ランサーズで月収20万の収入が可能な理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ランサーズで月収20万の収入が可能な理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ランサーズで月収20万の収入が可能な理由を知りたい
  • ランサーズでの良い案件の選び方を知りたい
  • ランサーズで収入を増やす方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ランサーズで月収20万の収入が可能な理由とランサーズでの良い案件の選び方を解説しつつ、ランサーズで収入を増やす方法をまとめています。

ランサーズで月収20万の収入が可能な理由

ランサーズで月収20万の収入が可能な理由

ランサーズでは月収20万以上稼ぐことが可能です。
まずは、その理由から解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

中規模以上の案件が多い

筆者はクラウドソーシングサイトとしてはランサーズとクラウドワークスの2つを主に利用してきました。
個人的に感じたことは、クラウドワークスは小規模案件が中心でしたが、ランサーズは中規模以上の案件が多いということです。
当然規模が大きければ大きいほど、報酬の金額も高くなってきますので、大きいものが取れれば1案件で月収20万を達成することも可能です。

法人クライアントが多い

ランサーズは新規利用開始される法人が毎月5,000社以上ありますので、法人クライアントの多さが魅力の一つです。
法人クライアントの場合は、個人よりも資金力のあるケースがほとんどですし、事業を行っているため、継続的に発注をしてくれる可能性も高いです。
もちろん個人の方でも仕事をたくさんくれる方はいますが、法人とのコネクションを持っておくことで、より安定した収入を得ることができるようになります。

プログラミングは高単価

ランサーズをはじめとするクラウドソーシングサイトには、主にWeb上で完結できる仕事がたくさん集まっています。
例えば、データ入力やライティングの仕事が主婦などに人気がありますが、プログラミングの仕事が単価が高いのでおすすめです。
実際に筆者もエンジニアとしてプログラミング案件をこなしてきましたが、クラウドワークスも使いながら月収20万を何度も達成してきました。

ランサーズでの良い案件の選び方

ランサーズでの良い案件の選び方

ここまででランサーズで月収20万の収入が可能な理由を見てきました。
次に、ランサーズでの良い案件の選び方を解説していきたいと思います。

要件がはっきりしている案件を選ぶ

ランサーズで仕事を選ぶ際には、なるべく要件がはっきりしている案件を選びましょう。
デザイン系のフロントエンドの開発案件では要件があいまいであることも多いので注意しましょう。
開発途中に要件が二転三転されると、なかなかクライアント側での検収が完了しないため、生産性がかなり落ちる可能性があります。

プロトタイプを提案できる案件を選ぶ

ランサーズに限らず、クラウドソーシングサイトでは、一つの案件に対して、大勢の応募者が殺到します。
その中で自分だけが案件を勝ち取るためには、価格を下げる方法以外では、成果物を先に送り付ける方法が有効です。
成果物を送ってしまうことで、人間の心理的に断り難くさせるとともに、スキルをしっかりとアピールすることができます。

ITリテラシーの高いクライアントを選ぶ

クラウドソーシングサイトは個人から法人まで、様々なクライアントが参加されています。
そのため、IT専門で担当しているような法人担当者やITに関して右も左もわからないような個人の方までITリテラシーに高低差があります。
ITリテラシーの低い方にあたると、筆者の経験上、無理難題を安値で押し付けられる可能性が高いので、なるべく良識ある方を選ばれると良いでしょう。

ランサーズで収入を増やす方法

ランサーズで収入を増やす方法

以上でランサーズで月収20万が可能な理由と案件の選び方を確認してきました。
最後に、筆者の経験から、ランサーズで収入を増やす方法をまとめたいと思います。

法人クライアントとの関係を築く

一般に、高い収入を得るためには固定客をつかみ、継続的に発注をしてもらう必要があります。
ランサーズでは法人が多く参加されていますので、法人のクライアントと仲良く付き合い、一緒に事業を行うパートナーになることを目指しましょう。
筆者がランサーズを利用してきた経験上、法人のクライアントの再発注率は7割は確実に超えていましたので、収入を安定させるという目的でも法人クライアントとの関係を上手く築くと良いでしょう。

実績を積みながらスキルをアップ

単価は基本的には、その方のスキルや経験年数で決まるといっても過言ではありません。
例えば、一般の企業においても、入社1年目の新入りと入社10年目の管理職とでは、2倍近い収入の差があります。
ランサーズでもこれと同じことが言え、ランサーズ内での実績の数が、クライアントの発注先選定の決め手となることが多く、単価交渉でも強気に出ることができます。

プログラミング案件を中心に受注

ランサーズによくある仕事には、データ入力やライティング、プログラミングの案件があります。
この中で最も付加価値が高く、単価の高い仕事はプログラミングになりますので、月収20万以上を目指されるのであればプログラミングがおすすめです。
もちろんプログラミングの単価が高い理由は、スキルが必要であり、事前に学習しなければならないためですが、現在はWeb上にたくさん教材がありますし、プログラミングスクールもありますので、誰でも気軽に学ぶことができます。