プログラミング初心者におすすめのランサーズの使い方【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

プログラミング初心者におすすめのランサーズの使い方を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ランサーズの概要を知りたい
  • プログラミング初心者がランサーズで仕事をする上で学ぶべきものを知りたい
  • プログラミング初心者におすすめのランサーズの使い方を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ランサーズの概要とプログラミング初心者がランサーズで仕事をする上で学ぶべきものを解説し、おすすめのランサーズの使い方をまとめています。

ランサーズの概要

ランサーズの概要

ランサーズには様々な案件がありますが、中でもプログラミング案件が特に豊富です。
まずは、プログラミング初心者のためにランサーズの概要から解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

案件獲得の競争が激しい

ランサーズに限らず、クラウドソーシングサイトでは、一つの案件に対し、たくさんの応募が殺到します。
そのため、初心者でなくても、案件獲得の競争が激しく、基本的には価格競争を余儀なくされてしまいます。
ただ、価格だけでなく、ランサーの実績や提案の仕方なども基準の一つですので、複合的な要因で選定は行われます。

法人のクライアントが多い

ランサーズは、毎月の新規利用開始の法人数が5,000社以上もあるため、法人のクライアントが特に多いです。
法人のクライアントは、事業を行っているため、事業の計画に合わせて定期的に発注をしてもらえやすいです。
また、個人と比べても資金力が高いことが多いため、報酬もより多く出してくれる傾向が強いので、個人よりも好条件なことが多いです。

Web系プログラミングの案件が多い

ランサーズには、データ入力やライティングといった主婦などに人気のある仕事も多いですが、プログラミング案件も相当多いです。
プログラミング案件のうち、ほとんどはWeb系プログラミングが占めていて、残りがAndroidやiPhoneのアプリなどの開発案件といった状況です。
Web系プログラミングの案件は、HTMLとCSSを使った画面作りの仕事や、JavaScriptやPHPを使った動きのあるページを作る仕事が中心となります。

プログラミング初心者がランサーズで仕事をする上で学ぶべきもの

プログラミング初心者がランサーズで仕事をする上で学ぶべきもの

ここまででランサーズの概要を説明し、Web系プログラミングの案件が多いことを見てきました。
次に、プログラミング初心者がランサーズで仕事をする上で学ぶべきものを解説していきたいと思います。

HTMLとCSS

HTMLはWeb系プログラミングにおいて、主に画面の要素を配置するためのマークアップ言語です。
一方、CSSはHTMLで配置した画面の要素に対して、装飾をしていくためのスタイルシート言語になります。
いずれも、ブラウザ上でページを表現するための画面側の言語であり、Web系プログラミングの案件では必須の知識となります。

JavaScriptとjQuery

Web系プログラミングの場合、HTMLとCSSだけでは、単純にペラのページを作れるだけです。
Webページでは動きがあることが一般的のため、JavaScriptという画面側のプログラミング言語を使ってこれを表現する必要があります。
また、JavaScriptには便利なライブラリがあり、その一つにjQueryというものがあるので、これを押さえると簡単にコードが書けるようになります。

PHPとWordPress

Web系プログラミングでは、通常、画面側だけでなく、サーバの処理側の機能も実装しなければいけません。
サーバの処理側のプログラミング言語は、ランサーズの案件の場合はほとんどがPHPのため、PHPを学ぶ必要があります。
また、PHPがベースのWordPressというCMS(コンテンツ管理システム)が、ブログなどによく使われているため、こちらも押さえておくとより案件が取りやすくなると思います。

プログラミング初心者におすすめのランサーズの使い方

プログラミング初心者におすすめのランサーズの使い方

以上でランサーズの概要とプログラミング初心者がランサーズで仕事をする上で学ぶべきものを確認してきました。
最後に、これらと筆者の経験を踏まえ、プログラミング初心者におすすめのランサーズの使い方をまとめたいと思います。

小さめの案件で実績を積む

初心者はきちんと仕事ができるか不安を感じている方が多いと思いますので、まずは小さめの案件から選んでいきましょう。
小さめの案件をこつこつこなしていくことで、Web系プログラミングを学びつつ実績を積んでいき、仕事を取りやすくしていくことができます。
いくつも案件をこなしていくと、法人のクライアントが多いので、再発注をしてくれるようなクライアントとも良い関係を築けるようにもなってくると思います。

単価を低く抑えて提案する

ランサーズをはじめとするクラウドソーシングサイトでは、熾烈な価格競争が繰り広げられています。
そのため、できる限り、相場よりも単価を低く抑えたうえで、初心者なら時間単価2,000円程度で提案をする必要があります。
基本的にはクライアントは最も安い価格を提案してくれた方を発注先として選ぶと思いますので、まずは価格戦略を取られると良いでしょう。

提案する際に成果物を送る

クライアントによっては、価格を誰よりも低く抑えても、自分を発注先として選んでもらえない場合があります。
その理由は、初心者であれば、実績が不足しており、スキルや経験も未知数なので、信頼できないと思われてしまうからです。
したがって、余裕があれば、提案する際に先に成果物に近しいものを送ってしまい、信頼を勝ち取っておくこともおすすめの戦略の一つです。