jQueryでの要素の削除方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、jQueryでの要素の削除方法について、簡単に解説していきます。

丸ごと削除

jQueryでは要素の削除も楽にできます。

要素.removeメソッドで要素を丸ごと削除できます。

$("#hoge").remove();

上記の例では、hogeというidを持つ要素を子要素含め削除します。

子要素の削除

要素を空にすることもできます。

emptyメソッドで子要素の削除ができます。

$('#hoge').empty();

上記のコードでは、hogeというidを持つ要素の子要素を削除します。

親要素の削除

親要素の削除もできます。

unwrapメソッドは親要素を削除し、自分は残します。

$('#hoge').unwrap();

上記のコードでは、hogeというidを持つ要素の親要素を削除し、自分は残ります。