IT土方が成長できない理由と脱出するための転職方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

IT土方が成長できない理由と脱出するための転職方法を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • IT土方が成長できない理由を知りたい
  • IT土方から抜け出すためのポイントを知りたい
  • IT土方から脱出するための転職方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、IT土方が成長できない理由と抜け出すためのポイントを解説し、IT土方から脱出するための転職方法をまとめています。

IT土方が成長できない理由

IT土方が成長できない理由

まずは、IT土方が成長できない理由を理解していきましょう。

ヒエラルキーの最下層

まず、IT土方とは、IT業界のヒエラルキーの最下層に位置する人たちのことを指します。

例えば、プログラマーは、上から指示されたとおりにプログラムを書いていくので、今では末端の方がやる仕事となりました。

昔はプログラマーというと高給取りの仕事というイメージがありましたが、それは要件定義や設計などの上流工程の仕事もプログラマーに含まれていたからだと思います。

一人で開発工程の最初から最後までできる人は、今はプログラマーというよりは、エンジニアと呼ぶことの方が多いでしょう。
とはいえ、エンジニアも、プログラマーしかやらないという、なんちゃってエンジニアも最近は多くなってきましたが・・・

ただ、ピラミッド構造の末端といっても、労働環境が劣悪かというと、最近は働き方改革がなされているということもあり、そうでもありません。

定時で帰れ、ワークライフバランスが良い例も比較的多いです。

ただ、給料が低く、仕事も面白くないといった問題も同時にあるので、IT土方に不満を持つ方が多いというのが現状となっています。

単純作業しかやれない

ヒエラルキーの下層になっていけばなっていくほど、基本的に仕事は単純な作業と化していきます。

これはIT業界に限った話ではなく、「土方」という呼ばれ方をしていることからもわかるように、建設業界などでも同じです。

建設業界の場合、元請が仕事を取り、それから1次下請、2次下請とピラミッド構造のようになっていき、階層がn個あるとすれば、実際に末端の作業をするのは、n次下請業者ということになります。

これと同じ構造をIT業界もとっていますので、末端は待遇も悪く、単純な仕事をさせられる傾向が強くなっています。

単純作業をずっと続けていると、行動をしなければキャリアアップの可能性がゼロに近くなってしまうため、給料をアップさせたり、ヒエラルキーの上層に行くことが困難になってきます。

待遇をよくしていくためには、最下層の現在のポジションから抜け出す必要が出てきます。

年齢が増すと尚厳しい

若いうちはIT土方の期間が多少でもあることはやむを得ません。

逆に20代で下積み時代がない人など皆無でしょう。

しかし、それを例えば40代まで続けていたとしたら、いよいよ抜け出すことが困難になっていきます。

向上心がない方、嫌々仕事をしている方、野心がない方など、開発業務にあまり携わりたくないと思っている方を中心に、実際に多くの方が年を取ってもIT土方のまま仕事を続けています。

もし自分からIT土方を脱出したいと思えば、転職するなり自己学習するなり、何らかの努力をされると思いますし、私の記事のようなコンテンツを見て情報を集めることでしょう。

そのため、この記事を読んでいる方は、年を取ってどうにもならない状況になる前に、IT土方から脱出をすることをおすすめします。

IT土方から抜け出すためのポイント

IT土方から抜け出すためのポイント

次に、IT土方から抜け出すためのポイントを解説していきます。

上流工程へとシフト

繰り返しますが、IT土方はヒエラルキーの最下層に位置するため、担当する開発の工程としては下流工程の単純作業の製作(プログラミング)が多いです。

これを抜け出すためには、単純に、「上流工程へシフトすれば良い」だけです。

上流工程というのは、「要件定義」「設計」「製造」「検証」の開発工程のうち、主に「要件定義」と「設計」にあたる工程になります。

大企業などの情シスの間ではこれに「企画」を追加するところもあります。

今現在所属している企業で、上流工程を扱った案件があれば、きちんとプログラミングで成果を出していれば、自然と上流工程へとシフトしていくことが可能でしょうが、下請企業の場合には、そもそも取り扱いがない場合も多く、触れる機会もないことが多々あります。

