社内SEへの転職が難しい理由【現役エンジニアが転職の手順をまとめました】

PROGRAM

社内SEへの転職が難しい理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 社内SEへの転職が難しい理由を知りたい
  • 社内SEになるために必要なものを知りたい
  • 社内SEになるための具体的な手順を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、社内SEへの転職が難しい理由と社内SEになるために必要なものを解説し、社内SEになるための具体的な手順をまとめています。

社内SEへの転職が難しい理由

社内SEへの転職が難しい理由

社内SEへの転職は難しいことが多いです。
まずは、その理由を解説していきたいと思います。

社内SEは働き方などで人気

社内SEは、クライアントをいくつも抱えて働くSIerなどの仕事とは異なり、自社内で腰を据えて開発業務に携わることができ、しかも納期などに悩まされることは少なめのため、開発者の中では人気の職種です。

また、働き方も、私が実際に内定を頂いた会社の例では、リモートワークも可能であり、残業も少なく、SIerとは違った自由度の高い働き方ができる点が良さとして挙げられました。

エンジニアからは「残業なし」「在宅勤務可能」「自社内のみの都合」などの点で仕事ができるので、人気は高いです。

実際に、社内SE以外のエンジニアではこれはほぼそのまま逆になりますからね。
SESで働いている方の例だと「終電間際」「客先常駐」「派遣先の都合」の仕事なので、自由度が低く、こんな仕事がいつまでも続く気はしません。

社内SEはその点、働き方でエンジニアの人気を集めている求人案件になりますので、難易度が高くなっています。

中途が多く、実務経験が要求される

社内SEの案件のほとんどは中途採用であり、新卒で社内SEを取る大手企業などはあまり見かけません。

案件の応募に際しては、主にJava開発経験3年以上やエンジニアの経験5年以上などの条件が設定されていることがよくあります。

つまり、実務経験がそれなりにないと応募する資格すらないというわけです。

したがって、初級エンジニアのうちは選択肢に上がってこない(上げられない)のが社内SEの案件のため、SESなどの案件と比べると転職難易度は上がってしまいます。

受け身ではなく能動的な仕事が求められる

現在プログラマーやエンジニアの方は、営業から仕事を振られて開発を行ったり、設計をしてくれたものに対しプログラミングをしたりするだけの受動的な仕事のされ方をされている方も多いと思います。

しかし、社内SEではこのような受動的な仕事はあまり多くなく、能動的にシステムの企画をしたり、プロジェクトを管理する業務が中心になってきます。

そのため、自分で企画したプロジェクトを管理したり、必要な要員を集めたり、設計をしたりする仕事が多いため、これまで以上に能動的な仕事が求められるようになります。

もちろん能動的なタイプであれば苦に思わないかもしれませんが、日本人の多くは受動的な仕事をしている方がほとんどだと思いますので、難易度は上がってしまうと思います。

社内SEになるために必要なもの

社内SEになるために必要なもの

次に、社内SEになるために必要なものを解説していきたいと思います。

実務経験

前述のとおり社内SEは中途採用の求人案件が非常に多いので、社内SEになるためにはまず第一に、実務経験が必要になります。

実務経験はJavaでの開発3年以上、Web系の開発経験5年以上など、言語や開発全般の経験年数について問うものが多いです。

これはエンジニアとしての価値が「場数をどれくらい踏んでいるか」によって計られているということもあって、単純な年数が条件にされています。

もし最初から社内SEを狙うのであれば、Javaをプログラミング言語に選択して仕事をされることが望ましいと思います。社内SEの案件でPHPやRubyなどはあまり見ないからです。

このように、実務経験はどうしても年数が必要となってしまうので、それなりに業界を経験してからの社内SEへの転職が求められます。

コミュニケーションスキル

社内SEの仕事としては、システムの企画・管理を行い、それを運用する仕事が中心になってくるため、部署を超えた連携や根回し、指導や教育などのコミュニケーションが多々発生します。

