【IT】エンジニアとして中小企業に転職するメリット【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

IT業界でエンジニアとして中小企業に転職するメリットとデメリットを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • IT業界でエンジニアとして中小企業に転職するメリットを知りたい
  • IT業界でエンジニアとして中小企業に転職するデメリットを知りたい
  • IT業界でエンジニアとして中小企業に向いている人の特徴を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、IT業界でエンジニアとして中小企業に転職するメリットとデメリットを解説し、中小企業に向いている人の特徴をまとめています。

IT業界でエンジニアとして中小企業に転職するメリット

IT業界でエンジニアとして中小企業に転職するメリット

私は中小企業でエンジニアをしている経験から、まずは、エンジニアとして中小企業に転職するメリットを解説していきます。

フルスタックエンジニアになれる

フルスタックエンジニアとは、要するに「なんでもできるエンジニア」ということです。

よく中小企業の経理は「一人経理」なんて呼ばれることがありますが、まさにこれに近いです。

中小企業では、一人で開発の全工程を担当することができ、仕事の幅も、インフラ設計からアプリケーション開発まで、Webでもスマホでもどんと来いというようなタイプのエンジニアが多いです。

ただし、SESなど強制的に外に派遣される仕事では技術力が身につかないことが多いので、社内で開発する部署に転職することがおすすめです。

フルスタックエンジニアは、社内・社外からともにとても頼りにされる存在にはなれるのですが、エンジニアとしての収入は並以上にはなれないケースが多いので、キャリアの初期の戦略としては有効になりますが、中盤以降は専門分野を持った方が良いと思います。

専門分野を持つためには、大企業に転職するというよりは、フリーランスになるなどとして、高い収入を維持しながら様々な開発現場で専門分野を確立されていく方が良いと思います。

開発の実践的なスキルが身につく

中小企業の社内開発の場合、開発の工程を上流から下流まで経験することができるところが多いため、開発の実践的なスキルが身につきます。

大企業の情シス等の場合は、開発スキルというよりは、システム企画や社内調整などの仕事が多いため、その会社内で活躍するためのスキルは身につきますが、開発のスキルは身につかないケースが多いです。

もちろん例外はありますが、将来フリーランスになるなど、自分の開発スキルを売りにしていきたい場合は、経験できる工程の幅と分野の幅が広い中小企業がおすすめです。

クライアントと話すことができる

大企業の場合、SIerに就職する場合を除けば、クライアントと話す機会はあまりありませんし、仮にSIerでもクライアントと話ができる人は限られているため、上流工程の経験はなかなかできません。

逆に大企業では上流工程の経験がある方を中途採用で求めているぐらいですので、大企業に行く場合には、いったんは中小企業などで上流工程を経験しておく必要があります。

そのため、独立されたい方や大企業の情シスになりたい方は、クライアントと話をするなどの上流工程を経験できる中小企業がおすすめになります。

IT業界でエンジニアとして中小企業に転職するデメリット

IT業界でエンジニアとして中小企業に転職するデメリット

次に、エンジニアとして中小企業に転職するデメリットを解説します。

大規模なプロジェクト経験を積みにくい

中小企業ではSESを除けば、大規模なプロジェクトの経験はなかなかすることができません。

特に大規模なプロジェクトの企画や管理の仕事をしたい場合には、中小企業ではまず無理でしょう。

他社に提案する場合も大手のSIerに限られますし、自社のシステム企画であれば大手の情シスになる必要があります。

大規模なプロジェクトを持ちたい場合、いったんは中小企業で経験を積まないと難しいことが多いので、ゴールは大企業でもまずは中小がベターだと思います。

収益基盤が脆弱で収入が低いことが多い

中小企業は売上のほとんどを大企業に依存しており、さらにそもそもの売上が低いことも多いので、収益基盤は脆弱です。

大企業は下請けである中小企業をいつでも簡単に切ることができますし、ドライなビジネスの関係で結びついているからです。

そのため、不況になれば、中小企業は倒産リスクが増大し、従業員のリストラや給与削減も余儀なく行われます。

好況のときは大企業よりも良い収入が期待できる中小企業ですが、不況になると間違いなく大企業よりも下回りますので、その点は留意しておくべきでしょう。

一つの企業で腰を据えて開発ができない

中小企業は、基本的には長く一つの企業で働くという性質の組織ではありません。

エンジニアの多くは、自分の開発スキルや経験を幅広く、専門分野も持たなくていけないため、戦略的に働いてる方が多いです。

そうすると、一つの企業で蓄積できる経験には限度があるのです。

フルスタックエンジニアになることはできても、例えば専門的な職種としてセキュリティエンジニアになろうとした際に、おそらくそのような仕事はその企業内にはないと思います。

こういう場合はセキュリティを専門に扱っている会社や大企業の情シス等になり、そこで経験を積んでいかないといけません。

一方で、これらの企業に入るためには、エンジニアの経験が要求されることが多いです。

つまり、一つの企業で完結することができないのです。

本意で中小企業がゴールという方はあまりいないと思いますので、一つの企業で腰を据えて開発したいのであれば、まずは中小企業で下積みをして、それから大企業の情シスなどになられると良いと思います。

IT業界でエンジニアとして中小企業に向いている人の特徴

IT業界でエンジニアとして中小企業に向いている人の特徴

最後に、エンジニアとして中小企業に向いている人の特徴をまとめていきます。

実践的な開発スキルを身につけたい人

大企業では自分がやりたい仕事は扱っていても、組織が大きいがために、実際にその仕事ができるかどうかはわかりません。

面接の際に希望を出しても、希望が通らずに人事による一方的な配置がされるケースも多いです。

開発スキルも同様で、実践的な開発スキルが身につくどころか、資料作りや社内調整に追われて時間が潰れてしまうことさえあります。

そのため、実践的な開発スキルを身につけたい方には、中小企業の自社開発企業がおすすめです。

ここで自社開発企業としているのは、自社でプロジェクトを管理しているので、各工程を経験でき、モダンな開発スキルを身につけられるからです。

自由な社風や緩い規則下で働きたい人

中小企業の最大の良さは、がちがちなコンプライアンスやセキュリティなどで束縛されることが少ないということです。

もちろん企業によっては大企業並みに制限がある会社もありますが、基本的にはそこまでやるメリットがないので、自由な社風の会社が多いです。

中小企業ではのびのびと自分のやりたいように仕事をすることもできますし、のんびりマイペースで仕事をすることもできます。

大企業ではまずないこの点を重視される方は中小企業を選ぶことをおすすめします。

将来フリーランスとして独立したい人

将来フリーランスとして独立したい方は、中小企業でスキルを身につけることをおすすめします。

大企業ではゼネラリストや幹部候補を育成することを念頭に採用をしているため、独立に最適なキャリアパスではないからです。

フリーランスになるためには、フルスタックエンジニアの知識や経験にプラスして、自分の得意とする専門分野を持って売り込む必要があるので、そういった知識や経験は解説してきたとおり、中小企業の方が身につけやすいです。

そのため、まずは中小企業の会社員として仕事をしていくことをおすすめします。

キャリアプランの描き方や具体的な案件の選び方などは、転職エージェント等に相談されると良いと思います。

転職エージェントは基本無料で利用できますし、担当者がついてサポートをしてくれるので、まずは気軽に考えていることを共有して相談してみることをおすすめします。