【結論】新卒からのIT転職は3年待つ必要はない!【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

新卒からのIT転職は3年待つ必要はないか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 新卒からのIT転職は3年待つ必要がない理由を知りたい
  • IT転職で重視されることを知りたい
  • 具体的なIT転職の手順を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、新卒からのIT転職は3年待つ必要がない理由とIT転職で重視されることを解説し、具体的なIT転職の手順をまとめています。

新卒からのIT転職は3年待つ必要がない理由

新卒からのIT転職は3年待つ必要がない理由

結論を言うと、新卒からのIT転職は3年待つ必要はありません。
まずは、その理由を3つほど挙げ解説していきたいと思います。

3年はそのキャリアで乗り越えるべき壁

「石の上にも3年」ということわざがあるように、仕事においてもしばしば、少なくとも3年間は同じ会社で頑張るように、と言われます。

しかし、転職をしたいのであれば、この限りではありません。

もともと3年というものは、そのキャリアで、次のステップに進むために耐えるべき年数の目安であり、転職する場合はキャリアそのものが変わるので、あまり意味のない数値なのです。

もちろん3年我慢すれば忍耐力は付くかもしれませんが、我慢してまで嫌な仕事を続けていく意味はないですよね。

ただし、同じキャリアで転職をしようと思うなら、今の会社に残ったほうが良いかもしれません。
例えば、今IT企業にいてエンジニアをしていて、転職先もIT企業でエンジニアをやるのであれば、3年を目安にしても良いと思います。

パワハラを受けていたり、人間関係が壊滅的だったりするなど、キャリアとあまり関係のない部分で転職を考えているのであれば、3年待たずに転職してよいと思います。

合わないと感じたら、長居するメリットはない

合わないと思った時点で、会社や会社の人間と方向性や相性が合わないもしくは仕事との適性がないことを意味するので、そんな会社で仕事を続けていても伸びませんよね。

ただし、人間なので判断を誤ることは多々あります。

なので最低でも3回は会社に残ることを考えてみて、残った場合の今後のキャリアのシミュレーションをしてみましょう。

それでも「合わない」と思うようであれば、残ってもストレスが溜まるだけですし、自分の価値を高めることができないので、早めに転職をするようにしましょう。

私も新卒で入社した会社を2年と半年で辞めています。

当時は3年いようか迷いましたが、3年という数字には特に意味がないと感じたので、待たずに転職しました。

結果的には転職からしばらくして給料も大幅に上がっていますし、仕事も面白いしで、何の問題もありません。

年数にこだわる理由は私の実体験からないと断言できます。

3年いたところで給料が大きく変わるわけではない

転職をした後のことを考えてみましょう。

前の会社に3年いる場合と2年いる場合、1年いる場合とで給料に大差があるでしょうか?

私の実体験からはないと断言できます。

前の会社には2年近くいましたが、ITは全くの未経験だったため、転職後は初任給に近い給料にされてしまいました。
業界未経験なので当然ですが、前の会社にいたときよりも給料は下がりました。

そのため、異業種で2年働こうが3年働こうが、IT業界に来たときには未経験であることには変わらないため、下手すれば新卒と同じ給料にされます。

このように、異業種の経験年数は関係がありませんので、今の会社で3年我慢するメリットはどこにもないのです。

IT転職で重視されること

IT転職で重視されること

次に、前職の経験年数よりももっとIT転職で重視されることを解説していきます。

ITとの接点があるか

IT転職の場合、前職でITとの接点があるかはとても重視されます。

ITに疎い人はいつまで経っても疎い人が多いからです。

よく機械やコンピュータに疎い方がいますが、その後詳しくなった人っていないですよね?

これは興味や関心があるかということでもあるのですが、接点がない人って積極性もないと判断されてしまうのです。

したがって、IT転職をするなら、プログラミングをした経験があったり、最低でもOfficeソフトは使いこなしていたりしないと相当厳しいと思います。

前職で実績を上げたか

異業種からの転職の場合は特に、前職で実績を上げているかも重視されます。

なぜなら、異業種の場合は、ITでは業界未経験になるため、評価するところが前職の実績ぐらいしかないからです。

そこで実績が何もなければ、「ふつうの人」という評価をされればまだ良いですが、「価値なし」と評価されれば内定をもらえる可能性は皆無となってしまうでしょう。

そして、この実績は、できればITと関係があった方が効果的です。

例えば私の場合は、前職でExcelVBAのプログラミングで業務の効率化を図り、作業時間やミスを削減するという実績を上げたため、それが評価され、エンジニアの仕事を頂くことができました。

このように、自分のアピールポイントとして、何らかの実績を上げておいた方が転職には有利に働くでしょう。

やる気があるかどうか

ITとの接点があり、実績もある。

でも何かが足りない気がしますよね。

それは「やる気(意志)」です。

いくら実績があっても、キャリアの目標もなければ、なぜ転職してきたかの説明もあいまいであったとしたら、あまり採用したいと思いませんよね。

こういう方は採用しても「俺の居場所はここじゃない」などとすぐに辞めていく方が多いですし、ITが好きな人などと比べても、いまひとつ魅力に欠けます。

もちろん成し遂げたいことがある人ばかりではありませんが、最低でもなぜIT転職したいかを述べられるようにはしておくとよいと思います。

具体的なIT転職の手順

具体的なIT転職の手順

以上を踏まえ、最後に、具体的なIT転職の手順をまとめています。
IT転職をするのであれば、手に職がつき、人手不足の職であるエンジニアへの転職がおすすめです。
ここでは、エンジニアへの転職を想定して手順化してみました。

プログラミング学習

まずはプログラミング学習をしましょう。

エンジニア、特にキャリアの初期のプログラマーの段階では、開発の工程のうちプログラミング(製作)を行うことが主な仕事になるからです。

製作を行うためには、プログラミング学習は避けては通れないので、事前にある程度のスキルは身につけておかないと門前払いを食らってしまいます。

私は前職でプログラミングをやっていたということもあり独学で学べましたが、難しい方はプログラミングスクールを利用することも検討されるとよいと思います。

プログラミングスクールでは現役のエンジニアがマンツーマンでプログラミングの指導をしてくれるので、わからないところで挫折をしてしまうという心配がなくなります。

プログラミング開発

プログラミング学習が済んだら、何か一つ、自分の作品を開発しましょう。

作品とは、例えばWebサービスやアプリのことです。

Webサービスの例を挙げれば、ブログのようなメディア系サイト(WordPressではなく自分で一から作るサイト)や婚活サイトのようなマッチングサイトなどです。

これらはちょっとハードルが高いと感じるかもしれませんが、具体的にプログラミングスキルの証明をできるものがないと、企業側も実力を判断できないので、このプロセスは重要です。

先程少し触れたプログラミングスクールでもオリジナル作品の開発の支援には力を入れていますので、心配な方はスクールの支援を受けると良いでしょう。

転職エージェント登録

プログラミング学習とその開発が完了したら、最後に転職エージェントに登録して案件探しをしていきましょう。

自分で求人サイトから探すのでも良いのですが、転職エージェントは基本無料で利用できますし、時間の大幅な節約になりますので、登録することがおすすめです。

転職をするにあたって何か条件がある場合は、登録の際に担当の方にしっかりと伝えておきましょう。

この意思疎通で失敗してしまうと、転職後に後悔することにもなりかねません。

希望の条件を整理してから転職エージェントを利用し、転職活動を開始しましょう。