ランサーズでフリーランスになれる?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ランサーズでフリーランスになれるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ランサーズでフリーランスになれる理由を知りたい
  • ランサーズを使ってみた感想を知りたい
  • おすすめのフリーランスのランサーズの使い方を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ランサーズでフリーランスになれる理由やランサーズを使ってみた感想を解説し、おすすめのフリーランスのランサーズの使い方をまとめています。

ランサーズでフリーランスになれる理由

ランサーズでフリーランスになれる理由

結論から言うと、ランサーズでフリーランスになることは可能です。
この記事では、まずは、その理由から解説をしていきたいと思います。

誰でも今すぐ始められる

ランサーズは、クラウドソーシングサイトとして、誰でも今すぐに始められ、Web上で諸手続きも完結します。
そのため、ランサーズに登録した瞬間にフリーランスとして旗を挙げて、主に在宅で仕事を始めることができます。
クラウドソーシングサイトは基本的には登録や閲覧だけは無料のため、複数のサイトに登録し仕事を探されている方が多くなっています。

単価が高めの案件が多い

ランサーズは、クラウドソーシングサイトの中でも、単価が高めの案件が多いです。
なぜなら、小規模な案件だけでなく、中規模以上の案件も法人のクライアントなどによって登録されているからです。
中規模以上の案件を定期的に受注することができれば、在宅でランサーズだけで生計を立てるということも将来的には可能です。

学習で単価を上げられる

ランサーズにはデータ入力やライティングといった主婦などに人気の仕事もありますが、ここでのおすすめの案件は単価の高いプログラミングです。
ただし、プログラミングの仕事は、ある程度のスキルや経験が必要となるものがほとんどのため、事前に多少は学習をしておくことがどうしても求められます。
したがって、まずは簡単にプログラミング学習を行い、低単価で小規模の案件をこなしながらさらに学び、徐々に単価を上げて中規模以上の案件を取られると良いと思います。

ランサーズを使ってみた感想

ランサーズを使ってみた感想

ここまででランサーズでフリーランスになれる理由を見てきました。
次に、ランサーズを使ってみた筆者の感想も解説をしていきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

プログラミングの案件が多い

ランサーズにはプログラミングの案件が特に多いです。
筆者は本業が幸いにもエンジニアだったため、駆け出しの頃の利用でも、案件数で困ることはありませんでした。
PHPやWordPressの案件が最も多いため、Web系エンジニアの方は特にフリーランスエンジニアになるのに向いていると思います。

競争が激しく案件が取りづらい

ランサーズのプログラミング案件の数は多いですが、その反面、どの案件も競争が激しく受注がし難いことが難点です。
案件を取れない限りは収益は全く発生しませんので、案件の争奪戦に勝つことができないと、フリーランスとしては成り立ちません。
基本的には価格を基準にクライアントは発注先を決めているため、相場よりも低い価格を提示することで競争に打ち勝つことができます。

実績を上げないと労働生産性が低い

実績のないうちはクライアントは価格でしかランサーを評価してくれないため、案件を取るためには単価を下げる必要があります。
単価を下げるということは、労働生産性が低くなってしまい、生計を立てるレベルまで稼ぐためには、かなりの時間が必要となります。
しかし、実績を上げていくと、競争の中でも自分だけがベテランとして目立ちますので、案件は徐々に通常の単価でも取れるようになってきます。

おすすめのフリーランスのランサーズの使い方

おすすめのフリーランスのランサーズの使い方

以上でランサーズでフリーランスになれる理由とランサーズを使ってみた感想を確認してきました。
最後に、初心者がランサーズだけで生計を立てることは難しいので、おすすめのフリーランスのランサーズの使い方をまとめたいと思います。

まずは副業として利用

ランサーズの利用と同時に、会社を辞めて独立するということは避けた方が良いと思います。
その理由は、最初の頃はなかなか案件の受注ができないうえに、再発注も少ないので、収入が安定しないからです。
また、駆け出しの頃は、案件の少なさをカバーできるぐらいの単価の高さもないので、まずは副業として利用することをおすすめします。

クラウドワークスも併用

ランサーズの案件数は多いですが、それでも競争に勝って受注できる数で言えば、まだまだ少ないです。
そのため、ランサーズだけでなく、クラウドワークスなどの他のクラウドソーシングサイトも併用することをおすすめします。
ランサーズとクラウドワークスは二大クラウドソーシングサイトのため、この2つを利用することでほとんどの案件をカバーすることができます。

法人のクライアントをつかむ

ランサーズに限らず、クラウドソーシングサイトでフリーランスとしてやっていくには、いかに固定客をつかむかが重要です。
固定客は通常、個人よりも法人のクライアントの方が、事業を行っており、それに合わせて継続的に発注してくれるので多くなっています。
ランサーズに関して言うと、毎月の新規利用開始の法人数が5,000社以上あり法人のクライアントが多いので、ぜひ丁寧に仕事をして取引関係を構築されると良いと思います。