【IT】エンジニアの転職の回数が多い理由とは【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

エンジニアの転職の回数が多い理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • エンジニアの転職の回数が多い理由を知りたい
  • エンジニアの転職で重要なポイントを知りたい
  • エンジニアの転職を成功させる方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、エンジニアの転職の回数が多い理由と転職で重要なポイントを解説し、エンジニアの転職を成功させる方法をまとめています。

エンジニアの転職の回数が多い理由

エンジニアの転職の回数が多い理由

エンジニアは他の職種と比較しても転職の回数が多い傾向にあります。
まずは、その理由を3つ挙げ、解説したいと思います。

残業が多い

エンジニアは他の職種と比べると、残業が多い傾向にあります。

IT業界は残業が出るところがほとんどなので、プライベートをある程度犠牲にしてでも稼ぎたいという方は別ですが、やはりワークライフバランスを大事にする人が最近は多くなって来ていますので、毎日終電は避けたい方が多いようです。

私の同僚も残業が多すぎてつらくて今の会社に転職して来たようなので、残業が多いエンジニアの市場では、転職の回数も多くなってしまいがちです。

中には残業代を出すと言っているのに全く出してくれないという悪質な会社もあるようなので、そういう会社に出会ってしまった場合には、すぐにでも転職すべきだと思います。

中途採用中心

エンジニアの求人案件は、他の職種に比べると中途採用の求人案件が多いです。

大企業においても、営業と並んで情報システム部の人材を募集しているのをよく見かけます。

実際に私自身も、経験年数が3年にも満たないうちに、大企業の情シスの案件に応募し、内定を頂けたので、エンジニアの場合は中途採用でもさほど難易度が高くないように思えます。

日本企業は、総合職や一般職の仕事がとても多いですが、これらは新卒で採用することが主流であるのに対し、エンジニアに関しては中途採用でも積極的に採用しています。

中途採用でこれだけの案件数があるのは、やはりキャリアの途中でプランを見直す方の受け皿になっていると思いますので、エンジニアは選択の幅が広いという意味でも、他の職種に比べて転職が盛んになっているのだと思われます。

人手不足で案件多数

現在IT人材は数十万人単位で不足しており、経済産業省によれば2030年には約60万人もの人材が不足すると推計されています。

そのため、求人案件が求職者数よりも多くあるので、より良い環境や待遇で雇ってくれるところにエンジニアは流動的に移動しています。

実際にビズリーチなどに登録してみるとわかりますが、直接企業からオファーが来ることも珍しくないので、ちょっとでも今より良い案件があると、すぐに転職してしまうという方も多いです。

このような理由から、総合職や一般職と異なり、エンジニアは一つの企業に長くいない傾向が強いので、回数を気にして転職活動をする必要はないと思います。

エンジニアの転職で重要なポイント

エンジニアの転職で重要なポイント

次に、エンジニアの転職で重要なポイントを解説します。

未経験の場合実務経験の目安は3年

未経験の場合は、実務経験3年を目安に転職活動をされると良いでしょう。

「石の上にも三年」というように、このことわざはあながち間違いではなく、大体3年でエンジニアとしても一人前の人材になることができます。

実務経験3年は正社員としての転職だけでなく、フリーランスエンジニアとして独立する際にも一般に目安とされる年数ですので、どのキャリアプランに対しても大体共通して言えることです。

経験者の方については、年数にこだわる必要はあまりなく、有意義に仕事ができなくなったタイミングで転職をされると良いでしょう。

キャリアアップにつながっているか

転職をする際は、前向きな理由で転職をするようにしましょう。

その中でも、キャリアアップにつながっているかはとても重要なポイントになります。

例えば、今までと同じ仕事を新しい転職先でもしていたとしたら、人材としては何も成長しませんよね。それでは、給料アップにもなりませんし、生き残りも難しくなってきます。

したがって、目先の給料だけではなく、自分がエンジニアとして成長できる環境であるかどうかも転職活動時はよく確かめた方が良いでしょう。

転職の目的がはっきりとしているか

転職活動をする前に、必ず転職する目的ははっきりさせた方が良いです。

実際に、給料アップやキャリアップのために転職活動を始めたのに、途中で「一部上場企業で働きたい」などと転職活動の軸がブレているような方を見かけますが、このような方は転職の目的があいまいで流されやすいので、人に洗脳されやすいですし、転職しても後悔したり、またすぐに転職したりする可能性が非常に高いです。

したがって、本当に今転職すべきなのかどうか、よく考え、必ず目的をはっきりさせてから、転職活動を始めるようにしましょう。

エンジニアの転職を成功させる方法

エンジニアの転職を成功させる方法

最後に、エンジニアの転職を成功させる方法をまとめます。

現職で実績を上げる

エンジニアで転職を成功させるためには、まず現職で実績を上げましょう。

当たり前ですが、採用時に企業が見るものは「その人材が会社にもたらす利益」であって、エンジニアの場合は開発の経験や実績で判断されることになります。

未経験で実績が何もないという方も、自分のWebサービスやGithubに公開できるようなアプリケーションを開発して、それをポートフォリオに載せ、実績としてみましょう。

もし現職でプログラミングを通じて業務効率化を図れそうな場合には、例えば、ExcelVBAを活用して作業の自動化などを行っても、実績として認められると思うので、それでも良いと思います。

このように、エンジニアの場合は、とにかく開発スキルがあることを証明することが重要なので、必ず事前準備をされることをおすすめします。

キャリアプランを立てる

転職の目的の明瞭化やキャリアアップの実現に向けて、キャリアプランを立てることをおすすめします。

例えば、現在プログラマーであれば、要件定義や設計などの上流工程にも参加できるようなポジションの仕事を見つけて、エンジニアになれるようにすることも一つの計画になります。

既に現在エンジニアの方であれば、今流行りのクラウド(AWS・GCP等)や機械学習系の案件に携わって専門性を上げて、エンジニアとしての価値をさらに磨くというのでも良いと思います。

こうしたプランがあることによって、初めて転職に意味を見出すことができるからです。

複数のエージェントに登録

転職活動時には、自分で案件を探すのではなく、転職エージェントに登録することがおすすめです。

おそらく現職がある人がほとんどだと思いますので、時間を見つけて案件を探すことは難しい場合が多々あります。

転職エージェントは、こうした案件探しや企業側との交渉を、担当者がついてくれて代わりに行ってくれるサービスで、基本的には無料で依頼できるので、躊躇なく利用すると良いと思います。

ただし、転職エージェントは、担当者によって相性もありますし、案件の偏りもありますので、複数のエージェントに登録することをおすすめします。

もしキャリアプランが上手く決められない場合には、エージェントに気軽に相談してみましょう。エージェントは業界を知り尽くしているので、適切なアドバイスをしてくれるからです。