そのような場合は、IT土方を抜けるために転職活動が必要になってきます。

まずは今の企業で上流工程ができるかを確認しておきましょう。できなければ、それが転職・退職の理由になってきます。

開発力よりも想像力

IT土方を脱するには、プログラミングスキルを身につけて開発力を養うよりも、上流工程の「要件定義」や「設計」で役に立つ想像力を身に付ける方が大切です。

プログラミング、特に決まった形でプログラムを書くという行為は、そこそこ時間をかければ誰でもできます。

しかし、クライアントからヒアリングをしたり、業務フローからアルゴリズムを考えたりすることは発想や想像のスキルが必要になってきます。

これは「教科書」のようなものがなく、実務で覚えていくことなので、繰り返しにはなりますが、想像力を養える上流工程の仕事を転職時に選ぶようにしましょう。

元請企業へ転職する

土方という建設業界のワードの由来のとおり、下請企業にいる間はIT土方を抜け出すことは難しいです。

そのため、できる限り階層の上の方に移るために、元請企業に近い企業に転職するようにしましょう。

「NTTデータ」や「富士通」、「日立製作所」がITの三大元請企業となっていますが、ここに就職することは非現実的な方がほとんどでしょう。

実際に、別にここまで大企業でなくても、元請で仕事を受けている会社は結構ありますので、中小の受託開発企業なども含めて探されると良いと思います。

人手不足のため、中小であれば、意外と元請企業の求人案件は見つかるものです。(実際に私がそうです。)

IT土方から脱出するための転職方法

IT土方から脱出するための転職方法

最後に、IT土方から脱出するための転職方法をまとめます。

Web系のスタートアップ企業がおすすめ

IT土方から脱出する場合、最もおすすめなのが、Web系のスタートアップ企業に転職することです。

Web系のスタートアップ企業の場合、スタートアップなのでまず就職がしやすいですし、最初から最後まで自社だけで開発を行っているので、最下層で終わることもありません。

さらに、こうしたスタートアップ企業などではフレームワーク開発や高速開発も経験できるので、他の企業に転職しようと思った際に、即戦力として採用されやすいです。

また、現在はWeb系の案件が大半を占めています。

そのため、Web系のスタートアップ企業で実務経験後、フリーランスエンジニアになることもしやすく、キャリアイメージを描きやすいこともあり、Web系のスタートアップ企業はおすすめとなっています。

受託開発もありだが、値下げ競争が進む

Web系のスタートアップ企業の次点におすすめなのが、受託開発を行っている企業です。

私の所属する企業もそうですが、中小企業でも直接大企業から受注する元請企業が多いです。

こういう場合には、規模は小さいかもしれませんが、上流工程から参加ができるので、SESでは経験できないような工程を自分が担当することも可能です。

ただし、受託開発も最近は値下げ競争が激しいので、給料が安いことも多いですし、企業としてもSES事業などを兼ねて採算をカバーしているところが多いです。

とはいえ、目先の給料よりも、経験を積むことの方が後のキャリアにも影響していきますから、若いうちは経験を取るべきです。

したがって、Web系のスタートアップ企業では内定をもらいにくい場合は、受託開発も視野に入れると良いと思います。

転職エージェントを活用して案件を掴む

Web系のスタートアップ企業や受託開発で元請となっている企業の案件を見つけるには、自分で探すには少し難しいかもしれませんし、時間がかかることが多いです。

そのため、案件探しや企業との交渉は全て転職エージェントに任せてしまうことをおすすめします。

任せる際には、「上流工程の経験をしたい」と事前に転職活動の主旨を伝えておくことで、エージェントの方は全てを理解してくれると思います。

なお、転職エージェントは複数登録することをおすすめします。

その理由は、一箇所だけですと、担当者の裁量や相性によって、案件に偏りが生じる可能性があるからです。

せっかくの転職が失敗し、後で後悔することだけは避ける必要があります。