【IT転職】転職するならWeb系がおすすめ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

IT転職するならWeb系がおすすめの理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • IT転職するならWeb系がおすすめの理由を知りたい
  • 実際の体験談でWeb系の転職で得られたものを知りたい
  • Web系の転職を行う方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、IT転職するならWeb系がおすすめの理由と実際の体験談でWeb系の転職で得られたものを解説し、最後にWeb系の転職を行う方法をまとめています。

IT転職するならWeb系がおすすめの理由

IT転職するならWeb系がおすすめです。
まずは、その理由から解説していきたいと思います。

副業がしやすい

IT系で副業をするとなると、クラウドソーシングサイトを使うことが一般的です。

ランサーズやクラウドワークスなどといったクラウドソーシングサイトでは、開発案件に注目すると、そのほとんどがWeb系の案件ばかりとなっています。

なぜなら、Web系の仕事はクライアントにとって、最もリモートで依頼を出しやすいからです。

また、クラウドソーシングサイトを通じて外注した方が、企業側にとっては正規のBtoBのルートの取引よりもだいぶ安く上がるということも、大きな理由の一つとなっていると思います。

このように、クラウドソーシングサイトにはWeb系の案件がたくさん集まってきていますので、副業をしたいのであれば、Web系を選ぶことをおすすめします。

IT事業を始めやすい

新しく事業を始める際に、最も人目に触れることができ、かつ低コストで始めることができるのが、Webサービスになります。

実際にWeb系のスタートアップ企業は多く、未経験からWeb系企業への転職を狙うのであれば、このようなところがおすすめです。

また、将来的に自分が何か元手の少ない事業を始めようと思ったときに、真っ先にWeb系の事業を思い浮かぶと思いますので、そんなときに技術があればすぐに始めることができます。

例えば、Facebookのザッカーバーグ氏もプログラミングが得意で大学時代にFacebookを立ち上げていますし、2ちゃんねるのひろゆき氏も同様に学生時代に2ちゃんねるを創設しています。

このように将来的に自分の事業を始めたいと考えている方にとっては、Web系の知識は何かと手助けとなりやすいので、おすすめです。

フリーランスになりやすい

フリーランスの委託案件の大半がWeb系となっています。

そのため、将来的にフリーランスになって給料の大幅アップを狙ったり、手に職を付けたいという方にとってはWeb系はおすすめです。

また、詳しくは後述しますが、Web系はバランスよくITの知識や経験が身につく分野のため、Web系にそこまで興味がない方、例えばスマホアプリなどを開発したいという方も、一度は経験してみても良い分野だと思います。

実際にスマホアプリにしても、データベースとそのままやり取りすることはほぼありませんので、間にWebAPIを挟んだ作りがかなり多いです。

このようにWeb系の知識は、エンジニアであれば、何をするにしても役に立つことが多いので、分野で迷われているのであれば、ぜひWeb系を選んでみることをおすすめします。

実際の体験談でWeb系の転職で得られたもの

実際の体験談でWeb系の転職で得られたもの

次に、実際に私がWeb系の転職を通じて得られたものを体験談から解説したいと思います。

副業による収入

私の場合は、会社を定時で帰れるということもあって、入社1年程度で副業目的でクラウドソーシングサイトの利用を開始しました。

そこでは初級~中級エンジニアが最も手を出しやすいWordPress案件を中心に仕事をさせてもらい、その後スクラッチ開発でとある商品の売買システムや展示会の予約管理システムなど単価が高めの開発をしてきました。

その働きが評価されたこともあり、現在もクラウドソーシングサイトで出会ったクライアントの方々と直接取引をしながら、副業収入を得ています。(手数料が高いのでクライアント獲得後はクラウドソーシングサイト自体はあまり使わず、直接取引が多くなりました。)

正直自分でもWeb系に転職するまではここまで副業で稼げるとは思っていなかったので驚いています。

ただし、副業は「寝てても金が入って来る」「楽して儲けられる」という類の代物ではありませんので注意が必要です。(当たり前ですが)
ちゃんと労働(開発)して対価としてお金を得る形になりますので、そこだけは頭に入れておくべきです。

フルスタックなスキル

Web系は、仕事を通じて、フルスタックなスキル、すなわち全般的な知識を得ることができます。
私ももうほとんどのことは一人で全てこなせてしまうのではないかというくらい、様々な知識を身につけることができました。

例えば、Web系のシステムやアプリケーションを一つ作ることを考えてみましょう。

まずはアプリケーションの置き場としてサーバを設置する必要があります。
そして、不特定多数からのアクセスが予想される場合にはロードバランサ―で負荷分散を行ったり、冗長的な構成にする必要があり、ハードウェアやミドルウェアの知識が必要になってきます。

