【現役エンジニアが語る】未経験からのIT転職の体験談【成功の秘訣】

PROGRAM

未経験からのIT転職の体験談を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 未経験からのIT転職の体験談を知りたい
  • IT転職のために準備したことを知りたい
  • IT転職を成功させるための秘訣を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、自身の未経験からのIT転職の体験談とIT転職のために準備したことを解説しつつ、IT転職を成功させるための秘訣をまとめています。

未経験からのIT転職の体験談

未経験からのIT転職の体験談

まずは、私自身の未経験からのIT転職の体験談をご紹介し、要点を解説したいと思います。

前職は異業種

私の場合は、前職はIT業界とは全く関係のない、異業種の商社や貿易業界で仕事をしていました。
また、そこでエンジニアとして働いていたわけでもないので、ITの実務に関しても全くの未経験という、ひどい有様でした。

しかし、コンピュータやITの技術に触れることは好きだったため、エクセルなどの業務でExcelVBAを使って業務効率化などを図り、コスト削減などの実績を少しずつ積み重ねていきました。

そのかいもあって、転職活動を始めて、1ヶ月も経たないうちに、現在所属する企業から内定を頂くことができたのです。

転職先は中小

転職先は自社開発や受託開発を行っている中小のソフトハウスでした。

業界や実務が完全未経験の場合、正直いきなり大企業に転職しようとするのはかなり無理があると思います。
大企業は実務経験を重視しており、最低でも3年以上の業界経験を要求していることが多いからです。

中小企業しか選択肢がない中で、私が重視していたことが一つだけありました。

それは「自社開発」か「自社内受託開発」の求人案件であるかどうかです。

両者に共通していることは自社内でできる仕事だということです。

エンジニアの市場では、多くの求人案件はSESになりますが、最初のうちは良くても、任せてもらえる仕事に限りがあるので、慣れてきても、たいていの場合は上流工程に携わる機会がないことが多いです。

自社開発や受託開発ではその点、自社で要件定義から参加し、設計、製作、検証、導入などの全ての開発工程を一貫して経験できるため、キャリアアップできる余地があり、私はここを重視しました。

当初の思惑どおり、現在は要件定義からクライアントの話を聞き、全ての開発工程を経験することができています。

また、昇進をしたことにより、次第に上流工程中心になるようにシフトもしていっているため、単価も上がってきています。

給料は高水準

入社当初の給料は、IT業界といえども、さすがに「ふつう」でした。

当たり前ですが、実務未経験者で業界すら未経験だったので、企業側は一から私に対して教育をしていく必要があるわけです。

しかも適性がなく仕事ができなかったり、途中で挫折して辞めていったりしてしまうかもしれない。

そんなリスクの中、未経験者を雇うためには、給料も平均かそれ以下に抑えざるを得ないわけです。

ところが、入社から3年以上経った今となっては、大卒初任給の2倍以上にまで給料も上がりました。

その理由としては、Web系エンジニアやフルスタックエンジニアとして実績を上げたということと、それゆえに昇進をしてメンバー管理の仕事が増えたということが挙げられます。

開発という目に見える実績を上げやすいのが、エンジニアの仕事の良いところなので、自社内開発であれば、他の職種や業界と比べても、かなり給料は上がりやすいと思います。

IT転職のために準備したこと

IT転職のために準備したこと

次に、IT転職のために実際に準備したことを3つほど挙げ、解説したいと思います。

ITとの接点を作った

私の場合は、IT転職をするために、まずはITとの接点を作りました。

初めからIT転職をしようと思っていたわけではありませんでしたが、前職でもエクセルのマクロやExcelVBAなどを通じて、ITとの接点を持つようにしていました。

逆にこれがなければ、「なぜIT業界に?」という問いに答えられなかったと思いますし、そもそも転職をしようとも思わなかったことでしょう。

給料が高水準ということを知ったのはむしろ後付けで、私がITに魅力を感じたのは、純粋に可能性のある(広い)業界であると直感したからです。

システム開発でコストは削減できますし、売上を上げるWebサービスの開発だってすることができます。

実際に、経営サイドにいる人間であれば、課題を解決するためにITと関わらない人間の方が珍しいでしょう。

好きなことを仕事に

私はもともとコンピュータやITの技術に触れることが好きでした。

パソコンは小学生の頃に、エンジニアであった父の影響で購入してもらい、それから毎日のように触っていました。

しかし、プログラミングに関しては新卒で入社した会社で、エクセルの業務効率化のためにExcelVBAを触ったのが初めてでした。

このときに、開発を通じて時間削減やミス削減、信頼上昇などの経験をしたために、開発の仕事にやりがいを感じるようになったのです。

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあるように、やはり好きでないと本当の意味でプロになることはできないと思います。

