【体験談】経験者のITエンジニア転職における誤解や失敗【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

経験者のITエンジニア転職における誤解や失敗を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 経験者のITエンジニア転職におけるよくある誤解を知りたい
  • 経験者のITエンジニア転職におけるよくある失敗を知りたい
  • 経験者が転職を成功させるための対策を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、経理からITエンジニアへの転職がおすすめな理由と実際に転職した筆者の体験談を解説し、経理からITエンジニアへ転職するための方法をまとめています。

経験者のITエンジニア転職におけるよくある誤解

経験者のITエンジニア転職におけるよくある誤解

まずは経験者のITエンジニア転職によくある誤解を、私自身の体験談も踏まえ、解説していきたいと思います。

給料は転職後もそこまでの大差はない

そもそも給料アップを狙って転職をされる方が大半を占めていると思いますが、ぶっちゃけ転職してもあまり給料は変わらない場合が多いです。

日本企業は年功序列の意識が依然として強いので、同じ正社員という条件での転職では、多少の上げ幅はあっても年収が数百万単位で変わるということはそうそうありません。

例えば、役職でも、転職前は係長だったのに、転職後は課長として採用されるということもそうそうないですよね?

日本企業の場合は役職が変われば給料は変わりますが、同じ年齢・同じポジションであれば、転職をしても年収が数百万上がるということはないです。

ただ、現在明らかに不当に安い給料設定をされている場合には、年収が100~200万円程度上昇する可能性はあります。

自分のスキルなんてたいしたことない

では、なぜ転職をしてもあまり給料が変わらないのでしょうか。

その理由は実にシンプルで「たいした仕事をしてないから」や「特別光るスキルがあるわけでもないから」です。

基本的には同じ労働に対しては同じ賃金が支払われます。

例えば、ローソンでアルバイトしてもセブンイレブンでアルバイトしても時給は大きくは変わらないですよね。

違う業種ならともかく、同じ業種内で転職をしたところで、同一労働同一賃金が原則なのです。

給料があまり変わらないのだとしたら、それは「自分が数百万も年収が上がるような仕事をしていない」ということだと思って下さい。

企業からのスカウトは応募のスカウト

最近では、企業から直接スカウトが送られてくることもだいぶ増えてきています。

私もビズリーチに登録をして転職活動をしていたときに、上場企業はさることながら、業界トップのSIerからもスカウトが入っていました。

スカウトがあると誰しもいい気になってしまいがちですが、このスカウトは通常、採用試験を大幅にカットするような内容のものではなく、単に「応募しませんか?」というスカウトでしかないことが多いです。

私の例ではたしかに一部の試験が免除されたところもありましたが、基本的にはスカウトされずに応募してきた人と同じ扱いで採用試験が実施されます。

そのため、別に自分の実績やスキルが評価されて三顧の礼を持ってスカウトされた、というわけではないことを頭の隅に置いておくと良いと思います。

経験者のITエンジニア転職におけるよくある失敗

経験者のITエンジニア転職におけるよくある失敗

次に経験者のITエンジニア転職によくある失敗についても解説していきたいと思います。

同程度の賃金なのにキツくなる

実は今いる会社がかなり良かったという場合さえもあります。

例えば、受託開発等では専任制でプロジェクトを進行させるところもありますし、掛け持ちでプロジェクトを回してより多くの売り上げを上げようとする企業もあります。

私の経験上、どちらの場合もほとんど同じ賃金の場合が多く、前者のタイプの企業にいたのに後者のタイプに行ってしまうと、給料が上がらないのにかえって忙しくなる、という意味のない結果にしかならない場合があります。

こうなってしまうと、あまり転職をするメリットはないのではないかと思います。

もちろん賃金や忙しさだけを基準にして企業を選ぶ人ばかりではありませんが、給料アップを第一に考えている方にとってはあまり良い話ではないのかなと思います。

最初は提示頂く年収よりも低い

転職で内定を頂くと、労働条件として想定年収を提示頂けますが、これは賞与も込みの金額であることがほとんどのため、最初の年、ひどければ2年目や3年目もこの金額に到達することがない場合があります。

