ランサーズやクラウドワークスとココナラの比較【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ランサーズやクラウドワークスとココナラの比較結果を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ランサーズやクラウドワークスの特徴を知りたい
  • ココナラの特徴を知りたい
  • ランサーズやクラウドワークスとココナラの比較結果を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ランサーズやクラウドワークスの特徴とココナラの特徴を解説し、ランサーズやクラウドワークスとココナラの比較結果をまとめています。

ランサーズやクラウドワークスの特徴

ランサーズやクラウドワークスの特徴

ランサーズやクラウドワークスとココナラとでは仕組みの違いがあります。
この記事では、まずは、ランサーズやクラウドワークスの特徴から解説していきたいと思います。

別の記事でもランサーズのサービス内容や評判を解説しています↓

別の記事でもクラウドワークスのサービス内容や評判を解説しています↓

クライアント側がランサーを募集

ランサーズやクラウドワークスでは、クライアント側が仕事を登録し、ランサーを募集する仕組みとなっています。
もちろん直接ランサーを指定して仕事を依頼することもできますが、より安く依頼するために、募集することが一般的です。
そのため、ランサー側は競合相手に負けないように、より安い価格で魅力あるレスポンスをしなければいけないため、案件を勝ち取ることも仕事のうちになります。

規模の大きめな仕事が多い

ランサーズやクラウドワークスでは、どちらかというと規模の大きめな仕事が多いです。
エンジニア向けの仕事の例で言えば、ホームページを一から作成する仕事やシステム開発の仕事が中心となります。
仕事の規模が大きければ大きいほど、基本的には見返りとなる報酬の金額も上がっていくので、ランサーズやクラウドワークスで案件を取れれば大きく稼ぐことができます。

難易度がやや高い

ランサーズやクラウドワークスでは、規模が大きめな仕事が多いうえに、一からモノを生み出す仕事が多いため、仕事の難易度は高めです。
もちろん規模の小さめの仕事もあるので、初心者でも受けることのできる仕事はあるものの、基本的にはスキルを磨いたうえで応募をされた方が良いでしょう。
一つの案件に複数の応募者がつくことはよくあることですので、スキルがないまま応募したとしても、自分が選出される可能性は低いと思っておいた方が良いです。

ココナラの特徴

ココナラの特徴

ランサーズやクラウドワークスの特徴を見てきました。
次に、もう一方のココナラの特徴も解説していきたいと思います。

別の記事でもココナラのサービス内容や評判を解説しています↓

ランサー側がスキルを出品

ココナラでは、ランサー側がスキルを商品として出品し、それを仕事の依頼をしたいクライアントが購入する仕組みとなっています。
ランサーは具体的な商品名で出品するのではなく、やや抽象的なタイトルで出品した方が、より多くのクライアントに購入してもらうことができます。
基本的にはクライアントが依頼をするランサーの商品を探す形となるため、ランサーは仕事を探す手間やクライアントに提案をする手間を省くことができます。

規模の小さめな仕事が多い

ココナラでは、商品の価格を低く抑えることが一般的のため、規模の小さな仕事が入ってくることが多いです。
とはいっても、クライアント側におひねりや見積依頼の機能があるため、規模の大きな仕事がないわけでもありません。
商品名を「お悩み相談」等にして、入り口を大きくしておけば、様々な案件が入ってくるため、大きめの仕事もキャッチすることができます。

難易度が低め

ココナラでは、規模の小さめな仕事が多いため、仕事の難易度は低めです。
商品の価格がワンコインから数千円程度が一般的のため、逆に言うと、大きな仕事をすると損になります。
クライアント側が規模の大きめの仕事を依頼してきた場合には、きちんと別途料金がかかることを説明すると良いでしょう。

ランサーズやクラウドワークスとココナラの比較結果

ランサーズやクラウドワークスとココナラの比較結果

以上でランサーズやクラウドワークスの特徴とココナラの特徴を確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、ランサーズやクラウドワークスとココナラの比較結果をまとめたいと思います。

初心者ならココナラ

ココナラでは、難易度がさほど高くない仕事が中心のため、スキル習得中や駆け出しの方にもおすすめです。
一方で、初心者がランサーズやクラウドワークスでいきなり仕事をしようとしても、仕事が取れる確率は低いです。
たくさん稼ぎたいと考えている方も、まずは、ココナラである程度の実績を積む等の下準備をされると良いと思います。

稼ぐならランサーズやクラウドワークス

ある程度のスキルがある方は、ランサーズやクラウドワークスを積極的に利用しましょう。
ココナラでは商品の単価が低いため、稼ぐためにはランサーズやクラウドワークスをメインに利用することをおすすめします。
特にクラウドワークスよりもランサーズの方が、筆者の経験上、規模の大きめの仕事が多いので、よりたくさん稼ぐことができると思います。

いずれのサイトも使い分けることをおすすめ

ランサーズとクラウドワークス、それからココナラのいずれのサイトもそれぞれの特徴があります。
しかし、どのサイトを使うかはクライアント次第というところですので、選り好みせず全てのサイトを使い分けると良いと思います。
ココナラでも大きめの案件が入ってくることはありますし、一方でランサーズやクラウドワークスでも初心者向けの案件が入ってくることもあるからです。