未経験からITエンジニアへ転職する際に準備すべきこと【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

未経験からITエンジニアへ転職する際に準備すべきことを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 未経験者のITエンジニアへの転職の実態を知りたい
  • 未経験者のITエンジニアへの転職で重視される点を知りたい
  • 未経験からITエンジニアへ転職する際に準備すべきことを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、未経験者のITエンジニアへの転職の実態と重視される点を解説し、未経験からITエンジニアへ転職する際に準備すべきことをまとめています。

未経験者のITエンジニアへの転職の実態

未経験者のITエンジニアへの転職の実態

まずは未経験者のITエンジニアへの転職の実態を、現役エンジニア兼面接官という立場から、解説していきたいと思います。

IT業界は二つの意味で人手不足

現在、IT業界は二つの意味で人手不足となっています。

一つはITの労働市場に参加する絶対的な人口が少ないということです。

経産省によれば、IT人材は現在数十万人の規模で不足しており、2030年には需要に対し約60万人、一説によれば80万人ほど不足するとのことです。

これなら未経験者にとっては朗報かと思いきや、もう一つの事実もあります。

それは、応募者の質が悪くて、人手をまかなうことができないということです。

これは私の会社でも実感していることですが、未経験者枠に応募してこられる方は決して少なくはないです。

しかし、本当にプログラミングのプの字も知らないような方ばかりが応募してくるため、採用に至らないケースが多く、応募者はいても人手不足という現状になっています。

いくら未経験者枠といえども、誰でも良いというわけではないということです。

開発スキルがないと雇いにくい

では、なぜプログラミングのプの字を知らない、完全な未経験の方ですと企業側は雇えないのでしょうか。

その理由は実は単純で「教育コストがかかり投資リスクがあるから」です。

企業は学校とは違うので、未経験から一人前になるまで教える間もその人に対し給料を支払わなくてはいけません。

一人前になった後で仕事を振って取り返せれば良いですが、実際には適性がなくて途中で辞めていってしまったり、ようやく一人前になろうとしたところで転職してしまったりなど、何かと回収のリスクが高いのです。

この点、多少でも開発スキルがあれば、雇う時点で仕事の適性は確認できますし、少ない教育コストで、早く仕事をしてもらうこともできます。

このように完全未経験で人を雇うのは新卒・中途採用問わずにリスクがあることなのです。

そのため、開発スキルがあることをアピールすることは、ITエンジニアへの転職においてはとても重要になります。

専門性が高くなって初めて高給

IT業界は給料が良いから、という理由で転職をしてくる方は多いです。

たしかにIT業界はお金が集まってきやすいですし、専門性が高い業界のため、他業界に比べると給料は高いです。

ところが、初任給や未経験のうちは、他の業界と変わらないどころか、前職の給料よりもかえって低くなる可能性が高いです。

その理由は前述したとおり、未経験のうちは企業側に教育コストがかかるからです。

企業側はお金を払う上に、教育をしなければならず、その間は一人前の仕事をしてもらうことができないのです。

このように考えれば当然といえば当然ですが、どの業界でも未経験で参入するときは同じなので、転職直後の給料の低さは我慢しましょう。

未経験者のITエンジニアへの転職で重視される点

未経験者のITエンジニアへの転職で重視される点

次に、こうした実態の中で、未経験者のITエンジニアへの転職で重視される点を解説したいと思います。

開発スキルや実務経験有無

開発スキルや実務経験があるかということは、企業側の投資リスクの軽減や利益への貢献につながっていくため、転職時には間違いなくまず第一に重視されます。

ここで「開発スキルならわかるが実務経験は未経験なのにあるわけないだろう」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、実務経験は未経験者でも積むことができます。

例えば、プライベートでWebサービスを開発し運用したり、転職前の職場でプログラミングを駆使して業務効率化などを図れば、実務経験として評価される場合があります。

また、これらの経験によって、開発スキルがあるということを証明することもできます。

逆に経験がなければ、開発スキルがあることなどは単なる自己申告でしかないため、企業側も初めて顔を合わせる相手を信用できません。

実務経験がない場合は年齢

どうしても何らかの開発の経験を積むことができなければ、年齢が非常に若い場合には、受け入れてもらえる可能性もあります。

ただし、この場合はSESの要員として、主に他社に派遣するために雇われる場合が多いです。

この場合、いくら使えない人材であっても、企業側は派遣先企業から確実にお金を得ることができますし、人手不足のため短期であれば受け入れてくれる企業も多いからです。

しかし、SESでは底辺の仕事しかさせてもらえないことも多いので、キャリアの初期においては自社でプロジェクトを管理している自社開発企業や受託開発企業に転職することをおすすめします。

