jQueryの基本的な書き方【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、jQueryの基本的な書き方について、簡単に解説していきます。

全体を囲う

jQueryでコードを書く際には、全体を囲みましょう。

具体的には、以下の関数の中に全ての処理を記載します。

$(function() {
  // 処理を書く
});

jQueryの処理はこの中に書かないと正常に動作しない場合があります。

セレクタの指定

jQueryで頻出なものはセレクタです。

これはjQueryで要素を指定する方法です。

$("#hoge").text("ほげのテキスト");

上記の例では、idがhogeの要素を指定し、そのテキストを設定しています。

コールバックの指定

jQueryではコールバックもよく見かけます。

イベントハンドラで処理(関数)を登録する際等に使います。

$("#hoge").on("click", function(){
  // 処理を書く
});

上記のコードでは、hogeというidを持つ要素のクリック時の処理(関数)を登録しています。