ITで高収入狙うならフリーランスエンジニア転職がおすすめ【現役エンジニア推奨】

PROGRAM

ITで高収入狙うならフリーランスエンジニア転職がおすすめの理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ITで高収入を狙うならフリーランスエンジニアへの転職がおすすめの理由を知りたい
  • フリーランスエンジニアになるにあたって大事なポイントを知りたい
  • フリーランスエンジニアになる方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ITで高収入を狙うならフリーランスエンジニアへの転職がおすすめの理由とフリーランスエンジニアになるにあたって大事なポイントを解説し、その方法もまとめています。

ITで高収入を狙うならフリーランスエンジニアへの転職がおすすめの理由

ITで高収入を狙うならフリーランスエンジニアへの転職がおすすめの理由

ITで高収入を狙うならフリーランスエンジニアへの転職がおすすめです。
まずはその理由を解説していきたいと思います。

年功序列のため、会社員では限界がある

日本の企業、特に大企業の場合は、年功序列制が未だに根強く残っており、若くて優秀な人材でも高い給料を得ることが難しい仕組みとなっています。

とはいえ、この年功序列制は悪しき慣習というわけでは決してなく、長く働いてもらうために、キャリア後期の雇用を守る仕組みでもあります。

しかし、若くて優秀な方の場合はもっと稼ぎたいと考えているはずです。そういう方には会社員ではなく、フリーランスがおすすめになります。

数あるITの職種の中でも、フリーランスとして活動していくなら、エンジニアがおすすめです。

エンジニアは人手不足感の強い職種であるうえに、スキルが重視されるため、比較的稼ぎやすい仕事だからです。

また、開発現場は若い人が中心のため、若くて優秀な方にはなおのこと適している職種となっています。

フリーランス案件は高単価

フリーランス向けの業務委託案件の単価は、会社員時代と比べるととても高いものとなっています。

次のグラフをご覧ください。

フリーランスエンジニア単価図

このグラフはレバテックなどを運営するレバレジーズ株式会社によって、2016年に調査されたフリーランスエンジニア向け業務委託案件の契約単価(1ヶ月単価)のグラフです。
出所:レバレジーズ株式会社『フリーランスエンジニア市場動向レポート』

たしかに単価の下限は20~39万円という会社員時代と同等の金額帯の方も存在していますが、全体の中ではわずか2.7%であり、残り97.3%の方は40万円以上の給料を受け取っていることになります。

さらに、最も多い金額帯は60万円台となっていますので、会社員時代と比べると2倍以上の差がある方も多いと思います。

このように、フリーランス案件の単価は高単価なものが多いため、高収入を狙うのであれば、明らかにフリーランスになることがおすすめです。

会社を設立すれば経費利用もできる

フリーランスは自営業のため、自分の会社を設立することもできますし、経費利用もできます。

実際には、一人社長で会社を経営している方も多く、税金対策や対外的な理由で会社を立てるフリーランスの方が多いです。

対外的な理由とは、会社対会社(BtoB)でないと業務委託ができないところもあるからです。

コンプライアンスが重視される上場企業ではこうしたケースが多く、私の場合も副業としてやっていく中で会社設立を求められたこともあります。

会社員時代では自分の会社を立てるということができないため、フリーランスになることによって自由度がかなり上がります。

単純に稼ぎが多くなるということもありますが、自由度を求めて独立する方も多いでしょう。

フリーランスエンジニアになるにあたって大事なポイント

フリーランスエンジニアになるにあたって大事なポイント

ここまでで、フリーランスエンジニアになることで高収入が実現できることがわかりました。
次にフリーランスになるにあたって大事なポイントを解説しておきたいと思います。

高単価だが失業リスクがある

フリーランスがおすすめの理由としては、フリーランス案件が高単価であるから、ということを挙げてきました。

当然そこだけを見ると、全てのエンジニアがフリーランスになったほうが良いのではないかという結論に至りますが、実際にはそうではありません。

まず、フリーランスという働き方では、会社員時代とは異なり、案件がなくなると「失業」状態になってしまいます。

例えば、A社での開発の仕事が終了した後、1ヶ月後にB社での開発が決まったとしましょう。

その場合、間の1ヶ月間は無給の期間となってしまいます。これは現実的には起こりえます。

SESでもスキルの低いエンジニアは社内待機を余技なくされますよね、あれと同じです。

ただ、大きな違いは、会社員時代は待機中でも給料が出ますが、フリーランスでは出ないということです。

言い方を変えれば、フリーランスは、短期の契約で失業リスクがあるからこそ単価が高いとも言えます。

需要のあるスキルを持つ必要

フリーランスエンジニアとして案件を途絶えさせずに、継続して受託するためには、需要のあるスキルを持っておく必要があります。

プログラミング言語別の業務委託案件数

出所:レバレジーズ株式会社『フリーランスエンジニア市場動向レポート』

こちらのグラフもレバレジーズ株式会社によるレポートの一部になりますが、フリーランス向けの業務委託案件はPHPやJavaなどWeb系のプログラミング言語の案件が多いことが見て取れると思います。

