IT・エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選

PROGRAM

IT・エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェントを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • IT・エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェントを知りたい
  • IT・エンジニアが転職しやすくおすすめな理由を知りたい
  • IT・エンジニアの転職市場の実態を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、IT・エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しつつ、転職の方法やIT・エンジニア転職がおすすめな理由、IT・エンジニアの転職市場の実態を解説しています。

IT・エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選

IT・エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選

まずは、IT・エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選を紹介します。

  • レバテックキャリア 質の高いIT案件が豊富
  • ワークポート 転職決定人数No.1
  • ビズリーチ スカウトが届く

正直なところ、「絶対にここだけは登録した方が良い!」というところはないので、どこでも良いので登録して求人案件の情報をもらうことが大事です。

基本的には、この後解説する3つの点に気をつければ良いと思います。

転職サイトやエージェントは複数登録

転職サイトや転職エージェントは、できるだけ多く登録しておきましょう。

その理由としては、少ないと入手できる求人案件の情報に限りがあるからです。

また、エージェントの担当によっては、考え方や方針が自分と合わなかったり、担当の利益を優先した案件が紹介されたりする可能性もあります。

したがって、いくつか転職サイトやエージェントを登録することで、少しでも多くの情報を仕入れ、その中から良い求人案件のみアプローチするというスタンスが最も良いと思います。

自分の意思で転職活動をする

転職サイトや転職エージェントを複数登録しましょうとは言いましたが、情報が多くなりすぎて、エージェントの担当の人の意見に流されたり、当初の目的から外れて欲が出たりする場合がありますので、自分は何のために今回転職をするのかを事前にはっきりさせるようにしましょう。

私の知人の例だと、当初は給料が少ないことを理由に、賃金アップを狙って転職活動をしていたにもかかわらず、上場企業からのスカウトが多くなり、「賃金は少ないが上場企業に行こうか迷っている。どうしたら良いか」と相談を受けたことがあります。

この手の一貫していない転職活動は、自分を見失い、転職を後悔する可能性も高いのでやめましょう。
当初の目的に帰るか、もしくは転職自体を行わない方が良いことさえあります。

まずは自分をきちんと持ってから、転職活動をするようにしましょう。

未経験の場合は準備をしておく

IT・エンジニアは求人案件数が多く、需要の多い労働市場ではあるのですが、開発職(エンジニア)に転職する場合は、ある程度の実務経験や専門的知識が要求されるため、未経験で本当に何も準備をしていかないで転職をするのは難しい分野になります。

そのため、エンジニアへの転職を目指される場合は、独学なりスクールなりで、まずはプログラミングスキルを習得してから転職活動を行った方が効果的です。

独学が難しい場合には、プログラミングスクールに通うこともおすすめの方法の一つになります。

IT・エンジニアが転職しやすくおすすめな理由

IT・エンジニアが転職しやすくおすすめな理由

次に、IT・エンジニアが転職しやすくおすすめな理由を解説します。

IT業界は人手不足

IT業界は人手不足の業界です。

ITになぜそこまで人材が必要なのかと言うと、会社の営業の根幹を支える仕組みとなっているからです。

例えば、Webサービスを立ち上げて、事業の展開や拡大を行っていくことで売り上げを伸ばすことも可能ですし、システムやアプリを開発して業務効率化を図り、コストを削減することで利益を伸ばすこともできます。

このように、ITは売上アップやコスト削減など、会社が営業をしていくうえで利益を上げていくことができるソリューションとなるため、引く手あまたの業界となっています。

また、最近ではAIの活用も進んでおり、これまで人間にしかできなかったようなことができる時代になりつつあります。

そのような技術革新も手伝って、こんにちIT業界はよりいっそう人手不足の業界となっており、2030年には約60万人不足すると推計されています。

したがって、転職で狙う市場としては、希望も通りやすいですし、かなりおすすめです。

手に職をつけられる

特にエンジニアの場合であれば、手に職をつけることができます。

例えば、大企業なんかにありがちな総合職の場合、新入りが入っても、その会社で使える人材にしか育たないため、そういう人材は会社を退職した際に、即戦力でできることが何もなかったりします。

一方で、エンジニア(技術者)であれば、開発の実務経験はどこの会社でも共通で通用するものですので、一つの会社で身につけた技術は他の会社に行っても当たり前のように使うことができます。

逆に言えば技術職なので、手に職をつけるまでが少し大変です。

しかし、エンジニアの場合は3年以上の実務経験があればフリーランスになることも可能ですので、他の業界に比べると、少ない年数で重宝される人材になることができます。

副業で稼ぎやすい分野

エンジニアは、特にWeb系の場合、クラウドソーシングサイトなどで副業を行いやすく、気軽に稼ぎやすい仕事になります。

実際に私もクラウドソーシングサイト経由で獲得したクライアントから定期的にお仕事を頂き副業で稼いでいますし、ワーカーの参加者を見る限り、副業で活動しているエンジニアはかなりたくさんいます。

Web系の副業案件が多い理由は、サーバの1か所でソースを管理することができるからです。
そのため、依頼する側としても、レンタルサーバーにアクセスしてもらいさえすれば、我々のような外注のワーカーにリモートで作業をしてもらえるので、かなり楽なのです。

ただし、クラウドソーシングサイトの案件は単価が低めなことが多いので、本格的に稼ぎたい方は副業ではなく、本業で正社員案件やフリーランスの客先常駐などの仕事を探すようにしましょう。

IT・エンジニアの転職市場の実態

IT・エンジニアの転職市場の実態

最後に、IT・エンジニアの転職市場の実態を解説したいと思います。

企業側からスカウトが来る場合も多い

転職サイトに登録をすると、IT・エンジニアの場合、人手不足の市場のため、企業側から直接スカウトメールが来る場合も多いです。

実際に私もたくさんのスカウトメールを頂き、それで内定をいくつかもらったことがあります。
もちろん上場企業の情報システム部やユーザ系SIerもありましたし、様々な業種からもオファーがありました。

企業側から直接オファーはびっくりされる方も多いかもしれませんが、人手不足の業界においてはよくあることなので、転職の成功率を上げたいなら、スカウトを待つだけでも良いかもしれません。

採用試験の時間は柔軟なところが多い

面接などの採用試験の時間は、夕方や夜でも応じてくれるところが多々あります。

私の実際の体験談として、8割程度の会社が、自分の業務終了後に対応してくれましたので、現職がある方などは我慢せずに時間の調整をお願いしても良いと思います。

私の場合は実際にそれでいくつも内定をもらっているので、「夜遅くにしたらイメージが悪くなる」という心配は不要だと思います。

もちろん残業をしたい人ばかりではないので、嫌がられる可能性はありますが、その人材が本当に欲しいと思うなら、時間を調整してでも取りにくるはずです。

正社員の賃金交渉は難しい場合が多い

これも私の体験談ですが、フリーランスではなく、正社員の場合の賃金交渉は、難しい場合が多いです。

なぜかというと、正社員の場合は、会社で給料テーブルが決められており、基本的にはそれに逆らうことができないからです。

今時年功序列を採用している会社なんてあるのか?と思われるかもしれませんが、日本企業は実際にはかなり多いです。

そのため、思いっきり稼ぎたい場合は、将来的には正社員ではなくフリーランスのエンジニアなると良いと思います。

ただし、実務経験は最低でも3年以上は必要なことが多いので、3年間は正社員として我慢して経験を積んでいきましょう。