現役エンジニアから見たランサーズの評価はどう?

PROGRAM

ランサーズの評価を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ランサーズの概要を知りたい
  • ランサーズを使ってみた感想を知りたい
  • 現役エンジニアのランサーズの評価を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ランサーズの概要とランサーズを使ってみた感想を解説しつつ、現役エンジニアが実体験をもとにランサーズを評価しています。

ランサーズの概要

ランサーズの概要

結論から言うと、ランサーズは収入の高さや安定性の点で評価することができます。
この記事では、評価に入る前に、まずは、ランサーズの概要から解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

法人クライアントが多い

ランサーズでは、毎月新規に利用を開始される法人数が5,000社以上もあるため、法人のクライアントが非常に多いです。
法人は、個人と比べると資金力があるので、報酬も比較的高い傾向にあり、ランサーにとってとても良い印象があります。
一方で、法人ならではの手続きがある場合も多く、例えば、独自のフォーマットの契約や秘密保持契約を交わすこともあります。

プログラミング案件が多い

ランサーズには主婦などに人気の高いデータ入力やライティングの仕事もありますが、プログラミング案件の方が単価が良いです。
プログラミング案件が単価が良いのは、プログラミングスキルが必要だからですが、ブログ経験等があるだけでも携われる仕事もあります。
なぜなら、ブログやホームページ作成でよく用いられるWordPressというPHPのCMSに関連する案件の数が他のジャンルの仕事に比べてはるかに多いためです。

案件数や規模がトップクラス

ランサーズは業界でもトップクラスの案件数を誇っています。
また、各案件の規模も小ぶりな案件だけでなく、中規模以上の案件も多くみられます。
規模が大きければ大きいほど、基本的には契約額も大きくなってくるので、より多く稼ぐためには利用は必須となるでしょう。

ランサーズを使ってみた感想

ランサーズを使ってみた感想

ここまででランサーズの概要を見てきました。
次に、筆者がランサーズを使ってみた感想を解説していきたいと思います。

案件は激しい競争

ランサーズは案件の数が多いので、受注がしやすいかというとそうでもなく、ほぼ全ての案件で競争が激しくなっています。
クライアントは契約額の最も安い方を発注先として選ぶ可能性が高いので、基本的にはこの競争は価格競争に発展していきます。
価格競争が行き過ぎると、割に合わない金額にまで契約額が下がってしまう場合もあるので、なるべくすぐに消化できそうな案件を選びましょう。

スキルが必要な案件が多い

ランサーズの案件のうち、特にプログラミング案件に関しては、スキルが必要な案件が多いです。
同業他社のクラウドワークス等とは異なり、小さめの案件が少ないので、規模の大きい案件ではスキルがないと途中で挫折する可能性が高いです。
とはいっても、ブログ経験等があってHTMLやCSSを使えるような方であれば、簡単なホームページ作成の案件は受けれますし、稼ぐことができるでしょう。

法人クライアントは再発注率が高い

法人のクライアントは、事業を行っているため、基本的には事業計画に合わせた再発注の割合が高いです。
実際に筆者の仕事のうち、半分以上は再発注された仕事で占められており、収入が安定する要因となりました。
法人のクライアントは再発注率が高いだけでなく、報酬も安くても相場程度のため、往々にして個人のクライアントよりも稼ぐことができます。

現役エンジニアのランサーズの評価

現役エンジニアのランサーズの評価

以上でランサーズの概要とランサーズを使ってみた感想を確認してきました。
最後に、現役エンジニアとしてランサーズを利用してきた筆者が、これらを踏まえて、ランサーズを評価したいと思います。

高い収入を得やすい

ランサーズは単価の高いプログラミング案件が多いことから、エンジニアには稼ぎやすいサイトと言えます。
また、案件の規模も小さすぎる案件がないため、こつこつ稼ぐというよりは、一つひとつ大きく稼ぐことができます。
さすがに初心者が会社を辞めていきなりフリーランス、というわけにはいきませんが、最も稼ぎやすいサイトの一つではあります。

収入を安定させやすい

ランサーズは法人のクライアントが多いクラウドソーシングサイトのため、報酬は高めです。
そして、法人のクライアントは、事業に合わせた継続的な取引関係を築きやすいので、収入が安定します。
同業他社のココナラのようなサイトでは個人が明らかに多いため、クラウドソーシングサイトの中ではランサーズは収入の安定化が最もしやすいと思われます。

他サイトとの併用が必要

ランサーズでは高い収入が得やすく、収入も安定させやすいのですが、新規に案件を取る際は価格競争に勝たなければなりません。
価格競争を行うと、どうしても単価を下げていく必要があるので稼ぎが減ったり、勝ち取れる案件数も減るので仕事の数自体も不足します。
そこで、ランサーズだけでなく、クラウドワークスやココナラ等の他のクラウドソーシングサイトも利用し、より稼ぎや安定性を高めることをおすすめします。