現役エンジニアのランサーズの体験談【稼ぐためのポイントを解説】

PROGRAM

現役エンジニアのランサーズの体験談を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 現役エンジニアのランサーズの体験談を知りたい
  • ランサーズで稼ぐためのポイントを知りたい
  • 初心者におすすめのランサーズの利用方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ランサーズの体験談とランサーズで稼ぐためのポイントを解説し、初心者におすすめのランサーズの利用方法をまとめています。

現役エンジニアのランサーズの体験談

現役エンジニアのランサーズの体験談

ランサーズにはエンジニア向けの案件がとても多いです。
まずは、現役エンジニアとしての筆者のランサーズの体験談を解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

駆け出しの頃でも仕事ができた

筆者の場合は大体本業で1年程度、エンジニアとして仕事をしてきた状態で、ランサーズの利用を開始しました。
1年程度では、いわゆる駆け出しと呼ばれるレベル感だと思いますが、大規模な仕事以外は十分にこなせる状況でした。
正直、ランサーズの場合は本業での経験がなくても、スキルさえあれば、だれでもプログラミングの仕事ができると思います。

クラウドワークスよりも稼げた

筆者の場合はランサーズ以外にも、クラウドソーシングサイトとしてはクラウドワークスも併用してきました。
あくまで個人的に感じたことですが、クラウドワークスは小ぶりな案件が多く、こつこつ稼ぐという印象を持ちました。
一方のランサーズは、一つひとつの案件がある程度の規模を持っており、一つの案件だけでも十分に稼げるイメージがあります。

法人のクライアントが多かった

ランサーズは公式サイトでも紹介されているように、毎月の新規利用開始の法人数が5,000社以上あります。
そのため、もちろん個人のクライアントもいますが、高い確率で法人クライアントの案件に出会うことができます。
法人クライアントは、資金力が個人よりもだいぶ高いことが多いので、基本的には高いお金を出してくれるため、稼ぎやすいです。

ランサーズで稼ぐためのポイント

ランサーズで稼ぐためのポイント

ここまでで筆者の現役エンジニアとしてのランサーズの体験談を見てきました。
次に、筆者の経験から、ランサーズで稼ぐためのポイントを解説していきたいと思います。

中規模以上の案件を中心に選ぶ

ランサーズには中規模以上の案件が多いので、小規模ではなく中規模以上の案件を選びましょう。
クラウドワークスも併用して、小規模な案件はそちらで仕事を取ることにして、役割を分担しましょう。
ある程度の規模の大きい案件は契約額も大きくなるため、基本的にはランサーズの方がより多く稼ぐことができます。

法人のクライアントとの関係を築く

ランサーズを利用するメリットは、法人のクライアントの案件を取りやすいという点にあると思っています。
法人のクライアントは、資金力があるがゆえに報酬をたくさん出してくれたり、再発注率も高いのでおすすめです。
再発注率が高い理由は、法人は事業を行っているため、事業の計画に合わせて、その都度発注を出してくれる傾向が強いからです。

ITリテラシーの低いクライアントを避ける

ランサーズだけでなく、クラウドソーシングサイトすべてに対し言えることですが、経歴様々なクライアントが参加されています。
そのため、IT担当部署のようにITの理解力が高いクライアントもいれば、個人でITに関して右も左もわからないクライアントもいます。
後者のタイプのクライアントは、ITリテラシーが低く、無理難題を押し付けてきたり、過度な値下げを要求してくるケースが多いので注意が必要です。

初心者におすすめのランサーズの利用方法

初心者におすすめのランサーズの利用方法

以上で現役エンジニアとしての筆者のランサーズの体験談とランサーズで稼ぐためのポイントを確認してきました。
最後に、エンジニアとして駆け出しの頃からランサーズを利用してきた筆者が、初心者におすすめのランサーズの利用方法をまとめたいと思います。

まずは単価を低く抑えて提案する

クラウドソーシングサイトでは、一つの案件に対し、大勢の応募者が殺到します。
この中で初心者が発注先として選ばれることは、戦略なしにはとても難しいので、まずは単価を低く抑えて提案してみましょう。
基本的にはオークションに近い形式のため、単価が最も安い方に発注先が決まることが往々にしてありますので、価格戦略は有効です。

成果物を先に送ることで優先順位を上げる

なるべく単価を低く抑えるという価格戦略であっても、案件の奪い合いの競争に勝てない場合があります。
その理由は、初心者であるがゆえにスキルや経験がないと判断され、仕事を任すことを躊躇されてしまうからです。
ですから、初心者でスキルがある方であれば、成果物を先に送ることで、自分のスキルや経験をアピールしましょう。

一つひとつ丁寧な仕事を心がけて再発注を狙う

クラウドソーシングサイトで安定した収益を上げていくためには、継続して取引をしてくれるクライアントが必要です。
クライアントは、個人であれ法人であれ、一つひとつのプロジェクトで丁寧に仕事をしてくれる方に再発注をしたいと考えるはずです。
例えば、先述した成果物を先に送ったり、迅速に納品を行ったり、価格をできるだけ安く提供したりすることも「丁寧な仕事」にあたります。