IT転職で生活は安定するか?私は安定しました。【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

IT転職で生活は安定するか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • IT転職で生活は安定するか知りたい
  • IT転職すべきケースを知りたい
  • 具体的にIT転職をする方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、IT転職で生活が安定した実体験とIT転職すべきケースを解説し、具体的にIT転職をする方法をまとめています。

IT転職で生活は安定するか?

IT転職で生活は安定するか?

結論から言うと、私の場合はIT転職で生活が安定しました。
まずは、私のIT転職の実体験のお話をしたいと思います。

専門性が身につく

私の場合は、前職は商社で貿易業務や会計業務を担当していました。
いわゆる事務職というやつですね。

貿易業務や会計業務というと聞こえは良いかもしれませんが、私の場合は前者については三国間貿易のため仲介をするだけの仕事で、後者に関してはペーパーカンパニーの会計で実態がなかったので、実際には他社に行った際にも役に立つ専門性というものが磨けるような仕事ではなく、面白さを感じられませんでした。

「このままでは自分の人材価値を上げられないまま貴重な20代が終わってしまう」

これ以上この会社で得られるものはないと確信したため、20代前半で転職を決意したのでした。

転職後は、エンジニアの仕事に就き、ITの知識や開発スキルが身についたので、どんな仕事をするときでも専門性を発揮することができるようになりました。

IT業界の仕事はエンジニア以外にも、営業系・コンサルティング系だったり、メディア系だったりと色々とありますが、他の業界に比べるといずれも専門性が高い仕事が多いです。

そのため、「手に職を付けたい」という方や「引く手あまたの分野に参入したい」という方はIT業界がおすすめです。

最初から安定性を求めて転職することは望ましくありませんが、専門性を身につけて自分自身を他者と差別化することで、キャリアを安定させることはできますので、検討してみる価値は十分あると思います。

やりがいが生まれる

エンジニアに転職したことで、クライアントと話をすることが多くなり、ユーザの声が直接届くようになりました。

自分がヒアリングをして開発したシステムやサービスが、多くの人に使われ、お会いする度に「あのシステムで本当に助かったよ。」とか「今後ともぜひよろしくお願いします。」などと言われると、とてもやりがいを感じます。

また、社内においても、Web系やスマホ系アプリの開発を担当する人間が私しかいないこともあって、周りから重宝して頂いているので、今の仕事にはとても満足しています。

普段あまりやりがいを感じられず不満ばかりが溜まって仕事をされている方もかなり多いと思います。
そのような状況では決して長続きはしないと思いますので、専門性の高い分野で仕事をすることで、やりがいを見出すというのも一つの手なのではないかと思います。

実績を上げ昇進・昇給

私の場合は、未経験でエンジニアに転職してから、3か月後ぐらいに初めての仕事を頂き、要件定義から設計、制作、検証、リリースまで一通りの開発工程を担当させてもらいました。

普通はチームで開発することも多いのですが、このときは人手が足りず、一人での開発となったのでした。

しかし、無事オンスケで開発が完了したこともあり、またその後も同じような成果を上げたこともあって、入社してから僅か2年で係長に昇進することができました。

昇進に伴って、給料も初任給のときの2倍以上になったため、生活に余裕も生まれました。

20代の方の中には正社員にもかかわらず、一人暮らしの余裕もない方が結構多いと思います。
私も転職するまでは全く余裕がなかったので実家暮らしでした。

IT業界はお金が集まってきやすい業界ですし、人手不足の業界でもあるので、給料水準が比較的高く、成果を上げればきちんと反映されやすい業界なので、生活を安定させたい方にはおすすめの業界と言えます。

IT転職すべきケース

IT転職すべきケース

次に、私の実体験などをもとに、IT転職すべきケースを3つ挙げ、解説していきます。

ITの分野が好きな場合

例えば、コンピュータや機械などをいじることが好きだったり、ネット系のビジネスに強い興味を持っていたりする場合には、IT転職はおすすめと言えるでしょう。

前者であれば、エンジニアが向いていますし、後者であれば企画や営業、メディア系の仕事が向いていると言えます。

この業界は、他の業界と比べると、好きでやっている方が非常に多い業界です。
私もコンピュータが好きだったからこそ、専門性を身につける努力をここまでしてこられたのだと思います。