そのため、コミュニケーションスキルが低いと、結構苦労するハメになります。
私も現在の仕事で、クライアントの社内SEがあまり仕事をしてくれないため、私が代わりにクライアントの各部署と連携していますが、かなり大変です。

みなそれぞれで違った視点で、自分の担当箇所のみしか考えていないので、好き勝手言ってきます。それをまとめるということはなかなか難しいです。

コミュニケーションスキルもそうですが、利害調整力や統率力も求められてきますね。

企画力

企業によっては、開発は完全に派遣さんに任せているところも多いので、主たる仕事がシステム企画という社内SEもたくさんいます。

この場合は、経営課題の解決をするために企画できるという能力はさることながら、同時にユーザの視点に立ったユーザビリティの高い企画もできる必要もあります。

そして稟議を通すために根回しも必要なため、企画を一つ通すだけでもかなりの労力がかかります。

そのため、人によっては、想像していた仕事とだいぶ異なる場合が多いとです。

よく社内SEの志望動機としてあるのは、「社内でばりばり開発したい」「社内で腰を据えて開発したい」という意見です。

企業にもよりますが、受け身でもくもくと開発をする仕事ではなく、どちらかというと企画中心の能動的な仕事が多いので、本当に自分がやりたいことは社内SEの仕事なのか、ということを今一度考え直してみることも大事だと思います。

社内SEになるための具体的な手順

社内SEになるための具体的な手順

以上を踏まえて、最後に、社内SEになるための具体的で現実的な手順をまとめました。

①プログラミング学習

社内SEとは、「社内システムエンジニア」の略ですから、プログラミングを知らなくては話になりません。
したがって、未経験の方であれば、まずはプログラミングの学習をしていきましょう。

プログラミングの学習は具体的に作りたいものの目標がないと、学習してもすぐ忘れてしまう知識だけが身につきますので、必ず小さいものでも良いので、作りたいものを決めてから、学習を進めていくと良いと思います。

目標を上手く設定することにより独学でも可能ですが、難しいと感じる場合にはプログラミングスクールを利用するのも選択肢の一つだと思います。

プログラミングスクールでは、現役のエンジニアによるプログラミング学習の個別指導だけでなく、転職で役に立つオリジナルサービスの開発の支援もしてくれるので、一石二鳥です。

詳しくは別記事で解説していますので、興味がありましたらご覧ください。

②実務経験を積む

プログラミングの学習が済んだら、あとは実務経験を積んで場数をたくさん踏んでいきましょう。

この業界は「どれだけ場数を踏んでいるか」「どれだけ修羅場を乗り越えているか」で評価されるため、とにかく色々な仕事に関わって、少しでも多く経験をした方が良いです。

例えば、隣の人が困っていたら、クビを突っ込んででも情報を共有しておきましょう。
誰とも会話をしないで一人で開発していると、その中でしか成長することができませんが、色々な人の情報が入って来ることで、人の経験まで自分の糧とすることができます。

実務経験は最低でも3年ぐらいは積まないと、社内SEの求人案件の条件に合致しないことが多いので、それなりに長く下積み時代を経験する必要があります。

③クライアントに提案してみる

プログラミングスキルを身につけて、実務経験を積む。

一見するとこれだけで良いような気がしますが、私の経験上これだけでは社内SEになれない場合があります。

実際社内SEに求められるものは、前述のとおり、能動的な仕事であって、「言われたとおりに開発できる能力」ではありません。

経営課題の解決につながるシステムの企画やプロジェクトの管理が主な仕事なわけですから、「開発だけ」というのはあまりウケない傾向にあるのです。

そこで、自分がもしSIerでシステムエンジニアなどをされている場合には、積極的にクライアントに対して提案をしてみるようにしてみましょう。

そうすることで、ユーザの視点というのも見えてきますし、クライアントの経営課題を自分の課題のようにとらえて、想像力を鍛えることができるようになると思います。

「提案は資料作りも含めて全部営業がやってくれる」というスタンスでは、企画する力は永遠に身につかないので、自分から積極的に関わっていくことで、企画力や提案力を身につけ、社内SEに求められる人材に近づいていきましょう。