ランサーズの案件で採用される方法【ポートフォリオ不要】

PROGRAM

ランサーズの案件で採用される方法を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ランサーズの案件で採用される方法を知りたい
  • ランサーズでポートフォリオが不要な理由を知りたい
  • ランサーズで良い案件を獲得する方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ランサーズの案件で採用される方法とランサーズでポートフォリオが不要な理由を解説しつつ、ランサーズで良い案件を獲得する方法をまとめています。

ランサーズの案件で採用される方法

ランサーズの案件で採用される方法

ランサーズでは、一つの案件に対し、大勢の応募者が殺到します。
採用に難しさを感じることが多いと思いますので、まずは、ランサーズの案件で採用される方法を解説していきたいと思います。

別の記事ではサービス内容や評判を解説しています↓

単価を相場より低めにする

ランサーズに限らず、クラウドソーシングサイトでは、一つの案件に対する応募者の数が多すぎるため、価格競争が余儀なくされます。
一つの案件に30人程度の応募者がつくこともありますので、その中で自分が選ばれるためには、相場よりも安めの価格を設定する必要があります。
データ入力やライティングの仕事ではなく、プログラミングの方が単価が高いので、プログラミング案件で単価を少し下げるという方法がおすすめです。

プロトタイプを事前に送る

ランサーズで案件を取るためには価格が重要な要素であることはまず間違いありませんが、必ずしもそれだけで自分が選ばれるとは限りません。
例えば、全くの初心者(未経験者)に仕事を任せるクライアントはあまりいないと思いますので、初心者のうちはプロトタイプを事前に送ると良いでしょう。
プロトタイプとはいっても成果物に限りなく近しいもので、提案と一緒に送ることで、クライアント側が断りづらい雰囲気を作り、なおかつ仕事を任せられると確信させることができます。

できるだけ実績を多く作る

ランサーズでは価格以外にも実績(評価)が重視されるケースも多いので、最初のうちはできるだけ多くの実績を作ることを目指されると良いと思います。
そのためには、相場よりも低く単価を設定したり、常に丁寧な仕事を心がけ、迅速に納品をしたりして、多くのクライアントから信頼を手に入れる必要があります。
そして、ある程度の実績が付いてくると、そこまで単価を下げなくても、実績への評価で自分が選ばれることが多くなるので、次第に自分のランサーとしての生産性も上がっていきます。

ランサーズでポートフォリオが不要な理由

ランサーズでポートフォリオが不要な理由

ここまででランサーズの案件で採用される方法を見てきました。
次に、ランサーズでポートフォリオが不要な理由を解説していきたいと思います。

まずなにより単価が重視される

ランサーズをはじめ、クラウドソーシングサイトでは価格が最も重視されます。
そのため、いくら素晴らしいポートフォリオがあったところで、単価が高ければ選ばれることはありません。
逆にオーバースペックと判断されてしまい、ポートフォリオによって、敬遠されてしまう原因にもなりかねません。

ランサーズの評価が重視される

ランサーズで仕事を取る場合は、ランサーズ内での実績が重視されます。
ポートフォリオはランサーズ以外も含めてその人の実績を確認できるものですが、あくまで自己申告でしかありません。
一方で、ランサーズ内の評価は、実際に取引が生じたことをランサーズが保証しているため、信頼性が高く判断の根拠とされやすいのです。

作ること自体に時間を取られる

ランサーズでは結局、単価やランサーズ内での評価が最も重視されるため、ポートフォリオは二の次になります。
そうなると、ポートフォリオを作ること自体にも時間がかかりますので、その時間が結果的には無駄になってしまいます。
ポートフォリオを作る時間があれば、その間に自分のスキルを磨いたり、仕事をこなしていく方が効率が良いケースが多いです。

ランサーズで良い案件を獲得する方法

ランサーズで良い案件を獲得する方法

以上で、ポートフォリオ不要でランサーズの案件で採用される方法を確認してきました。
最後に、筆者の経験から、ランサーズで良い案件を獲得する方法をまとめたいと思います。

法人のクライアントを見つける

ランサーズは新規利用開始される法人が毎月5,000社以上もいるため、法人のクライアントが多いです。
法人のクライアントは、資金力が高く、事業を行っているため、継続的に発注をしてもらいやすいです。
そのため、できれば法人のクライアントの案件を優先して獲得された方が、稼ぎも増えるうえに安定するのでおすすめです。

プログラミング案件が効率良い

ランサーズはクラウドソーシングサイトのため、基本的にはWeb上で完結するような仕事が集まっています。
代表的なものにはデータ入力やライティング、プログラミングなどがありますが、プログラミングが最も単価が高い仕事になります。
そのため、初心者が副業として行うのであれば、多少学習は必要となるものの、プログラミングの仕事が一番のおすすめの選択肢となります。

交渉で要件を少し増やしてみる

良い案件には応募者が殺到しますが、それはあくまで表面的なものでしかありません。
実はパッと見であまりおいしそうでない案件であっても、クライアントがお金を持っているケースは十分に考えられます。
そのため、提案をする際に「こういった機能も付けてみてはどうか」といったように要件を増やして金額を上乗せする方法もおすすめです。