ITエンジニア転職のつらい現実と注意すべき点【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ITエンジニア転職のつらい現実と注意すべき点を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ITエンジニア転職のつらい現実を知りたい
  • ITエンジニア転職の注意すべき点を知りたい
  • ITエンジニアの転職を成功させる方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ITエンジニア転職のつらい現実と注意すべき点を解説し、転職を成功させる方法をまとめています。

ITエンジニア転職のつらい現実

ITエンジニア転職のつらい現実

ITエンジニア転職は良いことばかりではありません。
まずはITエンジニア転職のつらい現実を解説していきます。

人手不足でも未経験は採用されづらい

IT人材は今人手不足で、経済産業省の推計でも今後ますます供給が需要に追いつかないと言われています。

需要が多いということは開発案件も豊富であることを意味しているため、企業は今、喉から手が出るほどIT人材が欲しいというのが本音です。

しかし、雇う人材は誰でも良いというわけではありません。

例えば、完全未経験者の場合、雇っても適性がなかったり、すぐに辞められたりしてしまえば、教育に割いた投資コストが全て無駄になってしまいます。

また、たとえ適性があったとしても、投資コスト分を回収するには大体3年程度かかりますので、企業にとっては未経験者を雇うということは負担が大きいことなのです。

したがって、なるべくITと接点があったり、経験がある人材を企業は採用しようとします。

未経験者の場合にはプログラミングスクール等で学習されてから転職活動を始めることをおすすめします。

ITといえども待遇はそこまで良くない

IT業界というと、人手不足ということもあり、高収入のイメージが強い方も多いようです。

しかし、正社員、特に未経験者においては、IT業界といえども給料は高くなく、他の業界と同程度か、少し良いぐらいです。

未経験者の場合は先ほども述べましたが、投資コストがあるため、給料を高く設定することができないからです。

また、経験者の場合でも、そこそこ給料は高いものの、会社組織の一員として働く場合には、営業コストがかかったり、株主に還元しなければならないことから、稼いだ分がそのまま自分に還元されることはありえません。

本当に給料を上げたい場合は、正社員という働き方ではなくフリーランスになる必要があります。

この場合は個人事業主となるため、稼いだお金を全て自分のものとすることができます。

とはいえ、フリーランスも案件がなくなれば失業状態となるうえ、営業の課題も新たに発生するので、これはこれで難しさがあります。

スキルの継続的な研鑽が必要とされる

エンジニアという職であり続ける以上、常に開発スキルや技術力を最新のものにしておく必要があります。

特にWeb系のエンジニアの場合には変化が激しく、フレームワークでは3年程度で陳腐化したりしますので、流行を追わなければいけません。

また、クラウドに関しても、例えば、AzureのMachine Learning Studioなど、機械学習系の便利なプラットフォームも最近出てきているので、こういったものに着目してビジネスチャンスを掴むなどの努力も必要となってくるでしょう。

キャッチアップは大変ですが、開発者として良い待遇で働くためには、スキルの継続的な研鑽が必要になってきます。

ITエンジニア転職の注意すべき点

ITエンジニア転職の注意すべき点

勘違いがあると無意味な転職で終わる可能性が高いです。
次にITエンジニア転職の注意すべき点を解説します。

正社員求人で給料アップは難しい

先に述べたとおり、正社員では転職をしたところで大幅な給料アップは難しいでしょう。

転職の目的として給料を上げたい方はかなり多いと思いますが、年収100万円以上上げたい方は、働き方を変えない限り容易には上がらないはずです。

このことは、若くて有能な方に関しても同じことが言えます。

なぜなら、日本の企業は年功序列制の企業がまだまだ多いため、30代と同じ売上を上げているからといって、20代前半の方に30代と同じ給料を出すことはできないのです。

もちろん一部の企業では年功序列制を採っていないところがありますが、大手企業では大体年功序列制があるので融通が利かないことが多いです。

筆者のおすすめは中小企業(ベンチャー含む)です。

中小企業の場合はワンマン経営や株主が少数であることが多いため、年功序列に厳格に従う必要がないからです。

筆者自身も中小企業で相場より多く給料を頂いています。(もちろんみなし残業代など0円です。)

