【賢く使う】IT転職でスカウトを受ける際の注意点と方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

IT転職でスカウトを受ける際の注意点と方法を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • IT転職でスカウトを受ける際の注意点を知りたい
  • IT転職でスカウトを受ける方法を知りたい
  • スカウトだけに囚われない転職のコツを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、IT転職でスカウトを受ける際の注意点と方法を解説しつつ、スカウトだけに囚われない転職のコツをまとめています。

IT転職でスカウトを受ける際の注意点

IT転職でスカウトを受ける際の注意点

IT業界は今人手不足でIT転職でもスカウトの件数が多くなっています。
まずは、そんなスカウトで注意すべき点を解説していきたいと思います。

条件は一般応募者と同じ

スカウトやヘッドハンティングというと、自分は特別な人材であるかのように錯覚して、誰もが浮かれてしまいますよね。

しかし、IT業界の場合は、大体の場合、スカウトされる理由は「自分の能力が高いから」ではなく「人手不足だから」です。

実際に筆者もスカウトを数え切れないほどの企業から受けましたし、もちろん上場企業からも多数スカウトが届きました。

初めは嬉しい思いもありましたが、実際に自分の周りもこのようなスカウトを多数受けていることを後で知り、今では特別何も感じていません。

企業からしてみれば、要するに人数の足しにさえなればいいという考えなのでしょう。

そのくせ、これらのスカウトは「応募してみませんか?」の意であることが多く、「応募頂ければ採用します」の意ではないことが多いです。

このような事情から、待遇はもちろん、採用試験の内容や扱いも他の一般応募者と何ら変わらず、特別な取り計らいを受けることもありません。

ここは勘違いされている方が多いので注意が必要です。

我を見失ってしまいがち

とはいっても、スカウトを受けると、嬉しくてうきうきとしてしまう方も多いと思います。

そして、スカウトを真に受けて応募をすると、志望動機や自己PRが荒くなりがちです。

下手すれば志望動機なんかは「誘われたから」という内容のものになってしまうかもしれません。

しかし、この理由は通用しません。

通常誘いは会社の特定の部署からの「応募の誘い」であることが多く、志望動機や自己PRは一般の応募者と同様にしっかり練っていく必要があるのです。

また、仮に適当な志望動機や自己PRで内定をもらい転職したとしても、自分の意思で行ったわけではないため、入ってみたら会社との相性が合わなかったり、キャリアプランと食い違うといったことが多々出てきます。

スカウトはあくまで自分の客観的価値を見極めるための参考程度に見て、自分自身を見失わないようにしないといけません。

実は不人気案件の可能性

多くの人は、スカウトが来ると、自分が特別な存在であるかのように認識してしまいます。

これを狙って、実は不人気案件、すなわちあまり好条件とは言えない待遇の案件を押し付けてくる場合があります。

求職者はスカウトで気分が良くなっているため、そんなことを気にしなくなってしまうのです。

また、志望動機なども考える手間がなくなると思ってしまうため、簡単な方を無意識に選んでしまいます。

こうした潜在意識を利用してくる企業も多いため、スカウトは必ずしも良質な案件ばかりではなく、むしろこういった事例が多いことを理解しておかなければいけません。

実際に筆者の場合も、ハローワークの案件よりも待遇の悪いスカウトの案件もありました。

スカウトに対応する際は、予め自分で基準を設けて、その基準に収まるか収まらないかで決めると良いでしょう。

IT転職でスカウトを受ける方法

IT転職でスカウトを受ける方法

以上の注意点を踏まえても、スカウトにはスカウトの魅力があります。
次に、IT転職でスカウトを受ける方法を解説していきます。

ビズリーチ等に登録

筆者は、いくつかスカウトを頂ける転職サイトを使ってみましたが、最も数が多く、なおかつ質の高いスカウトをもらうことができたところはビズリーチでした。

ビズリーチはハイクラス向けの有料の転職サイトだけあって、内容が良い案件が多いと思いました。

ただし、スカウトメールのほとんどがエージェントからのスカウトで、企業からの直接スカウトは1日に数件程度です。

とはいっても、これでも十分に多い方のため、企業からの直接スカウトを狙うのであれば、間違いなくビズリーチに登録すべきだと思います。

一つ注意があるとすれば、スカウトといっても「応募してみませんか?」というスカウトのため、特別待遇はほとんどありませんので、通常時と同じように面接対策などを行う必要があります。

