはランサーズであろうとクラウドワークスであろうと大差はないので、全てのサイトを利用して、できるだけ多くの案件をこなしていくと良いと思います。
本業でWeb系エンジニアの方は、既にスキルを培っていると思いますので、いきなり中規模以上の案件を取ることができるうえに、単価も最初から高い状態で始めることができると思いますので、強くおすすめできます。