ランサーズのエンジニア向け案件【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ランサーズのエンジニア向け案件を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ランサーズのエンジニア向け案件の種類を知りたい
  • ランサーズのエンジニア向け案件の注意すべき点を知りたい
  • ランサーズで稼ぐためのコツを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ランサーズのエンジニア向け案件の種類と注意すべき点を解説し、ランサーズで稼ぐためのコツをまとめています。

ランサーズのエンジニア向け案件の種類

ランサーズのエンジニア向け案件の種類

ランサーズには様々な仕事がありますが、中でもエンジニア向け案件が占める割合は大きいです。
この記事では、まずは、ランサーズのエンジニア向け案件の種類から解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

ホームページ作成

ランサーズにはWordPressを使ったホームページ作成の案件がたくさんあります。
WordPressとは、PHPで作られたCMS(コンテンツ管理システム)で、世界中で爆発的にヒットしているOSSです。
テンプレートを使うことで誰でも簡単にホームページが作れることから、プログラミング初心者でもこなしやすいタイプの案件となります。

ECサイト構築・改修

ランサーズで2番目に多い案件は、ECサイトの構築や改修案件です。
EC-CUBEがよく使われてますが、WordPressのWooCommerceというプラグインが使われることもしばしばあります。
いずれもソフトを理解していなければ使いこなせないうえに、改修となるとPHPの知識が必要となる場面も多いので、中級者向けの案件となります。

システムのスクラッチ開発

ランサーズには新規システムのスクラッチ開発の案件も意外と多いです。
一から一人で開発をしていくことになるため、このタイプの案件は最もお金を稼ぎやすい案件となります。
ただし、要件定義から設計、製造、テストまでの全ての工程を自分ひとりでできる能力が求められるため、中~上級者向けの案件となります。

ランサーズのエンジニア向け案件で注意すべき点

ランサーズのエンジニア向け案件で注意すべき点

ここまででランサーズのエンジニア向け案件の種類を見てきました。
次に、ランサーズのエンジニア向け案件で注意すべき点を解説していきたいと思います。

要件があいまいな案件を避ける

フロントエンド(画面側)の開発案件では、デザインがクライアントの感情に左右されやすいことから、要件がころころ変わりやすいです。
要件があいまいの場合は、いつまで経ってもクライアント側の検収が完了せずに、同じようなことを繰り返しさせられる可能性が高いので注意が必要です。
そのため、受注の段階であらかじめ要件をきちんと決めて、作業の内容を固めてしまい、それ以上の依頼は追加料金で受けるということを十分に説明しておくと良いでしょう。

単価の過度な値下げ要求には応じない

これは、特に個人に多いのですが、単価の過度な値下げ要求をしてくるクライアントが一定数います。
もちろん案件一つに熾烈な価格競争が繰り広げられることは間違いないのですが、それでも過度な要求はトラブル率が高くなるので注意しましょう。
この手のクライアントは、例えば、些細なことでも自分の思い通りに実装されていなければ、検収を完了してくれないなど、売掛金の回収ができない場合が多いです。

ITリテラシーの低いクライアントを避ける

ランサーズには数え切れないほどたくさんのユーザがいますので、ITリテラシーも様々なレベルのクライアントがいます。
ITの理解力が高く物分りの良いクライアントもいれば、ITリテラシーが低く無理難題を押し付けてくるクライアントもいます。
後者のタイプのクライアントはやはり、ITやビジネスの常識に欠けているケースが多くトラブルに発展しやすいので、注意が必要です。

ランサーズで稼ぐためのコツ

ランサーズで稼ぐためのコツ

以上でランサーズのエンジニア向け案件の種類や注意すべき点を確認してきました。
最後に、長年ランサーズを利用してきた筆者が、ランサーズで稼ぐためのコツをまとめたいと思います。

あえて単価を低めにする

ランサーズに限らず、クラウドソーシングサイトの案件には、大勢の応募者が殺到します。
その中で自分だけが案件を勝ち取るためにはやはり単価を相場よりも低めに抑え、割安感を出すしかありません。
もちろん優れた実績や信頼性があれば下げる必要はありませんが、最初の頃は単価を低く設定しなければ稼ぐことすらできないので、価格を意識する必要があります。

法人クライアントを狙う

ランサーズは毎月新規利用開始の法人が5,000社以上いるため、個人でも法人クライアントとの取引が十分可能です。
法人と個人のクライアントの最大の違いは、法人は事業を行っているため、継続的な取引関係に持ち込みやすい点が挙げられます。
ランサーにとっては法人のクライアントと長く付き合える関係を構築することで、収益が安定し、ランサーズを収入源として確立することができます。

常に迅速な納品を目指す

クラウドソーシングサイトで案件を受注するためには、価格競争だけでは勝てない場合も多々あります。
やはり実力や誠実さを重視されるクライアントも多いため、初心者のうちは常に迅速な納品を目指してみましょう。
場合によっては契約の前にプロトタイプ(成果物に近しいもの)を送ってしまい、断れない雰囲気を作ってしまうこともテクニックの一つになります。