【大企業内定者が語る】IT転職の志望動機・自己PRの考え方と作り方

PROGRAM

IT転職の志望動機・自己PRの考え方と作り方を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • IT転職の志望動機・自己PRの考え方を知りたい
  • IT転職の志望動機・自己PRの作り方を知りたい
  • IT転職で役に立つ実績の作り方を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、IT転職の志望動機・自己PRの考え方と作り方を解説し、IT転職で役に立つ実績の作り方をまとめています。

IT転職の志望動機・自己PRの考え方

IT転職の志望動機・自己PRの考え方

私は、現在は中小企業に所属しているものの、東証一部上場企業から内定を複数頂いた経験があります。
ここでは、それらの体験を踏まえて、まずは、内定をもらえるIT転職の志望動機・自己PRの考え方を解説していきたいと思います。

例文は表現の仕方だけをコピーする

よく志望動機や自己PRの書き方を解説しているサイトの文章をそのままコピーして使ったり、言葉の言い回しを少し変えたりするだけで済ませようとする方がいますが、これは絶対にやめましょう。

というのも、その志望動機や自己PRには「味がない」からです。

例えば、社内SEなどへの転職理由でよく見かけるのが「腰を据えて開発したい」というフレーズです。

たしかに腰を据えて開発したいのであれば、社内SEの案件はぴったりに見えるのですが、大事なことは職種ではなく、「なぜその会社を選んだのか」や「自分がその職種のどんな仕事をやりたいか」です。

要するに例文をコピペして表面上の字面だけを変えるだけの人には「深みがない」のです。別の言い方をすれば「詰めが甘い」とも言えます。

したがって、まずは例文を一切見ずに、自分の思いだけをまとめてみることから始めることをおすすめします。

そこでどんな仕事をしたいか考える

「そこでどんな仕事をしたいか」

転職の理由、すなわち志望動機についてはこの一言に尽きます。

これには5W1Hが全て含まれていますので、これさえはっきりさせれば、志望動機としての構成や体裁は問題ないと思います。

しかし、最終的にあなたと企業がマッチングするかはまた別問題です。

考えに考え抜いた結果、「この企業とは合わない」という結論に至ることもあるでしょうし、そういうことが実際に多々あります。

ですが、無理やり企業側に寄せに行くとたいていは内定を頂けないことが多いので、自分に素直になりましょう。

もちろん戦略的に狙いに行くという手もありますが、その場合は面接時や入社後に無理がない範囲で調整されると良いでしょう。

実績を踏まえて自分をアピールする

自己PRでは、アピールするものがないと始まりませんので、必ず実績を踏まえて、自分がその会社のために力となれるものをまとめましょう。

しかし、注意すべきは、PR内容が専門的内容である場合、誇張してアピールすることはやめておいた方が良いということです。

実例を挙げます。
これは私の会社に来た経験年数の浅い開発者の例です。

自己PRに「MySQLのことならお任せを!」のような類のことを書かれていたので、試しに「MySQL8(最新)を使ってみたことはありますか?」と質問すると「いいえ」との回答がありました。

さらに「ストアドのご経験はありますか?」と聞くとこれまた「いいえ」との返事があり、顔には焦りの色が見えていました。

結局彼はMySQLを実際には大して触っていないことがわかったのです。

DBを扱える専門性をアピールするぐらいなら、ストアドの経験は必須になりますし、最新のバージョンにも何のキャッチアップもしていないのは「にわか」になります。

この場合、彼は「AWS上でLAMP環境での開発を中心にやってきたのでモダンなWeb開発案件には対応できます」程度にとどめておくべきでした。

専門性のアピールはあまり踏み込んだことは言わずに、「広く浅く」を意識された方が良いことが多い気がします。

IT転職の志望動機・自己PRの作り方

IT転職の志望動機・自己PRの作り方

次に、IT転職の志望動機・自己PRの実践的な作り方を解説していきます。

志望動機では自分と会社との接点を強調する

良い志望動機には、自分だけの独りよがりの内容が書かれていたりせず、きちんと自分と会社との接点が書かれているものです。

もちろん、会社に合わせすぎている志望動機も、よく見受けられますが、これは不自然なのでやめた方が良いでしょう。

基本的には「自分のやりたいこと」と「会社の方向性」が合う場合にのみ、印象がよくなる傾向があります。
実際に、志望動機に嘘偽りがなければ、この場合は完全に応募者と仕事とがマッチしていると思います。