また、データベースサーバを別にしたり、踏み台のサーバを用意したりする場合やクラウドとオンプレミスなどの別々のネットワーク同士をつなげたりする場合には、ネットワークの知識も要求されます。

さらにWeb系のアプリケーションでは、外部の悪意のある者からの攻撃も防がないといけないため、脆弱性をなくすためにセキュリティに関する知識も必要になります。

これらを極めて行けば、インフラエンジニアやネットワークエンジニア、セキュリティエンジニアになることができます。

もちろんアプリケーション開発エンジニアとしての道も残されていますので、開発一本で行くキャリアパスもあります。

このように、Web系はバランスよくITの知識を身につけることができますので、未経験の方には、選択肢を広げるためにも、強くおすすめできる分野になります。

大手企業からのスカウト

これは私の実体験ですが、ビズリーチに登録していたとき、たくさんの大手企業からスカウトを頂きました。

その時はIT転職してからまだ3年も経っていなかった頃ですが、当時もWeb系のエンジニアをしていたため、インフラエンジニアだったりセキュリティエンジニアだったり、色々なタイプの仕事の誘いがありました。(もちろん正社員案件です。)

この頃は当時の給料やポジションにあまり満足していなかったため、スカウトを頂いたいくつかの企業の方と面談を行い、その多くから内定を頂きました。(その後、現在の会社から引き留めを受け、給料の大幅改定があったため、残留することになりました。)

正直Web系でなかったらここまでスカウトは来なかっただろうと思っています。

例えば、VB.NETの技術者であったとしたら、ここまで引く手あまたかと言うと、とてもそうとは言いきれません。

したがって、これから安定して仕事を得たいという方にはWeb系がおすすめです。

Web系の転職を行う方法

Web系の転職を行う方法

最後に、Web系の転職を行う方法を、私が行ったことを中心にまとめます。

①ホームページ作りを勉強

私の場合、Web系に転職する前にまず行ったのがホームページ作りの勉強です。
みなさんもご存じのHTMLとCSSを使うアレですね。

かつて小学生の頃にブログなどをやっていたので、HTMLとCSSの知識は多少ありました。

幼い頃に経験していたためか、比較的吸収は早く、グーグルやツイッターなどの有名サイトのデザインだけは再現できるぐらいまでのスキルを独学で身につけることができました。

勉強期間としては1日8時間費やして1ヶ月程度でした。
JavaScriptのライブラリであるjQueryなどを使って半分お遊び気分で勉強していましたので、毎日勉強に専念すれば半月もあれば、おそらくホームページを十分に作れるレベルに達すると思います。

Web系の開発を行う上で、HTMLやCSSなどでの画面の作成は避けては通れないことなので、何をやるにしても、まずはホームページ作りから学習するようにしましょう。

②ログインの仕組みを作る

ホームページ作りは割とお遊びというか、趣味レベルでやっている方も非常に多いのでライバルがたくさんいます。

しかし、Webアプリケーションとなると、ページや画面だけではなく、プログラミングをして処理を実装していく必要がありますので、少し難易度が上がります。

Web系のプログラミングをやるのであれば、まず最初にログインの仕組みから作っていくと良いと思います。

ログインは簡単そうに思えますが、意外と奥が深く、データベース分野では操作方法からパスワードなどのデータの持ち方、テーブル設計などを学ぶことができ、アプリケーション分野ではセッション管理やフォームデータの送受信などの実践でよく使われる知識を身につけることができます。

これができるようになると、プログラミングにおいても画面作りにおいても、Web系の大体のことが見えて来るようになりますので、画面作りを終えたら、次はこの境地を目指すようにしましょう。

③掲示板やチャットを作る

ここまででプログラミングと画面作りについて大体のことが見えてきたと思いますので、最後に自分の作りたいものを作りましょう。

ただし、作りたいものが特に思い浮かばないし、大きなものはまだ作れないよ、という方には、とりあえずの目標として掲示板やチャットなどを作られると良いと思います。

例えば、掲示板であれば2ちゃんねる、チャットであればLINEをイメージされると、流行りでよく使われているものなので、モチベーションも保ちやすいと思います。

掲示板にしてもチャットにしても、一つの成果物であることは間違いありませんので、これを作れるようになれば、もう仕事でもWeb系の開発工程の一部を担当することができるレベルまで上がっていると思います。

私はちょうどこのあたりが終わったところで、無給の学習が終わりました。
そのため、転職活動前までにこのレベルに達することを目指すと良いと思います。

もちろん独学で全てをやれる人ばかりではないので、不安であればプログラミングスクールを利用することも検討して良いと思います。

プログラミングスクールでは、現役のエンジニアがマンツーマンで指導をしてくれますし、自分だけのWebサービスの開発の支援もしてくれるので、転職にも有利です。

プログラミングスクールについては別の記事で解説していますので、興味があればぜひご覧ください。