そのため、フリーランスになるのであれば、需要に合わせてWeb系のスキルを身につけることが最も効果的だと思われます。

一方で、案件数は少ないものの、AIエンジニアのように、案件数が少ないが高単価なものにも手を出すという戦略も良いとは思います。(ただし、キャッチアップの難易度は高いです。)

スキルの継続的な研鑽が必要

IT業界では流行り廃りが激しい業界となっており、特にWeb系ではそれが顕著となっています。

3年前に使っていたフレームワークが、今ではほぼ使われてないということはざらにあります。

また、クラウドが盛んに使われているので、これらのキャッチアップを怠っていると新しい案件への対応ができなくなる可能性もあります。

例えば、Web系の開発では、AWSやGCPといったクラウド環境での開発がしばしば行われるので、アプリケーションの開発エンジニアであってもAWSやGCPを使えるようにはしておいた方がよいでしょう。

これらに限らず、今後はどんなものが出てくるかわかりません。

例えば、量子コンピュータの時代になれば今の暗号技術の多くはダメになるため、IT全体的に今の常識が通用しなくなる可能性が高いです。

フリーランスになるのであれば、広く浅くこういった情報を収集し、どういった戦略を取りながらキャリアを進めていくかを常に考えていく必要があります。

フリーランスエンジニアになる方法

フリーランスエンジニアになる方法

以上を踏まえて、最後にフリーランスエンジニアになる方法をまとめていきます。

未経験ならプログラミングを学習しよう

エンジニアにとって開発スキルは命です。

未経験であれば、必ずプログラミングスキルを習得するようにしましょう。

学習方法については、具体的に作りたいものを決め、それに向かって学習を進めていくやり方が最も効果的です。

学ぶ対象は先程も触れましたが、需要面から言ってWeb系のプログラミングを学ぶと良いでしょう。

Web系では、PHPやJavaといったサーバーサイドの言語だけでなく、HTMLやCSS、JavaScriptなどのフロントエンドの言語も要求されるため、学ぶ量はちょっと多く感じるかもしれません。

もし独学では難しいようであれば、プログラミングスクールを利用することも検討すると良いと思います。

プログラミングスクールでは、現役のエンジニアがマンツーマンでプログラミング学習の指導をしてくれるとともに、転職に役に立つWebサービスの開発の支援もしてくれますので、多くの不安を取り除くことができると思います。

会社員エンジニアとして実務経験を積む

プログラミング学習が済んでも、すぐにはフリーランスエンジニアにならない方が良いです。

というより、実務経験3年未満ですと相手にされない可能性もあります。(この場合、単価の金額帯としては20~39万円となるでしょう。)

そのため、早く稼ぎたい気持ちはわかりますが、継続的に案件を獲得できるように、一旦は会社組織に入り、会社員エンジニアとして需要のある分野で実務経験を積むようにしましょう。

実務経験の年数は目安として3年程度を考えておく必要があります。

年数にこだわりすぎる必要はないですが、実際3年程度で一つの壁を乗り越え、また新たな壁が現れるので、その際にキャリアプランについて一度考え直してみることをおすすめします。

フリーランスに強い転職エージェントに登録

実務経験を3年以上積み、独立するためのスキルが身についたという確信が生まれたら、フリーランスエンジニアへの転職活動を始めていきましょう。

これまで求人サイトで自分で案件を探されてきた方も多いと思いますが、フリーランスの場合は、フリーランスの案件を多く取り扱っているエージェントがありますので、そちらを利用するようにしましょう。

  • Midworks:保障が手厚いので初めて独立する方にはおすすめです
  • ギークスジョブ:セミナーやスキルアップフォローなどのサポートが充実しています
  • レバテックフリーランス:大手エージェントのレバテックキャリアのフリーランス版です

初めての方は、まずはMidworksを使って会社員時代と同等の保障を受けながら、収入を最大化することをおすすめします。

ただし、継続しての案件獲得は初めのうちはハードルが高いので、必ず複数のエージェントに登録をしましょう。

また、仮に1箇所だけの場合、案件に偏りが発生し、獲得できる案件の幅も限られてしまうということも考えられるからです。

初めて独立される方は、事前に心配な点を担当者とよく相談されると良いと思います。