転職サイトとハローワークの求人の違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

転職サイトとハローワークの求人の違いを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 転職サイトの求人の特徴を知りたい
  • ハローワーク求人の特徴を知りたい
  • 転職サイトの利用がおすすめな理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、転職サイトの求人とハローワーク求人のそれぞれの特徴から違いを解説し、転職サイトの利用がおすすめな理由をまとめています。

転職サイトの求人の特徴

転職サイトの求人の特徴

結論から言うと、転職サイトとハローワークの求人はそれぞれ大きく内容が異なると言えます。
その違いを理解して頂くために、まずは、転職サイトの求人の特徴から解説していきたいと思います。

エージェントが動いてくれる

転職サイトはエージェントサービスを利用できるところも多く、エージェントに求人を探してもらうことができます。
また、企業との交渉なども行ってくれるところが多く、しかも基本無料のため、使い勝手が良いところが多いです。
エージェントサービスでは求人案件の紹介以外にも、応募書類作成のアドバイスや面接対策も行ってくれるところもあります。

大手企業の求人あり

転職サイトには大手企業の求人案件があります。
企業にとっては転職サイトを利用すると経費がかかってしまいますが、知名度のある転職サイトを利用することで様々な方に応募をしてもらうことを目的としています。
大手企業以外にも、ベンチャーや中小企業の求人案件ももちろんありますので、自分の目的としている求人案件を見つけやすいところが転職サイトのメリットの一つです。

面接の回数が多い

転職サイトに掲載されている求人案件は大手企業のものも含まれるため、一般には面接の回数が多いものがほとんどです。
最初は現場の担当者、次に現場の管理職、続いて本部の管理職、さらに役員、最後に社長といった選考プロセスとなるところも少なくないです。
求職者としてはなるべく楽に入れるところを選びたいと思いますが、良い企業ほど入口が固いので、しっかりと対策をしておく必要があります。

ハローワーク求人の特徴

ハローワーク求人の特徴

ここまでで転職サイトの求人の特徴を確認してきました。
次に、ハローワーク求人の特徴を解説していきたいと思います。

ホワイト企業が意外と多い

ハローワークは公的な職業紹介所であり国の機関のため、掲載されている求人には、あからさまにブラックなものはありません。
現在は働き方改革もあって、ハローワーク求人にはホワイト企業の求人案件が多く、無難に働ける仕事が多く紹介されています。
ハローワークの求人は残業時間もきちんと記載があるので、ここを見ることで大体ブラックかホワイトかを確認することができます。

大半が中小企業の求人

ハローワークの求人案件はほとんどが中小企業のもので、大手企業の求人案件はほとんどないと思った方が良いでしょう。
大手企業の求人を探されている方は、直接企業ホームページを確認するか、もしくは民間の転職サイトを利用した方が良いです。
ハローワークは首都圏以外の地方などで求人を探される方にとっては便利で、転職サイトが取り上げない地域の求人案件も紹介してくれます。

転職しやすい

ハローワーク求人は中小企業のものが大半なので、選考があっさり終わるところが多いです。
中にはいきなり社長が面接を行い、たった1回だけで内定となるところもあり、選考は比較的スムーズなところがほとんどです。
スキルもない完全未経験者が仕事を探す場合にはハローワークは適していることが多いですが、その一方で年収は低いことが多いです。

転職サイトの利用がおすすめな理由

転職サイトの利用がおすすめな理由

以上で転職サイトとハローワークのそれぞれの求人の特徴を見てきました。
最後に、転職サイトの利用がおすすめな理由をまとめていきたいと思います。

キャリアを考えた転職には必須

ハローワークは「とりあえずどこでもいいから就職したい」という目的で利用されることが多いです。
通常、年収アップや安定性を確保する場合にはキャリアを重視した転職を行った方が良いので、ハローワークよりも転職サイトの方がよく使われます。
ハローワークには専門性の高いスキルが求められる求人案件はあまりないので、経験者であればぜひ転職サイトを利用するようにしましょう。

業績の良い企業の求人がある

ハローワークに掲載されている求人案件のほとんどが中小零細企業のものなので、年収の高い求人案件はあまりありません。
一方、転職サイトは資金力のある大手企業などが多く利用しているので、業績の良い企業の求人案件を見つけることができます。
ハローワークでも転職サイトでも月給は基本的に大差はないのですが、賞与は業績依存のため大きく差がついてしまいます。

複合利用で選択肢が広がる

大手企業ではなく中小企業に狙いを定めて転職活動をされる方にとっても、ハローワークだけでなく転職サイトも利用した方がより選択肢が広がるでしょう。
転職サイトにお金をかけて採用活動をする企業は、人材に対しても投資を行う傾向があるので、ハローワークより転職サイトの企業の方が魅力的であることが多いです。
ハローワーク求人には転職のしやすさが、転職サイトの求人には選択肢の多さがあるので、目的に応じて使い分けるようにしてみると良いと思います。