自己PRでは何かしらの実績を作る必要あり

自己PRは書き方のテクニックというよりは、きちんと実績があることが前提になってくるでしょう。
それをネタにして自分をアピールしていくわけですからね。

これは前職で夢や目標を持って行動したかということは必ずしも求められず、真摯に与えられたミッションに対して成果を上げたか、という点の方が重要です。

要するに前職でまじめに仕事をしていたか、ということです。

基本的には与えられた仕事をきちんとこなせている方は、実績も必然的に付いてきているはずなので、心配はいらないでしょう。

その姿勢を自己PRにしっかりと書き入れましょう。
書き方のテクニックとして自己PRのテンプレート集を見ることはOKです。

一方で「しょうもない自己PRしか書けない」という方は、仕事を適当にやりすぎです。

これは京セラやKDDIの創業者である稲森和夫さんの言葉ですが、会社員である以上は「愚直に、まじめに、地道に、誠実に」働くべきだと思います。

自問自答をして自分に対して素直になるべき

「考え方」のところでも述べましたが、嘘や偽りで無理に志望動機や自己PRを書くのはやめましょう。

自分が思っている以上に、採用担当者側にはその不自然さが際立ちますし、仮に内定をもらえたところで、お互いに不幸になるだけです。

大学入試もそうですが、日本には「とにかく入れさえすればいい」という風潮があるので、「志望動機や自己PRを作る」という発想自体が本当はおかしいように感じます。

本来であれば「志望動機」や「自己PR」が先にあって、そのうえで会社を選択するというのが本筋だからです。

IT転職で役に立つ実績の作り方

IT転職で役に立つ実績の作り方

最後に、IT転職で役に立つ実績の作り方をまとめています。本気でIT転職されたい方必見です。

プライベートでITに興味を持つ

まず、IT業界に転職するのですから、IT自体に興味を持つことから始めましょう。

それでないと、ITとの接点がないので、間違いなく志望動機が作れませんし、実績も作れっこないです。

例えば、私はエンジニアですが、プライベードでもサーバを所持しておりVMWareで仮想化したり、AWS上のクラウドで日々遊んだりしています。

興味がないことにはプロフェッショナルになることは決してできないと思いますので、まずは身の回りの環境から変えてみることをおすすめします。

開発職志望なら自分の作品を持つ

開発職志望であれば、何らかの自分の作品を持つことをおすすめします。

よく「未経験者歓迎」という求人案件を見かけることがありますが、これはあくまで「実務未経験者歓迎」の意味であって、「完全ど素人」を求めているわけではありません。

既にある程度開発スキルはあるけど、エンジニアとしての職歴はまだない、そんな方を求めているというわけです。

その開発スキルがあるということを証明するのに、自分の作品が必要となるのです。

自分の作品とは、エンジニアであれば、自作のWebサービスや何らかのツール・アプリケーションなどです。

独学で開発することは難しいと感じる場合には、プログラミングスクールを利用してみるという選択肢もあります。

プログラミングスクールでは、現役のエンジニアがマンツーマンでプログラミングの指導をしてくれ、自分のオリジナル作品の開発の支援をしてくれるところが多いからです。

IT転職を確実に成功させたい場合は、転職保証コースのプログラミングスクールを利用されると良いと思います。

現職で何らかの業務成果を上げる

開発職にしても営業職にしても、何らかの業務成果を上げるように心がけましょう。

現職がITと関係のない分野である場合には特に、転職先でも通用するような成果を上げると良いと思います。

例えば、私の場合であれば、エンジニアに転職する前にも、商社でプログラミングをしていましたし、それによって業務効率が上がり、出荷ミスを大幅に減らせたという実績を作ってきました。

必ずしもプログラミングなどのIT分野の成果である必要はありませんが、「真摯に課題と向き合う姿勢」を見せられるように、抱えている問題の一つや二つを解決してみると良いと思います。

負の理由で辞めた方を次の会社が拾ってくれるほど甘くはないので、前向きに今の会社にも貢献することを考えましょう。