【IT業界を辞めたい人へ】良い環境へ転職する方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

IT業界を辞めたい人へ、良い環境へ転職する方法を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ITを辞めるべき人の特徴を知りたい
  • 実際に辞めた人の転職先を知りたい
  • 良い環境へ転職する方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、IT業界を辞めたい人向けに辞めるべき人の特徴と実際に辞めた人の転職先を解説し、より良い環境へ転職する方法をまとめています。

ITを辞めるべき人の特徴

ITを辞めるべき人の特徴

まずは、「こんな人はITを辞めるべき!」というIT業界を辞めるべき人の特徴から解説していきたいと思います。

やりたいことが他にある

私の周りのIT業界を辞めた方の中で最も多かった理由が、「他にやりたいことがあるから」でした。

実際に、この理由で辞めていく方には2つのタイプの方がいて、転職して後悔する方と満足する方のいずれか両極端です。

結局やりたいことがあると言っても、見積もりが甘いと転職先の業界でもたいてい上手く行きません。

転職先の仕事が実は自分には合っていなかったり、合っていても給料水準が低すぎて後悔するという方もいました。

一方で、やりたかったことを仕事にした方は、その後も転職先の業界にずっと残っている傾向にあります。

やはり自分の好きな仕事は継続できますし、成長のスピードも速くなります。

逆にITの仕事が自分の好きなことであるなら、業界は変えずに、企業や職種だけを変えるという方法もあると思います。

客先の業界の通になった

IT業界は、クライアントとは業界が異なることが多々あるので、仕事をするうえではクライアントの業界についてもある程度勉強をしないといけません。

色々な業界を見ていく過程の中で、第三者としてではなく、自分もその業界で一緒に仕事をしたいと思うようになることもしばしばあります。

実際に私も不動産業界等の仕事に魅力を感じたことがありますし、魅力を感じるからこそ、クライアントと良い仕事ができるとも思っています。

この理由で転職をされる方も比較的多く感じますし、実際に転職をされた方も、その後上手く行っている印象があります。

やはり好きだからこそ、クライアントの業界のことも勉強するわけですから、この思いが転職後にずっと続けていられるモチベーションにもなるわけです。

ITに適性がないと感じた

当然前向きな理由だけでなく、負の理由もあります。

ITにそもそも適性がない場合には仕事を続けること自体が困難ですし、下手をすれば企業側から戦力外通告をされる可能性もあります。

この場合には続けていても効率が悪く、双方良い思いをしないので、IT業界以外に転職をするべきです。

この理由で辞められる方も結構多くなっています。ITは筋道を立てて考えられる論理的思考が要求されますし、理系の専門知識不足で拒否反応が出る方もいます。

一方で考える方が好きな方は適性があると言えます。私の周りも、全員が仕事が好きというわけではありませんが、考えることが好きな方は多いです。

実際に辞めた人の転職先

実際に辞めた人の転職先

次に、私の周りで実際にIT業界を辞めた何人かの転職先を紹介し、それぞれ解説したいと思います。

安定性を重視し医療業界

安定性を重視し医療業界へ転職した元同僚がいました。

いつの間に医療事務の資格を取り、事務職として病院に転職していました。

転職先の病院ではITについてわかる人を歓迎していたこともあり、医療業界未経験でもマッチングが成立したようです。

このように元IT業界従事者は、システム周りに詳しいので、他の業界ではIT人材として重宝されるケースが多いです。

月給は上がりも下がりもしなかったらしいですが、ボーナスは安定して支給されているようです。

需要も底堅いですし医療業界では、元IT業界の方は安定して活躍することができる業界であることは間違いないようです。

宅建を取って不動産業界

会社で不動産業界のクライアントの仕事をされていた方で、宅建の資格を取って不動産業界へと転職していった方がいます。

彼の場合、不動産業界向けのシステムを開発していく中で、関心がどんどんそちらに移ってしまったようです。

彼とは今でもコンタクトを取っていますが、年収は転職後の方が上がったと言っていました。

不動産業界は景気に左右されやすいですが、彼の所属する会社の業績は好調のため、具体的な額までは聞いていませんが賞与がたくさん出ているようです。

お金の集まりやすい業界もやはりおすすめの転職先の一つになります。

でもやっぱり良いIT業界

「IT業界はもう嫌だ」と言いつつも、「でもやっぱりIT業界」と言って、業界内で転職される方もかなり多いです。

私の周りでは、むしろこちらの方が多いです。

結局、それなりの年数を重ねてIT業界に従事している中で「いざ他の業界!」と言っても、今更感がありますし、受け入れてもらえないことも多いです。

そのため、もしIT業界を本当に脱したいなら見切りは早ければ早いほど良いでしょう。

しかし、IT業界は他の業界と比べても比較的給料水準は高く、学歴等も関係なしに活躍できることから、居心地が良いことも確かです。

本当に自分がIT業界に向いていないかどうかはしっかりと自己分析をし、IT業界内で仕事を変更するだけで改善できないかも検討してみると良いでしょう。

良い環境へ転職する方法

良い環境へ転職する方法

最後に、業界を限定しない、良い環境へ転職をする方法をまとめていきます。

①自己分析を綿密に行う

転職をしようと考えるとき、まず初めに、その原因が会社にあるのか、自分にあるのかを考える必要があります。

「IT業界を辞めるべき人の特徴」で挙げてきたパターンは、全てその原因が自分にある場合です。

会社に原因がある場合は、業界をわざわざ変える必要はないからです。この場合は会社だけを変えましょう。

自分にある場合は、まず「自分が何をしているときが最も幸せか」まで遡って考えるようにしましょう。

そうすると、自ずと自分のやりたい仕事というものが見えてきます。

いくつか候補が出てくる場合は、その仕事の将来性や収益性なども一緒に考え、比較検討されると良いと思います。

②キャリアプランを描く

どんな仕事をしたいか、が決まったらキャリアプランを描きましょう。

将来性がない仕事であったり、実現性の低い仕事であれば、キャリアプランが描けませんので、そういう選択肢は避けた方が良いです。

例えば、現在ヘルプデスクの仕事をやっていてIT業界を辞めたいと感じている方で、やっぱりITの仕事が好きだ、という結論に至った方は、キャリアプランがしっかりと描けていなかっただけの可能性が高いです。

キャリアプランは計画ですので、これがない中で闇雲に続けられるはずがないですよね。

ヘルプデスクの仕事をしているのであれば、ヘルプデスクの次はエンジニア、エンジニアの次はプロジェクトマネージャというキャリアパスがわかっていれば、凡庸にヘルプデスクの仕事をこなすのではなく、次に何を学習しなければいけないのかが見えてくると思います。

転職前には、ぜひキャリアプランを立てて転職後の持続性を高め、プロフェッショナルになることを目指していきましょう。

③エージェント等に相談

やりたい仕事やキャリアプランが決まったら、転職が必要な場合には転職活動をしていきましょう。

その際に、事前に誰かに相談をしておくと良いでしょう。

家族や友人でもかまいませんし、その道のエキスパートとして転職エージェントに相談をすることもおすすめです。

転職エージェントは基本無料で利用できますし、実現性も含めて、キャリアプランを一緒に考えてくれるうえ、最適な案件も紹介してくれます。

何もかも一人でやろうとすると非効率な場合が多いため、自己分析までは自分だけで行うにしても、それから先はエージェント等と相談しながら進めていくと良いと思います。

私の経験から、エージェントは担当者との相性や案件の偏りの問題もありますので、必ず複数のエージェントを利用されることをおすすめします。