例えば、20代前半で400万円の想定年収が提示されたとしましょう。これの内訳が月収25万円+賞与4ヶ月分だったとします。

現在380万円だから単純に「ラッキー」と思って転職をしたとしても、初年度は賞与が1、2ヶ月、下手すれば皆無の場合もあるので、最悪年収が300万円になってしまいます。2年目、3年目だってフルで出るかどうかもわかりません。

ですから、給料の上がり幅が地味だと転職をするとかえって稼ぎが減るということにもなりかねないのです。

「人間関係」や「労働環境」、「仕事内容」で転職をするのであれば問題ないこともありますが、「給料」第一に考えている方は転職時はこのあたりをよく考えた方が良いでしょう。

スカウトで志望理由等が適当に

企業側から直接スカウトされるなどして応募をする場合には、「適当にやっても内定をもらえるに決まっている」などと考えてしまいがちですが、実際に内定がもらえないケースも3割以上あります。

3割は私の経験に基づいた数字ですが、企業側からのスカウトは単に「応募してみませんか?」という意味の母数を増やすスカウトでしかないため、採用を約束したものではないのです。

そのため、他の応募者同様に、きちんと志望理由や自己PRを考える必要があり、応募者のキャリアプランや思惑とマッチしない場合は、採用に至らない場合が多いのです。

スカウトされると志望動機を考えることがおざなりになってしまいがちですが、自分が特別天才というわけではない限りはきちんと対策をすべきでしょう。

経験者が転職を成功させるための対策

経験者が転職を成功させるための対策

最後に、こうした誤解や失敗がないように経験者転職を成功させるための対策をまとめています。

稼ぎを増やしたいならフリーランス

ここまでの話で正社員という条件のもとで転職をしても、あまり給料は上がらないということをわかって頂けたと思います。

もし稼ぎを数百万単位で増やしたいのであれば、正社員ではなく、自営業者になり、フリーランスエンジニアとして活動されると良いと思います。

エンジニアの市場が人手不足であることは紛れもない事実ですし、フリーランスになって仕事がなくなるということは当面ないと思います。

特にスキルの研鑽を続け、真面目に仕事をしてきたタイプの方であれば、フリーランスになるデメリットはありません。

フリーランスエンジニアであれば、1ヶ月の単価が60万円台がボリュームゾーンのため、現在の2倍以上の給料になることが多いです。

正社員とは違って、業務契約で任された仕事しかしないため、雑用をやらされることもありませんから、この働き方が合うという方も非常に多いと思います。

フリーランスは、一つの業務契約が終わる前に必ず次の案件を見つけておかないといけないため、エージェントと仲良くなっておく必要があります。

大手のエージェントに登録しておくことで案件の獲得率は安定しますので、できるだけ複数登録しておくことをおすすめします。

希少価値の高い分野に手を出す必要

基本的には給料を上げたければ、みながやっているものではなく、希少価値の高い分野に手を出すべきです。

エンジニアであれば、例えば機械学習系が得意なエンジニアになったり、マネジメントに強いエンジニアになるべきです。

自分と同じような人材、すなわちライバルが少なければ少ないほど、希少価値は上がっていき、賃金も高くなっていきます。

ただし、需要のないスキルの場合には見向きもされませんので、機械学習やマネジメントといった、需要の底堅さのあるスキルを身につけると良いと思います。

自分が何をやりたいかを考えてみる

そもそも何の目的で転職をしたいと考えているか、というところに立ち返ってみることも大事です。

給料アップを狙うのであれば、フリーランスになったり、希少価値の高いスキルを持つ必要が出てきますが、給料だけではありませんよね。

例えば、「アプリ系エンジニアだったがWeb系エンジニアになりたい」や「アプリケーション開発エンジニアだったがインフラエンジニアになりたい」などであれば、給料は第一ではないと思います。

自分が何をやりたいか、をもう一度はっきりさせることが、失敗せずに転職する大きな鍵となります。