したがって、もしITの分野が好きであるなら、転職を検討する価値は十分にあると思います。

より給料を上げたい場合

IT業界は人手不足の業界のため、需給バランスから言っても、比較的給料水準の高い業界になります。

また、IT業界はお金の集まってきやすい業界でもあります。

これはITが会社経営の様々な問題に対してソリューションを提供できる立場にあるからです。

例えば、Webサービスを展開することで事業を新たに開拓したり、データ分析によってアイデアを産む気づきを得られたりできるので、売上に貢献することができます。

また一方で、業務効率化のためシステムやアプリを開発することで、人件費を削減し、経費側で利益を上げる貢献をすることもできます。

このように、会社の利益につながりやすくお金の集まりやすい業界であるため、お金を稼ぎたい場合にはITはおすすめの業界になります。

考えることが得意な場合

考えることが好きだったり、得意だったりする場合には、特にエンジニアなどの開発職がおすすめです。

エンジニアは主にプログラミングを行うことでソフトなどを開発していきますが、この開発の過程ではロジック(仕掛け)をたくさん考える必要があるからです。

具体的には、どのような処理を、どのような流れで、どう組み合わせたら、目的の動きを実現できるかを論理的に考えていく必要があるので、ロジカルに物事を考えることが得意な人にはとてもおすすめの職業ですし、日々好奇心をそそられる仕事だと思います。

受験勉強や資格取得のように答えが用意されているわけではないので、同じ技が通用することもあまりありません。

どんな仕事でも毎回考えさせられますので、考えることとモノづくりに魅力を感じている方には、IT(特にエンジニア)の仕事が合っていると言えます。

具体的にIT転職をする方法

具体的にIT転職をする方法

ではIT転職をすべき場合は、いったいどんな手順で転職をしていくべきか気になりますよね。
最後に、具体的にIT転職をする方法を、私の体験を踏まえて、まとめてみました。

①業界研究

まずは自分がIT業界で、どんな会社でどんな仕事をしたいかを決めましょう。

例えば、IT系の仕事といっても、エンジニアなどの開発職だけでなく、営業系・コンサルティング系であったり、メディア系であったりと色々と仕事にも種類があります。

モノづくりや考えることが好きな方にはエンジニアがおすすめですし、歩合でたくさん稼ぎたい方には営業・コンサルティング系がおすすめ、ライターの仕事や編集の仕事をしたいのであればメディア系の仕事がおすすめです。

ある程度絞られたら、次は業種を絞り、その業種の市場規模やシェアなどを確認し、各会社の立ち位置と事業の展望を調べましょう。そのうえで自分がどこの会社に入りたいかを決めて、転職活動を行っていきましょう。

②自己学習

業界研究とやりたいことが決まったら、いざ転職活動…と行きたいところですが、IT業界は専門性の高い分野ですので、知識の足りない点は事前に自己学習して補っておきましょう。

例えば、エンジニアであればプログラミングスキルが必須になります。
「未経験募集」の求人案件であってもそれは「実務未経験者募集」という意味なので誤解をしないように。

挫折を避けるために、プログラミングを勉強される場合は自分が独学でやれるかやれないのかの見切りは早めにつけておくべきだと思います。

独学では難しいと判断した場合には、プログラミングスクールを利用することも検討されると良いと思います。


プログラミングスクールでは現役のエンジニアがマンツーマンで指導してくれますし、IT業界とのコネクションもあるので、就職の選択肢の幅が広がります。

③転職活動

スキルを身につけたら、いよいよ転職活動を始めていきましょう。

自分で求人案件を探していくのももちろんありですが、転職エージェントに登録することがおすすめです。

エージェントは必ず複数登録しましょう。
一社だけですと、入手できる情報も限られてきますし、2、3社程度は利用した方が担当者による偏りもなくなります。

転職エージェントは、料金は企業側が払う仕組みのため、無料で利用できるため、何も躊躇せず利用すると良いと思います。
逆にエージェントにお金を払えるぐらいの企業さんが集まっているので、ハローワークなどで案件を探されるよりも、よっぽど質の高い求人案件を獲得できる可能性が高いです。

転職エージェントは無料で相談に応じてくれるので、まずは気軽に相談をしてみることから始めると良いと思います。