【ITエンジニアへの転職】内定を得るための面接対策【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ITエンジニアへの転職で内定を得るための面接対策を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ITエンジニアへの転職の面接で聞かれることを知りたい
  • ITエンジニアへの転職の面接時のポイントを知りたい
  • ITエンジニアへの転職で内定を得るための面接対策を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、面接官も務める現役のエンジニアが、ITエンジニアへの転職の面接で聞かれることと面接時のポイントを解説し、内定を得るための面接対策をまとめています。

ITエンジニアへの転職の面接で聞かれること

ITエンジニアへの転職の面接で聞かれること

まずは、ITエンジニアへの転職の面接で聞かれることを、面接官の立場から解説していきたいと思います。

志望動機

面接では志望動機は十中八九聞かれます。

志望動機は、主に以下のことがわかるように、練ると良いでしょう。

  • なぜこの業種か
  • なぜこの職種か
  • なぜこの会社か
  • やりたい仕事は何か
  • 未来のキャリアイメージ

その会社への志望動機と言ったら、一般にはこれらの内容を採用側は知りたいはずです。

詳しくは後述しますが、これで応募者と企業のマッチング度合を計りたいわけです。

採用枠に対し応募者の方が多いような、いわゆる「落とす面接」であれば当然マッチング度合が低ければ落とされますし、逆に人手不足のポジションであれば、マッチング度合が低くても内定をもらえることがあります。

志望動機だけでは、確実に内定を取れる、もしくは確実に落ちるとまでは言い切れませんが、マッチング度合をなるべく高めるように志望動機をまとめることが重要であることは言うまでもないことでしょう。

自己紹介(自己PR)

「手短に自己紹介をお願いします」

面接の場でこのように言われる確率は、志望動機と合わせて、かなり高いと思います。

理由は簡単で、採用側の人間にとっては、あなたは見ず知らずの人間だからです。

自己紹介を通じて、その人の喋り方や表情の雰囲気、考え方や思考方法などがわかり、会社の風土に合うかどうかの判断や仕事ができそうかどうかなどの判断をおおまかにすることができます。

もちろん志望動機と同じでこれが全てではなく、例えば、人柄がとても好印象だったとしても、スキルがなければ採用は難しいですし、同じような人が複数いた場合には、いまひとつ決定打に欠けます。

しかし、ITエンジニア転職であれば、「コンピュータが好きか」「日々コンピュータを触っているか」「好奇心旺盛か」というようなところは自己紹介(自己PR)の中で間違いなくチェックされますので、この点だけは最低限アピールに盛り込んでおくと良いでしょう。

能力と適性

いくら志望動機や自己PRの内容がよくても、能力と適性がなければ、内定をもらえないということは多々あります。

完璧な人間などいませんが、応募者が複数人以上いる場合には、どうしても絞り込むために条件が厳しくなっていくものです。

ITエンジニアの場合は、絞り込むという理由だけでなく、プログラミングスキルがないと何も仕事ができないということもありますし、さらに適性もないと投資コストが水の泡になってしまうリスクがあるため、採用側は必ず能力と適性は重視すると思います。

この判断は主に業務経歴書やポートフォリオに目を通し、確認されることになると思います。
実務経験があれば当然業務経歴書に載せることができますし、実務未経験でもプライベートでの開発をポートフォリオに載せることもできます。

完全未経験の場合は、事前の勉強は必須となりますので、できるだけ即戦力の人材であることを証明しましょう。

ITエンジニアへの転職の面接時のポイント

ITエンジニアへの転職の面接時のポイント

次に、ITエンジニアへの転職の面接時のポイントを解説していきます。

部署や会社の方向性と合う人材かどうか

面接官は、志望動機や自己紹介(自己PR)などを通じて、応募者が募集部署や会社全体の方向性と合う人材かどうかを判断します。

例えば、会社がVBなどで業務システムを開発する仕事が中心となっているのに、応募者がWeb系を志望されても難しいのは一目瞭然ですよね。

あるいは会社がWeb系で自分もWeb系であったとしても、SES要員を募集しているような場合に、具体的に開発したいものを発言したところで、クライアントありきの仕事のため、何の意味も持たないでしょう。