お金のために、という方が大勢だと思いますが、ものづくりや悩み解決など、開発の仕事の過程が好きな人であれば、なおのことIT業界が居心地の良いものに感じると思います。

英語力を身につけた

英語を一所懸命学習したのは主に大学受験のときでした。

さらに新卒で入社した会社の貿易業務で英語を使って仕事をしていたため、特技の一つとなっていました。

そのため、英語力に関しては自信があり、IT転職の際も、積極的にアピールしていました。

英語力はIT業界では必須とまでは言いませんが、あると非常に役に立つスキルの一つです。

その理由は、コンピュータそのものが海外発ですし、文献やサンプル、フォーラムもほとんどが英語で書かれているからです。

もちろんExcelVBA(プログラミング)による業務効率化の実績が主に評価されて採用されたのは間違いないことなのですが、英語力もあったことで、さらに採用を確実なものにしたと言うことができると思います。

IT転職を成功させるための秘訣

IT転職を成功させるための秘訣

実際の私の体験談を踏まえ、最後に、IT転職を成功させるための秘訣をまとめていきます。

プログラミングは事前に学ぶべき

私の実例からわかるように、プログラミングは事前に学ぶべきだと思います。

そして、できればプログラミングを使って、実績を上げたり、自分の作品を作ったりといったことが必要になってくると思います。

単に「プログラミングを学習しましたよ!」だけでは、本当に仕事ができるかどうかもわからないからです。

プログラミングを事前に学ぶことで、企業側の投資コストは大幅に下がるので、その人材を採用しやすくなるのです。

よく「未経験者歓迎」の求人案件を見かけることがあると思いますが、この手のものは「実務未経験者歓迎」という意味で使っているか、もしくは派遣エンジニアなどの訳有りの案件であることが多いので注意が必要です。

自社開発や受託開発を選択すべき

エンジニアの場合、SES事業の要員の求人案件が多いですが、SESですと要件定義や設計の仕事を任せてもらえないまま、単純労働だけをさせられる可能性が高いので、自社開発や受託開発の案件を選ぶべきだと思います。

自社内で開発する場合は、いずれ要件定義や設計などの上流工程を担当させてもらえる可能性が高く、開発の全ての工程を経験することができるためです。

当たり前ですが、下流工程しかできない人よりも、上流工程ができる人の方が案件数も多く扱えるので、給料も良くなりますし、仕事の楽しさも味わえます。

上流工程を経験することで、後々大企業などに転職することもできますので、キャリアアップをするつもりなのであれば、最初の就職先としては自社開発や受託開発の会社を選ぶと良いと思います。

エンジニア+αの価値を持つべき

エンジニアの仕事は、主にプログラミングとなりますが、プログラミングのスキルだけでは、内定を勝ち取るためには少し弱い可能性があります。

完全未経験などの場合、最初のうちは仕事ができないため、本当に使えない時期というものが存在しますが、+αの技能があれば、仕事を覚える時間を短縮できたり、覚えている間に他の仕事をこなしたりすることができます。

とはいえ、エンジニアは人手不足の業界ですので、プログラミングスキルだけでも、企業を選ばなければいくらでも就職先はあると思います。

しかし、自社開発などの好条件の案件を狙う場合には、エンジニア+αとしての価値を身につけておくか、プログラミングで実績を上げたり自分の作品を開発したりするなどの能力を裏付けるものが必要となってくるでしょう。

「独学でそこまでやるのは正直つらい!」と感じる場合には、プログラミングスクールを利用することも検討するとよいでしょう。

プログラミングスクールでは、現役のエンジニアによるマンツーマンでのプログラミング学習指導にくわえ、自分の作品を開発する支援もしてくれるため、転職で決め手となるスキルを確実に身につけることができます。

プログラミングスクールに関しては、別の記事で詳しく解説していますので、興味があればご覧ください。