未経験からITエンジニアへの転職後の研修内容【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

未経験からITエンジニアへの転職後の研修内容を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 未経験からITエンジニアへの転職後の研修内容を知りたい
  • 未経験からITエンジニアへの転職後の研修でカバーできない部分を知りたい
  • 未経験からITエンジニアへの転職後スムーズに順応するための方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、未経験からITエンジニアへの転職後の研修内容と研修でカバーできない部分を解説し、転職後スムーズに順応するための方法をまとめています。

未経験からITエンジニアへの転職後の研修内容

未経験からITエンジニアへの転職後の研修内容

まずは未経験からITエンジニアへの転職後の研修内容を、私の実体験にも触れながら、解説していきたいと思います。

ビジネスマナー

社会人として活動していくために最低限必要なものとして、まずビジネスマナーが挙げられます。

といっても難しいものではなく、電話の応対の仕方や名刺交換のやり方、その会社組織のルールなどを研修では学びます。

最近は取得している企業が多いですが、個人情報の取り扱いについてのプライバシーマークの研修があるところもあります。

電話応対や名刺交換はともかくとして、どんな方でも必ず初日などはその会社組織で活動していくための研修があることは間違いないでしょう。

ITの基礎的知識

IT業界の一員として仕事をするためには、常識として知っておかなければならない知識や用語があります。

例えば、簡単な例を挙げれば、サーバやデータベースとは何ぞやということやクラウドとオンプレミスの違いなどです。

これは開発職であるITエンジニア以外のITの職業でも知っておいて当然のことですので、エンジニアであればなおのことちゃんと知っておく必要があります。

こういった知識を研修では教えてくれるところが多いですが、OJTで即仕事をさせつつ学ばせるところもあります。

研修をしてくれないとなると自分で学ぶ必要が出てきますので、自分の知識レベルと転職先の研修プログラムをよく把握しておく必要があります。

プログラミング

私も未経験からITエンジニアへと転職をしましたが、私の場合はプログラミングを教科書で学ぶというよりは、OJTでいきなり実務をやらされるところから始まりました。

実務をやっているので研修とは言わないのでは?と思うかもしれませんが、会社の見解としては研修期間であったようで、実際に一人前のエンジニアとして稼ぎもなかったわけですから、OJTも立派な研修の一つです。

大体どこの企業も手取り足取りプログラミングを教えてくれる会社はほとんどないと思いますので、自分で学んでいく力のある人材でないと、エンジニアへの転職は少し難しいと思います。

このように、プログラミングに関しては、OJTで実務を通して研修を行うところが多いため、話が通じるレベルまでプログラミングの基礎は学んでおく必要があるでしょう。

未経験からITエンジニアへの転職後の研修でカバーできない部分

次に、未経験からITエンジニアへの転職後の研修でカバーできない部分についても解説していきたいと思います。

プログラミング入門

繰り返しになりますが、プログラミングの研修はOJTであることが多く、実務を通して学ばせるところが多いです。

そうなりますと必ず抜け落ちてしまうところが、「プログラミング入門」です。

もしプログラミングのプの字も知らないとすれば、OJTでも100%上手く行かないでしょう。

そもそもプログラミングをやったことがない人材は採用をしないというスタンスの企業が多いと思いますので、入門レベルのプログラミングだけは自分で学習しておきましょう。

ITの仕掛けや仕組み

未経験者向けのITの基礎的な知識は、時間を割いて教えてくれるところが多いと思います。

実際に私もこれはOJTではなく、Off JTでした。

たしかに用語の意味するところなどはわかるようになったのですが、用語同士の関係や「システムがどういう仕組みで動いているのか」といったところが理解できませんでした。

研修では時間のなさもあり、体系的な知識を身につけさせてもらえるよりかは、用語の解説など部分部分で教えられることの方が多いため、実践ではあまり使えない知識となりがちです。

結局仕事をするためには自分である程度、こういった部分を学習しなければならないので、これについても事前に学習しておくことが望ましいと思います。

MSのオフィスの使用

おそらく多くの人が使うことができると思いますが、MSのオフィスソフトも扱える必要が出てきます。

これについては研修の場で使い方を教えてくれるところをあまり聞いたことがなく、どこの現場でも扱える前提で話を進めている気がします。

もしオフィスソフト、例えばエクセルやワードを全く使ったことがないという方は、自宅で家計簿をつけてみたり、ワード文書を作ってみたりするなどして、簡単な使い方ぐらいは押さえておくと良いと思います。

エンジニアの仕事では、仕様書を書いたり、マニュアルを作ったりする際にエクセルやワードは100%必要になりますので、全く使えないということがないようにしておいた方が良いです。

未経験からITエンジニアへの転職後スムーズに順応するための方法

未経験からITエンジニアへの転職後スムーズに順応するための方法

最後に、未経験からITエンジニアへの転職後スムーズに順応するための方法をまとめていきます。

事前にプログラミングを学習

転職後のOJTではプログラミングスキルがある程度ある前提で教育が進められますので、転職前に、自分の適性を確認する意味でも、プログラミングを学習しておきましょう。

基本的には時間さえかければ誰にでもできますが、ごくまれに数字や計算式に対して拒絶反応が出てしまう方もいますので、転職して初めてプログラミングをするといった状況はお互いのためにも避けるべきかと思います。

参考書で部分部分で学習すると実践的なスキルが身につきませんので、できれば具体的に作りたいものを決めて、それに向かって実際の流れで開発を行い学習されると良いと思います。

最近では独学でやるだけでなく、プログラミングスクールというものもありますので、現役のエンジニアの方に手取り足取り教えてもらいたい場合には、検討されると良いでしょう。

基本情報技術者試験用の学習

ITエンジニアとして転職する場合には、開発者や技術者と呼ばれる職業になりますので、基本情報技術者試験程度の知識はあった方が良いと思います。

これの参考書を勉強すれば、システムなどのアプリケーションや、ネットワークやサーバーなどのインフラの大体の仕組みがわかってきますので、何か一冊やってみることをおすすめします。

資格については取らなくても良いと思います。

IT業界ではあまり資格は重要視されず、実務経験ファーストだからです。

ただ、知識の目安として、基本情報技術者試験程度のレベルの知識は押さえておいた方が良いということです。

現在の職場でプログラミング

できれば実践的なプログラミングスキルを身につけるためにも、現在の職場等でプログラミングを行い、業務効率化等を行ってみることをおすすめします。

そうすれば、仕事の時間だけでプログラミングのインプットとアウトプットができますし、時間を無駄にすることもありません。

また、業務効率化を行えば、実績として評価される可能性も高くなりますので、例えばExcelVBAでエクセルの業務を簡略化してみると良いと思います。

職場でプログラミングをする機会がないという方であれば、メディア系サイト(ブログ)の仕組みを作ってみるなど、プライベートでWebサービスを立ち上げてみると良いでしょう。

自分の目指す転職先企業に応じて、どこまで学習すれば良いかが変わってきますので、学習内容についてはエージェント等と一度相談してみると良いと思います。