経歴情報等を埋める

企業からのスカウト獲得率を高めるためにも、経歴等の情報はびっしり埋めるようにしましょう。

ビズリーチからもそのような指示があり、埋めると無料で利用できるチケットがもらえたりしますので、基本はガイドに沿って作業するだけで問題ないと思います。

当然ですが、何も情報を入力していない場合はどこからもスカウトは来ませんので、自分の嘘偽りがない範囲で自身の経歴をアピールしましょう。

特に開発の分野の広さや経験年数、年齢は重視されますので、きちんと穴埋めして公開しておくと良いでしょう。

ただし、中には経歴を全く見ずに、スカウトを送ってくる企業もあります。

「スカウトされたから応募する」のではなく、必ず自分の意思で企業を決めましょう。

企業からのスカウト

企業からの直接スカウトの場合、たしかに採用試験の内容は他者と変わらないのですが、事前に現場の人間から話を聞けたりすることができ、他の応募者よりも優位に立てる可能性はあります。

しかし、大手企業の多くは、人事からの「応募してみませんか?」というスカウトしかないことが多く、この場合は現場の人間と事前に話す機会がないケースが多いです。

筆者の手ごたえとしては、企業からのスカウトは内定率は高いですが、内容的には一般で応募するのとたいして変わらない気がしました。

つまり、スカウトがなかったとしても、その企業に入れた可能性が高いということです。

ただ、こういった応募の機会と出会える可能性が高くなることは否定しません。

より広くチャンスを掴むためにはビズリーチに登録してスカウトを待ってみるという方法も十分にありだと思います。

スカウトだけに囚われない転職のコツ

スカウトだけに囚われない転職のコツ

IT転職の方法はスカウト以外にもありますし、実際スカウト以外の方が良い案件が多いです。
最後に、スカウトだけに囚われない転職のコツをまとめていきます。

自己分析とキャリアの計画

スカウトに固執する方は、自分に自信がなかったり、キャリアプランが定まっていない方に多い傾向があると思います。

「スカウトされたから転職する」という考え方ですと、転職先企業と相性が合わない可能性もありますし、転職後に後悔してしまうこともあると思います。

そのため、「自分が本当はどんな仕事がしたいのか」ということや「何をしているときが一番楽しいか」など一度原点に返って、よく考えてみることが大事です。

やりたい仕事が絞れたら、次はその中から将来性の高い仕事を一つ選び、キャリアの計画を立てていきます。

それが定まれば、自ずと次に転職すべき企業像が見えてきます。

自己分析とキャリア計画をきちんと行えば行うほど、スカウトされるほとんどの企業が自分に合わないと感じるかもしれませんが、それは至極普通のことです。

マッチングはふつう成立しないことが当たり前です。しかもキャリアも後期になればなるほど進路が狭まってきますので自分に適した企業は少なくなっていきます。

スカウトはマッチング確認

スカウトありきで転職をするべきではないことは繰り返し述べてきましたが、それでは「スカウト」はいったいどのように捉えるべきなのでしょうか。

筆者の考えでは、スカウトはマッチングの判断材料程度としてみればよいと思います。

一般の応募形態ですと、応募する前にわかるのはせいぜい「自分から見た企業との相性」ぐらいです。

ところがスカウトであれば、応募する前から「企業から見た自分との相性」についても把握することができます。

「もしかしたら相思相愛かもしれない」

そう確信が持てたら応募する価値も出てきますよね。

ただし、スカウトといえども、必ずしも良い待遇とは限らず、むしろ一般的であることがほとんどのため、大事な点を見落とさないようにして下さい。

エージェント利用のすすめ

実際にスカウト以外にも良い案件が多く、そういった企業からはスカウトが来ないことが多々あります。

そのため、スカウトに100%依存することはおすすめしません。

スカウト以外にも、転職活動をされた方がよく、むしろスカウト以外をメインとした方が良いでしょう。

筆者のおすすめはエージェントを利用することです。

転職市場では、エージェントにしか公開されていない求人案件があります。

なぜエージェントのみの非公開案件となっているかは、求める人材のみに応募させるようにしたいからだと思われます。

良質な非公開案件の存在があるため、エージェントを利用して、良質な案件を獲得できる確率を少しでも上げた方が良いでしょう。

ただし、内定獲得の可能性はスカウト経由の方が高いので、エージェントのみでは不安な方は、スカウトも利用されると良いと思います。