SESはキャリアの成長がしづらい

SESとは、System Engineering Serviceの略で、技術者を客先に常駐させて技術サービスを提供するものです。

SES事業を主たる収入源としている企業は特に中小企業で多くなっています。

受託開発も最近は多いものの、依然技術者を派遣して稼ぐやり方が中小企業では主流です。

SESは稼げるのですが、エンジニアとしては将来性があまりない仕事になります。

というのも、上流工程は基本的には常駐先企業の社員が行うので、SESで派遣されるエンジニアは派遣先で底辺の仕事だけをさせられることが多く、スキルアップが難しくなっています。

一方で受託開発や自社パッケージの開発をしている企業では、プロジェクトを自社で管理しているため、全ての工程を担当することができ、スキルアップがしやすい環境が整っています。

フルスタックエンジニアを目指されていたり、仕事の幅を広げたいと考えている方、プロジェクトのマネジメントをしていきたい方はこのような自社開発の企業に転職されると良いと思います。

元請け企業かどうかの確認をする

自社開発の企業であっても、下請け企業の場合は、上流工程が全て上の階層の企業に奪われてしまいますので、底辺の仕事しか請けれない場合があります。

そのため、できるだけ元請けの企業をターゲットに転職先企業を探されると良いでしょう。

元請け企業は大手ばかりではなく、意外にも中小企業でも多々ありますので、地道に探されることをおすすめします。

ちなみにSESでも元請けであれば、上流工程を担当させてもらえるチャンスがありますので、元請けか下請けかでキャリアのステップアップができるかが決まるといっても過言ではありません。

SESも案件の種類が豊富で選べれば、むしろ社内で仕事をするよりも価値の高いスキルを広く身につけることができます。

ITエンジニアの転職を成功させる方法

ITエンジニアの転職を成功させる方法

ITエンジニアの転職の際にはつらい現実や注意すべき点が多々ありました。
最後にITエンジニアの転職を成功させる方法をまとめていきます。

転職の目的をはっきりとさせる

まず転職の目的をはっきりとさせましょう。

例えば、給料アップが狙いなのか、スキルアップが狙いなのか、このあたりがブレると転職をしても良い思いをしません。

また、先ほど注意したように、給料アップ狙いでも大幅にアップさせることは難しいこと、スキルアップであればSESはNGであることを念頭に置く必要があります。

筆者も給料アップを狙って転職活動をしていたこともありましたが、今よりも忙しくなるうえに給料が変わらないというところもありました。

「隣の芝は青く見える」とよく言いますが、実は今いる企業が比較的良い待遇であることも多いです。

自社開発やスタートアップ企業

転職先としては、自社開発企業やWeb系のスタートアップ企業を狙うと良いでしょう。

これらの企業では自社でプロジェクトを管理しているため、残業はさほど低めに抑えられていますし、様々な仕事や工程の経験をすることができます。

また、一部の中小企業やベンチャー企業であれば、大企業とは異なり、待遇も融通を利かせてもらえる場合がありますので、交渉もしやすいです。

転職理由の本音が「人間関係」であれば、これらの点はあまり重視しなくても良いかもしれませんが、前向きな理由の場合には、転職先企業をよく絞り込んでおくと良いでしょう。

エージェントを使い効率アップ

「自社開発企業」や「Web系のスタートアップ企業」に狙いを絞って探すことは自分ひとりでは少し難しく、時間もかかると思われます。

ここでは転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントでは、こうした案件探しや企業との交渉を代わりに行ってくれますので、時間を節約することができますし、機会損失も出さずに済みます。

また、大手企業などでは転職エージェントだけの非公開案件があるため、こうした案件も拾うことができます。

それぞれのエージェントで得意とする分野が異なりますので、いくつか登録をして、自分に合うエージェントを見つけられると良いと思います。