自社開発や受託開発の場合は、全体的に求人案件数が少なく、転職の難易度が上がりますので、将来を考えた転職をされたい方は、やはり経験を積んでおいた方が良いでしょう。

仕事の適性や社風の適合性

能力的なところ以外では、仕事の適性や社風の適合性の点が重要になってきます。

仕事ができても社風と合わなければ長続きしないでしょうし、例えば、AIエンジニアになりたいのにWeb開発専門の企業に行っても無意味でしょう。

一方、仕事の適性については、未経験者の場合に特に心配される点です。

受け入れても仕事が合わずにすぐに辞められたり、ミスを繰り返してしまったりなど、企業側にとってもリスクが高いからです。

これは開発スキルや実務経験があることでパスできる懸念点なので、企業側は未経験者といえどもなんらかの形で開発との接点がある経験者を優遇しています。

未経験からITエンジニアへ転職する際に準備すべきこと

未経験からITエンジニアへ転職する際に準備すべきこと

以上を踏まえて、最後に未経験からITエンジニアへ転職する際に準備すべきことをまとめます。

①自己分析とキャリアプラン

そもそも論になってしまいますが、ITエンジニアへ転職をする場合には、自分が本当にITエンジニアに向いているのかをもう一度考えてみましょう。

そのためには自己分析から行っていく必要があります。

自己分析の簡単な方法は、自分が何をしているときが最も楽しさややりがいを感じるか、を考えてみることです。

もちろん「仕事じゃなければやらない」という方も多いと思いますので、「仕事としてやるならば」という前提付きでの想像で良いです。

自己分析を行うと、いくつか自分に合う仕事の候補が出てくると思いますので、その中で将来設計がしやすいものを選びましょう。

その際にキャリアプランを作り、最初に選んだ仕事から最後にはどのような仕事をしていたいかまでを大まかに計画してみましょう。

これが転職活動をするうえでの原動力となり、志望動機や自己PRの下地となってきますので、初心を忘れずに大事にしていきましょう。

②プログラミング学習と開発

「自己分析とキャリアプラン」のプロセスが終わったら、次にプログラミングの学習をしていきましょう。

プログラミングは実際に何か作りたいものを決めてから、学習を進めていくと、より効率的にスキルが身につくと思います。

プログラミングを学習するだけですと、企業側は開発スキルがあるかの確認が取れませんし、自分自身も不安でしょうがないでしょうから、できればプログラミングを使って何か開発すると良いと思います。

例えば、Webサービスの開発であれば、ブログのようなメディア系サイトや婚活サイトのようなマッチングサイトが作りやすいのでおすすめです。

独学では量が多く厳しいと感じた場合には、プログラミングスクールを利用することも検討されると良いでしょう。

プログラミングスクールでは、現役のエンジニアがマンツーマンでプログラミング学習の指導をしてくれるだけでなく、Webサービスの開発の支援もしてくれるからです。

③エージェント等で転職活動

プログラミング学習や開発の経験を積めたら、いよいよ転職活動を始めていきましょう。

転職活動は、自分で求人サイトの案件を一つひとつ確認しながら探していくよりは、無料で利用できる転職エージェントに任せると良いと思います。

転職エージェントでは、自分に担当者がついて、最適な求人案件を探し出してくれるうえ、企業との交渉も代わりに行ってくれるので、時間の節約にもなりおすすめです。

転職エージェントの役割のイメージがつきにくい方は、例えば、一人暮らしなどで物件を探すことを想像してみましょう。

初めのうちは自分でsuumoなどのサイトで調べることもしますが、その後は結局不動産屋さんに探すのを手伝ってもらいますよね?

不動産屋の場合は仲介手数料を取りますが、転職エージェントでは企業側からお金をもらう仕組みなので、求職者に対する請求はありませんので、この点とてもお得です。

注意点としてはエージェントは自分たちの都合で動く場合もありますので、案件の偏りがないように、複数のエージェントを利用することで、良い案件を取り逃がさないように適切にアンテナを張っておくと良いでしょう。