jQueryでのクラス名の取得・追加・削除の方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、jQueryでのクラス名の取得・追加・削除の方法について、簡単に解説していきます。

クラス名の取得

jQueryでのクラス名の取得はattrメソッドで行います。

attrメソッドの引数にclassを指定することでclass属性の値を取得できます。

$('#hoge').attr('class');

上記のコードでは、hogeというidを持つ要素の全てのクラス名を取得することができます。

クラス名の追加

クラス名の追加にはaddClassメソッドを使います。

addClassメソッドの引数には追加するクラス名を指定します。

$('#hoge').addClass('hoge-class');

上記の例では、hogeというidを持つ要素にhoge-classというクラス名を追加します。

クラス名の削除

クラス名の削除にはremoveClassメソッドを使用します。

removeClassメソッドの引数には削除するクラス名を指定することになります。

$('#hoge').removeClass('hoge-class');

上記のコードの例では、hogeというidを持つ要素からhoge-classというクラス名を削除します。