このように、採用側企業の視点に立って考えると、どのように志望動機や自己PRをまとめてよいかがわかってくると思います。

職務を全うするのに必要な知識やスキルがあるか

志望動機や自己PRだけでは、応募者に、職務を全うするだけの必要な知識やスキルがあるかまでは把握できません。

通常、ITエンジニアの中途採用の場合は、これを度外視して採用することはまずないので、「スキルや適性があるか」という点も絶対に見られると思って頂いて間違いないでしょう。

もちろん口頭でただ「勉強してきましたよ!」と言うだけでは通用しないので、実際に仕事を任せられるレベルにまで達しているという確証が持てるような実績が何かしら必要になります。

ITエンジニアの場合、例えば、「前職で業務効率化のためにExcelVBAを使って作業の自動化を行った」というのでも良いと思いますし、プライベートで「Githubで見れるアプリやツールを開発した」というのでも問題ないと思います。

とにかくスキルや適性があるということを証明できるものを用意しておくと良いと思います。

仕事以外で一人の人間としての魅力があるかどうか

「人間としての魅力があるかどうか」

これは転職活動においても非常に大事な点だと思います。

全くの無口で何を考えているかわからない人と一緒に仕事をしたいか、と聞かれれば、ほとんどの人が首を横に振るのではないでしょうか。

人柄や性格の他にも、例えば、仕事への思い入れがあったり、キャリアに夢や目標を持っていたりなど、単純に仕事仲間としてだけでなく、個人的にもかかわりを持ちたいと思えるような人材であり続けるということは、相互尊重や共感を誘うためにも重要です。

ITエンジニアへの転職で内定を得るための面接対策

ITエンジニアへの転職で内定を得るための面接対策

最後にITエンジニアへの転職で内定を得るための面接対策をまとめています。

企業側への質問をまとめておく

面接の前には必ず企業側への質問をまとめておくと良いでしょう。

できるだけ多くの質問を考えておき、優先順位を付けて質問をすると良いと思います。

実際に、質問が全くない方というのは、当事者意識が低く、仕事のやる気も問われてしまいますので、私ならこのような方を次の面接に通過させることはまずしません。

そして、優先順位を付けるというところも重要で、例えば、思いついた質問が、その場ではどうでも良いような内容であることというのも多々あります。

そのため、優先順位を付けて、場の様子を見ながら順番に質問を投げて行き、質問する内容を臨機応変に調整していくと良いと思います。

単純に数だけで判断はしませんが、基本的には質問が多ければ多いほど、採用側は会社や仕事について真摯に考えてくれているイメージを持ちます。

企業研究を行い、マッチングポイントを整理

その企業のポジションに対し応募しているにもかかわらず、その企業のことを何も知らないなんて論外ですよね。

したがって、必ず面接の前までには企業研究を行い、会社概要や事業内容、財務諸表、その企業の市場での立ち位置などを確認のうえで、自分のやりたい仕事とマッチングするかどうかを見ておきましょう。

自分のやりたいことと会社のやりたいことが一致したとき、初めてマッチングが成立したと言えます。

会社のやりたいことは事前に会社のホームページや求人案件の内容でわかっていますから、面接の前までに必ず確認して、すり合わせを行っておくことで、内定獲得の確率もかなり上がって来ると思います。

プログラミングのスキルを身につけておくことは大前提

ITエンジニアの場合、開発業務を行うためにプログラミングのスキルは必須になります。

そのため、完全未経験などの場合には、必ずプログラミングのスキルを身につけてから転職活動を行うようにしましょう。

独学では難しいという場合には、プログラミングスクールを利用することも一つの手段です。

プログラミングスクールでは、プログラミング学習の指導のみならず、現役のエンジニアが自分の作品の開発を支援してくれるところもありますので、学習とあわせて実務経験に近しい実績も作ることができます。

詳しくは別の記事で解説していますので、興味があればご覧ください。