jQueryのインストール方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、jQueryのインストール方法について、簡単に解説していきます。

ダウンロード

jQuery公式サイトからダウンロードします。

基本的には、the compressed, production jQuery x.x.xをダウンロードすれば問題ありません。

compressは圧縮するという意味であり、uncompressedのものはソースを確認したい場合に便利です。

インストール

ダウンロードしてきたjquery-x.x.x.min.jsを公開ディレクトリに設置します。

<script src="./jquery-3.6.0.min.js"></script>

そのうえで、上記のように、headタグ等でscriptタグを使ってjQueryを読み込みます。

これだけでjQueryを使用する準備が整うため、これより下の行でjQueryのコードが動きます。

CDN版を使う場合

ダウンロードしなくてもjQueryを動かせます。

その場合にはCDN版をscriptタグで読み込むことになります。

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.6.0/jquery.min.js"></script>

上記の例では、Google CDNから3.6.0のjQueryを読み込んでいます。